いだてんNHK大河ドラマ第19話「箱根駅伝」のあらすじネタバレと感想

2019年NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」の第19話「箱根駅伝」のあらすじと感想をご紹介いたします。

いだてん2019NHK大河ドラマ第19話「箱根駅伝」のあらすじネタバレ

8年ぶりにベルギーのアントワープで開催されることになったオリンピック。
出場選手を選ぶための予選会として、報知新聞協賛で箱根駅伝を行うことになりました。

昭和の東京で五りんが箱根駅伝の創作落語を考えている頃、四三はオリンピックへの渡航費用のこともあり、正月休暇を兼ねて熊本へ帰郷します。
スヤや長男の正明に会えてうれしい四三ですが、池部幾江にはいつ熊本へ帰るのかと嫌味を言われタジタジに。

東京に戻った四三は、嘉納治五郎にオリンピックに出場するマラソン選手の枠を増やして欲しいと頼みます。
箱根駅伝に向けて仲間と練習するうちに後輩がどんどん好タイムを出すため、この調子ならアントワープで金銀銅のメダルを独占できると考えたからです。

嘉納は検討すると答えてくれますが、実はアントワープオリンピックではマラソン競技は除外されていました。
第一次世界大戦でマラソンを行うための市道が崩壊していたことと、ラザロ選手の死亡事故もあり、マラソンという競技そのものが危険視されていたのです。

クーベルタンにマラソン復活を直訴しようとする嘉納ですが、永井道明にオリンピック精神に反すると諭されます。

嘉納は永井に貴様は正論しか言わんなと憤りますが、それが役割と思っていますと淡々と言い返す永井。

大正9年2月14日
何も知らない四三は、箱根駅伝運営者としてスタートのピストルを撃ちました。

播磨屋のマラソン足袋を履いた明治大学、東京高等師範学校、早稲田大学、慶応大学の第一走者が走り出します。

現在ではお正月の風物詩となった箱根駅伝の記念すべき第一回開幕です。

五りんの父も走ったというレースは午後スタートだったので1日目は箱根に宿泊し、有楽町から箱根の往復217キロを2日間かけて走ります。

1日目の最後尾の慶応は1位の明治から1時間遅れのゴールでしたが、途中で投げ出さず走り抜いたことを四三は称えます。

そして2日目。
大雪のためレースは順延かと思われましたが、地元の人達が選手のために必死に雪かきをしているのを見た四三は、マラソン足袋の底に切れ目を入れて雪仕様にすることで駅伝を予定通り行います。

それぞれの選手が白熱するデッドヒートを繰り広げていることや、沿道では観客が傘をさして雪除けのトンネルを作ってくれていることを伝令から聞いた大日本体育協会の面々は、永井だけを残してゴール現場に応援に行きました。

現場では明治大学の西岡と、東京高等師範学校の茂木によるアンカー同士の対決で盛り上がっています。
西岡が1位かと思った矢先、西岡が転倒、茂木が逆転1位でゴールを切りました。

西岡は足を引きずりながらも涙ながらに2位でゴールし、その場にいた観客を沸かせます。

初めてマラソン競技を生で見た岸清一は感動し、四三達をアントワープへ行かせるべきだと嘉納の直訴を許可しました。

嘉納はクーベルタンに手紙を書き、マラソン競技は無事復活します。

いだてん2019NHK大河ドラマ第19話「箱根駅伝」のネットの声

スポンサーリンク

いだてんNHK大河ドラマ第19話「箱根駅伝」の感想

今や日本人のほとんどが知る箱根駅伝の誕生秘話に、ここまでドラマチックな展開があったのかと驚きました。
箱根駅伝が無ければ、現在のオリンピックにマラソン競技が含まれていなかったのかもしれないのですね。

1位でゴールテープを切った茂木にも、2位の西岡にも惜しみない拍手が送られて感動しました。
岸が180度転換してしまったのもうなずけます。

いかにもチャラい慶応ボーイが、最後まできちんと走りぬいたのも良かったです。
五りんの父が箱根駅伝の走者だったことが明かされましたが、もう作品内で登場している人物なのでしょうか?
気になるので早く知りたいです。

マラソン走者で冷水浴を息子に言いつける人物とはいったい・・・?
借金などの現実よりも夢や理想を追い求めがちな嘉納と、正論を言うのが自分の役割と心得る永井の対比もおもしろかったです。
嘉納や可児に比べて四三への思い入れの薄い二階堂トクヨが、私が(マラソン競技が除外されたことを金栗君に)言いましょうか?
と気を使うのもなかなかのブラックユーモアでした。

来週は久しぶりに三島天狗が再登場なのでうれしいです。

第一次世界大戦のベルギーは中立国だったにもかかわらず攻め入られ、当時のドイツの占領下に置かれてかなり荒廃していましたが、だからこそベルギー国民には平和の祭典という心の支えが必要だったのかもしれません。

来週からのアントワープ編が楽しみです。

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です