2019巨人の正捕手は誰?小林・阿部・炭谷・大城、個々の特徴と可能性は?

オフシーズンの補強も終わり、いよいよ春季キャンプが始まりました!

プロ野球ファンとしては、新戦力の活躍、若手の台頭などが楽しみになっていると思います。

昨年の巨人は、広島カープに在籍し、セリーグMVPを2年連続で受賞した丸選手を筆頭に、元楽天で、メジャーリーガーの岩隈選手、日本代表経験もあり、メジャーリーグにも挑戦した中島選手、そして同じく日本代表経験があり、捕手としての実績がある炭谷選手など、新戦力として、実力のある選手を数多く獲得しました。

そのため、チーム内でのポジション争いも熾烈になり、キャンプでは日々選手によるアピール合戦が始まっています!

その中でも、特に争いが激しいのが、正捕手争いです。

2019巨人の正捕手を争っているのは、どんな選手?特徴は?

現在、巨人の正捕手候補には、4人の選手がいます。

小林誠司選手

1人目はこの人。
その甘いマスクから女性ファンも多く、とても人気のある選手です。
昨年は119試合に出場し、3年連続で盗塁阻止率1位を達成するなど、活躍を見せました。
巨人のエースである菅野投手とバッテリーを組むことも多く、クライマックスシリーズではともにノーヒットノーランを達成しました!

しかし、昨年は打撃が奮わず、打率.219、規定打席にも届きませんでした。
打撃面での不調もあり、スタメンマスクを後述する大城選手に譲ることも多くなってしまいました。
本人も打撃面での課題は自覚しており、一番の課題に挙げています。

阿部慎之助選手

2人目は阿部選手です。
もはや巨人を代表する選手といっても過言ではないでしょう。
首位打者、打点王、ベストナインなどの数々のタイトルを獲得し、日本代表としても多くの試合に出場しています。

ただ、今まで負ってきた多くのけがや、加齢の影響もあり最近では捕手ではなくファーストとして出場する機会が多くなっていました。
昨年は、若手の台頭もあり、スタメンでの出場機会は減ってしまったものの、95試合に出場し、18年連続の2桁本塁打を達成するなどの活躍を見せました。

今年は、捕手として勝負することを原辰徳監督に直談判し、本格的に捕手として勝負するようです。

炭谷銀仁朗選手

3人目は、炭谷選手です。
炭谷選手は、昨シーズンのオフに埼玉西武ライオンズから巨人に1億5千万でFA移籍してきた選手です。

ライオンズでは長年正捕手を務め、ゴールデングラブ、ベストナインなど数々のタイトルを獲得しています。
堅実な守備に定評があり、正確な送球、ブロッキングの技術などが高く評価されています。

昨年は同チームの森友哉選手の台頭などもあり、出場機会が減少。
47試合の出場にとどまりましたが、原辰徳監督からは今までの実績を評価されており、大きく期待を寄せられています。

大城卓三選手

4人目は大城選手です。
大城選手は、2017年にドラフト3位でNTT西日本から巨人に入団。

ルーキーイヤーである昨年からいきなり1軍の試合に数多く出場し、開幕戦では代打で初打席初安打を達成しました。

最終的には83試合に出場し、打率は.265、4本のホームランを放ちました。

その打撃力は高く評価されており、阿部選手以来の打てる捕手としての期待がよせられています。

2月3日に行なわれた1軍と2軍の紅白戦でも5番キャッチャーとして出場し、2打数2安打の成績を残すなど、アピールに成功しているようです。

2019巨人の正捕手の座を手中に収めるのは誰なのか?

現在はまだオープン戦などの実践練習が行なわれていないので、正確なことはいえませんが、現状一番正捕手に近いのは小林選手だと思います。

今までの実績もありますし、開幕戦ではずっとバッテリーを組んできた菅野選手の登板が予想されるので、よほどのことがない限りスタメンマスクを任されるのではないかと思います。

ただ、オープン戦でのアピール次第では、覆る可能性も十分にあり得ます。

一番気になるのは、今年から捕手に復帰した阿部選手がどの程度やれるのか?ということです。

阿部選手はこれまでの圧倒的な実績、信頼があるので、以前と変わらぬプレーができるようであれば、小林選手の強力なライバルになってくるでしょう。

ただ、けがの影響、ブランクも考慮すると、以前と変わらない活躍ができるかというと少し疑問が残ります。

炭谷選手に関しては、まずはオープン戦で巨人の投手陣の信頼を勝ち取ることが大切です。

初めてバッテリーを組むことになる選手ばかりなので、まずはそれぞれの選手の特徴を把握する必要があります。

そこで長所を引き出してあげられる様な配球ができれば信頼関係もでき、おのずと出場機会も増えてくるでしょう。

大城選手は2年目ということもあり、とにかくがむしゃらにアピールしていくことが大事だと思います。

経験値では3人にかなわないので、自分の長所である打撃面での活躍、また守備面の向上をうまく首脳陣にアピールすることができれば、昨年以上の出場機会に恵まれてくると思います。

巨人の正捕手は誰?小林・阿部・炭谷・大城、個々の特徴と可能性は?まとめ

これから実践形式の練習が増え、ポジション争いをしている選手としてはワンプレーが貴重なアピールの機会となります。

また、当然オープン戦の結果だけでなく開幕してからも熾烈な競争が繰り広げられることになるでしょう。

首脳陣の1番の信頼を勝ち取るのは誰なのか、巨人の正捕手争いから目が離せません!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です