いだてんNHK大河ドラマ第2話「坊っちゃん」のあらすじネタバレと感想

2019年NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」の第2話「坊っちゃん」のあらすじと感想をご紹介いたします。

いだてん2019NHK大河ドラマ第2話「坊っちゃん」のあらすじネタバレ

明治24年8月20日、熊本県春富村の金栗家に7番目の子供が生まれます。
父親が43歳の時の息子なので四三(しそう)と名付けられたその子は体が弱く、走るのも遅く軟弱な子供でした。

四三のひ弱さを心配した家族は、日本柔道の創始者として有名な嘉納治五郎が熊本県の第五高等学校で校長をしていると聞き、強い嘉納に抱っこをしてもらえば丈夫で元気な子になれるのではないかと考え、四三は病弱の父と共に嘉納のいる熊本市を徒歩で目指すことになります。

重曹水を飲みながら休み休みしか歩けない足手まといの父と、なんとか第五高等学校に着いた四三でしたが見物人が多すぎて嘉納に近づけません。
そこにたまたま居合わせた夏目漱石に抱っこをしてもらい、なんとか嘉納の後ろ姿を見た四三でしたが、嘉納本人には抱っこをしてもらえませんでした。

しかし、帰宅した父は家族に四三は嘉納に抱っこをしてもらえたと嘘をつきます。
これで丈夫になれると大喜びする家族を見て、四三も父の嘘に合わせるのでした。

その後、家族の出産時に「ヒッヒッフー」という呼吸法を知った四三は、ヒッヒッフーと呼吸をしながら走ってみますがうまくいきません。
いろいろ試した結果「スッスッハーハー」という呼吸法で走ればうまく走れることに気付いた四三は、片道6kmの小学校通学を休まずに登校できるようになっていきます。

数年後、「スッスッハーハー」の呼吸法で早く走れるようになった四三は、かけあし登校で他の子供よりも早く走れるようになっていました。
病弱な父が危篤の時はその脚力で春富村から医師を呼びに行き、医師の娘の春野スヤを驚かせます。

父は嘉納に抱っこしてもらったから四三は丈夫になったという言葉を残して逝きました。
家族をがっかりさせないための嘘はいつの間にか病弱な父の中では、息子は自分とは違って健康で長生きするという希望に変わっていたのです。

中学に入学した四三はかけあし登校で体力も付き、朝に冷水を浴びて乾布摩擦をするという独自の健康法で海軍兵学校入学を目指します。
結果は視力検査で落ちてしまいますが、春野スヤは将来四三のお嫁さんになる人は幸運だ、戦争で夫を亡くす心配が無くなったからと慰めます。

何故スヤは自分の将来の嫁の気持ちを代弁するのだろうと不思議がる四三でしたが、スヤに励まされて元気を出します。
元気は出たものの進路を見失った四三に同郷で親友の美川秀信は、東京高等師範学校への進学の夢を語ります。

東京高等師範学校の現在の校長は、あの嘉納治五郎でした。
一方、後の古今亭志ん生は自分の人生を決定付ける落語と出会います。

icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマのあらすじやキャスト、ロケ地は?
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第1話「夜明け前」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第3話「冒険世界」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第4話「小便小僧」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第5話「雨ニモマケズ」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第6話「お江戸日本橋」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第7話「おかしな二人」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第8話「敵は幾万」のあらすじネタバレと感想

いだてん2019NHK大河ドラマ第2話「坊っちゃん」の感想

まず、小さい頃の四三が可愛いです。
体が弱くて足が遅くて泣き虫で、とても未来のオリンピック選手とは思えません。

そんな四三を自分の病弱が遺伝したのかもしれないと、嘉納の所へ連れて行こうとする父親の愛情は切ないのですが、いかんせん愛情に体調がついていけず四三の足手まといになっているのはコミカルで笑えました。
そんな父が他界する頃には家族についた嘘が父の中で願掛けのようになっていたことに深い愛情を感じます。

病弱で働けなくて医療費だけがかかる家族の荷物だった父親ですが、四三の家族が誰一人そんな父をうっとおしく思っていないところに、父親としての精神的役割はきちんと果たしていたのだと思いました。

海軍兵学校の試験に落ちた時に四三をなぐさめるスヤの乙女心に鈍感な四三も良い味出していました。
丈夫にはなったけど恋愛方面はまるでダメそうな四三なので、今後のスヤの苦労がしのばれます。

そして親友の美川を通じて嘉納との再会を感じさせたことで、1話の嘉納に抱きかかえられるシーンは嘉納に抱っこしてもらえるという亡き父の願いが叶ったシーンでもあったことが種明かしされました。

おそらくあのシーンはドラマ前半のクライマックスとして再現されるでしょうが、今後ドラマを見続けていくうえでの楽しみが増え、ますます続きが気になる2話でした。

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です