2019プレミア12の出場国は?日本の試合日程(成績)や代表メンバーと背番号【世界野球】

11/5(火)から、2019世界野球WBSCプレミア12が開催されます。

侍ジャパンの熱い戦いが、もうすぐ始まりますね。

そこで今回は、2019WBSCプレミア12の出場国、そして日本代表侍ジャパンの試合日程やメンバーと背番号についてまとめました。

厳密には11/3から始まりますが、日本が登場するのは11/5からです。

オープニングラウンドでグループBに入った日本は台湾での戦いを勝ち抜き、日本開催のスーパーラウンドに進出できるのでしょうか。

2019WBSCプレミア12の大会概要にも触れています。

決勝戦結果

日本 53 韓国

侍ジャパンがライバルの韓国を破り、優勝しました!

スポンサーリンク

2019世界野球WBSCプレミア12の出場国一覧

それでは、2019WBSCプレミア12の出場国を見ていきますが、その前にざっと大会のレギュレーションにも触れておきたいと思います。

2019WBSCプレミア12は、世界ランキング(WBSC)上位12カ国が出場します。

  1. 12チームは、4チームずつ3つのグループに分かれオープニングラウンドを戦う
  2. 各3つのグループの上位2チーム(1位と2位)、計6チームがスーパーラウンドに進出
  3. スーパーラウンドを戦った後、1位と2位は決勝戦を、3位と4位は3位決定戦を行う

第2回となる2019WBSCプレミア12は、大会の仕組みに少し手が加えられたのですが、正直分かりにくい部分が多い印象を受けます。

  • オープニングラウンドとは、4チーム総当たりのグループリーグです。
  • スーパーラウンドでは、オープニングラウンドで対戦したチームとは試合をしません。(その代わりオープニングラウンドでの対戦成績が加味される)
  • スーパーラウンドは6チーム総当たりのリーグ戦(しかし、オープニングラウンドで対戦したチームとは試合をしないので各チーム4試合の全12試合)
  • 決勝戦と準決勝だけ一発勝負のノックアウトラウンド
  • スーパーラウンド以降の試合は日本で開催される(東京ドームとZOZOマリンスタジアム)

以上を踏まえて、出場国を見ていきましょう。

グループA

開催地:メキシコ・ハリスコ

  • メキシコ
  • アメリカ合衆国
  • オランダ
  • ドミニカ共和国


グループB

開催地:台湾・台中市

  • 台湾
  • 日本
  • ベネズエラ
  • プエルトリコ


グループC

開催地:韓国・ソウル市

  • 韓国
  • キューバ
  • オーストラリア
  • カナダ

スポンサーリンク

日本の試合日程や成績と侍ジャパン選手一覧

日本代表の試合日程

続いては、日本代表・侍ジャパンの試合日程を確認していきましょう。

オープニングラウンド

  • 11/5(火)Game7 18:00開始 日本 VS ベネズエラ
  • 11/6(水)Game9 18:00開始 日本 VS プエルトリコ
  • 11/7(木)Game12 18:30開始 台湾 VS 日本

スーパーラウンド

日本が進出した場合

  • 11/11(月)Game20 19:00開始 日本 VS C組の1位or2位 ZOZOマリンスタジアム
  • 11/12(火)Game24 19:00開始 日本 VS A組の1位or2位 東京ドーム
  • 11/13(水)Game26 19:00開始 日本 VS A組の1位or2位 東京ドーム
  • 11/16(土)Game30 19:00開始 C組の1位or2位 VS 日本 東京ドーム

決勝戦&3位決定戦

  • 決勝戦:11/17(日)Game32 19:00開始 東京ドーム
  • 3位決定戦:11/17(日)Game31 12:00開始 東京ドーム

成績(順位)

オープニングラウンド

グループA

  1. メキシコ 3勝0敗(得点24,失点5)
  2. アメリカ 2勝1敗(得点21,失点16)
  3. ドミニカ共和国  1勝2敗(得点23,失点20)
  4. オランダ 0勝3敗(得点6,失点33)

グループB

  1. 日本 3勝0敗(得点20,失点5)
  2. 台湾 2勝1敗(得点10,失点9)
  3. ベネズエラ 1勝2敗(得点11,失点12)
  4. プレルトリコ 0勝3敗(得点2,失点17)

グループC

  1. 韓国 3勝0敗(得点15,失点1)
  2. オーストラリア 1勝2敗(得点5,失点9)
  3. カナダ 1勝2敗(得点5,失点6)
  4. キューバ 1勝2敗(得点3,失点12)

スーパーラウンド

スーバーラウンド

  1. 日本 4勝1敗(得点27,失点16)
  2. 韓国 3勝2敗(得点25,失点21)
  3. メキシコ 3勝2敗(得点17,失点12)
  4. アメリカ 2勝3敗(得点11,失点20)
  5. 台湾 2勝3敗(得点15,失点14)
  6. オーストラリア 1勝4敗(得点5,失点17)

決勝戦 & 3位決定戦

決勝戦&3位決定戦

  • 決勝戦 日本 vs 韓国:11/17(日)19:00 開始 東京ドーム
  • 3位決定戦 アメリカ vs メキシコ:11/17(日)12:00 開始 東京ドーム

決勝戦&3位決定戦結果

決勝戦

日本 53 韓国

3位決定戦

メキシコ 3 – 2 アメリカ

侍ジャパン選手一覧(背番号)

最後は、2019WBSCプレミア12・日本代表侍ジャパンのメンバーをポジションごとにまとめました。

投手

  • 41 千賀滉大(ソフトバンク)
  • 28 高橋礼(ソフトバンク)
  • 11 岸孝之(楽天)
  • 43 山本由伸(オリックス)
  • 13 山岡泰輔(オリックス)
  • 18 山口俊(巨人)
  • 47 中川皓太(巨人)
  • 90 田口麗斗(巨人)
  • 21 今永昇太(DeNA)
  • 19 山崎康晃(DeNA)
  • 22 大野雄大(中日)

捕手

  • 62 甲斐拓也(ソフトバンク)
  • 27 會澤翼(広島)
  • 10 小林誠司(巨人)

内野手
  • 1 山田哲人(ヤクルト)
  • 2 源田壮亮(西武)
  • 3 浅村栄斗(楽天)
  • 4 菊池涼介(広島)
  • 5 外崎修汰(西武)
  • 6 坂本勇人(巨人)
  • 7 松田宣浩(ソフトバンク)


外野手

  • 8 近藤健介(日本ハム)
  • 23 周東佑京(ソフトバンク)
  • 34 吉田正尚(オリックス)
  • 51 鈴木誠也(広島)
  • 55 秋山翔吾(西武)

豪華メンバーが揃いましたね。

特に内野は、誰が守るのかファンの間でも論争になりそうです。

セカンドを守れるのは、菊池選手、外崎選手、浅村選手がいます。

もしかすると、浅村選手はファーストで起用されるかもしれませんね。

さらに沸き起こりそうなのは、ショートの「源田VS坂本論争」ではないでしょうか。

球界トップクラスの守備を誇る源田選手と、セリーグを代表する打者でありショートの坂本選手の二人です。

稲葉監督の起用法にも注目ですね。

以上、今回は2019WBSCプレミア12の出場国から、日本代表・侍ジャパンの試合日程とメンバーについてまとめました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 2019WBSCプレミア12は世界ランキング上位12カ国による野球の国際大会
  • まず4チームずつ3つのグループに分かれてオープニングラウンドが行われる(日本はグループB)
  • オープニングラウンドの日本の試合は11/5(火)、11/6(水)、11/7(木)でいずれも台湾開催(11/5と11/6は18:00~、11/7は18:30~)
  • オープニングラウンドの各グループ上位2チーム、計6チームがスーパーラウンドに進出(スーパーラウンドからは日本開催)
  • 日本がスーパーラウンド進んだ場合の日程は、11/11(月)、11/12(火)、11/13(水)、11/16(土)でいずれも19:00プレイボール(11/11のみZOZOマリンスタジアム、他3試合は東京ドームで開催)
  • スーパーラウンドの1位と2位が決勝戦を行い、3位と4位は3位決定戦を行う
  • 決勝戦と3位決定戦はともに11/17(日)(決定戦は19:00~、3位決定戦は12:00~)
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA