いだてんNHK大河ドラマ第4話「小便小僧」のあらすじネタバレと感想

2019年NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」の第4話「小便小僧」のあらすじと感想をご紹介いたします。

いだてん2019NHK大河ドラマ第4話「小便小僧」のあらすじネタバレ

明治43年10月、秋の長距離走会が開催されました。

スタート直前に尿意をもよおした四三は出遅れたり、レース中わらじが切れるなどのアクシデントにも合いますが、「スッスッハーハー」の呼吸法で他の生徒をごぼう抜き、
四三は走る楽しさを味わいながら、予科生として初めて三位になりました。

憧れの嘉納治五郎から銅メダルをもらったうえ、「君は予科か?」と笑顔で声をかけられます。

幼い頃の四三は遠くから嘉納の背中を見ることしかできませんでした。

東京高等師範学校に入学した理由も嘉納が校長だから。
その嘉納が正面から自分に話しかけてくれた。

感動した四三は故郷に手紙を書きますが、かけっこよりも勉強をしろという返事が来て落胆します。

秋の長距離走会で気付いたこと。

  • 排便
  • わらじは長距離走に向かない
  • スタミナ

以上の三つを克服すべく、四三は現代の陸上部にあたる徒歩部に入部します。

排便は事前に済ませ、スタミナは日々の食事や練習で身に付けていきますが、わらじの代わりがなかなか見つかりません。

そんな時、播磨屋を見つけます。
これが後に四三をオリンピックに導く足袋との運命的な出会いでした。

四三が足袋でストックホルムオリンピックに出場してから48年後の昭和35年、ローマオリンピックではアベベ選手が裸足で走り、金メダルを受賞しました。

今亭志ん生は弟子の五りんと阿部知恵に酒好きの男が主人公の「芝浜」という落語を聞かせます。

明治44年10月、嘉納がオリンピック予選会の開催を発表。
大森兵蔵と妻の大森安仁子の助言を受け、競技場を整備していきますが、10里(40km)も走らせるなど無謀だ、死人が出ると反対する永井道明や、整備のための工事費など問題が山積み。

頼みの綱だった三島弥彦からは予選会への参戦も援助も断られ、嘉納は糖尿病と借金のダブルパンチで入院してしまいました。

病気のせいか弱気になった嘉納は本当はいだてんなんていないかもしれないと思いつつも、いだてんが夢に出てきたと可児徳に語ります。

嘉納が夢にまで見て追い求めるいだてんは、嘉納の背中を追って東京高等師範学校に入学してきた金栗四三なのですが、四三が嘉納に憧れていることも、嘉納が私財をなげうって四三を探していることも、まだお互い知りません。

現在の四三は当時ポピュラーな走法だった水抜き脂抜きという方法を実践していました。

しかし身体に著しい負担のかかる走法のため、四三は水抜き脂抜き走法八日目で倒れてしまいます。

水抜き脂抜き走法の失敗から「自然に従え」と学んだ四三。
八日間は四三にとっては回り道でしたが、この何事もやってみなければわからないの精神こそが、これから四三を偉大なランナーに成長させていくのでした。

明治44年11月19日予選会当日。

この日のために練習してきた四三でしたが、羽田運動場に行く途中迷子になってしまいます。

はたして予選会に間に合うのでしょうか・・・!?

いだてん2019NHK大河ドラマ第4話「小便小僧」のネットの声

いだてん2019NHK大河ドラマ第4話「小便小僧」の視聴率は11.6%

icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマのあらすじやキャスト、ロケ地は?
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第1話「夜明け前」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第2話「坊っちゃん」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第3話「冒険世界」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第5話「雨ニモマケズ」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第6話「お江戸日本橋」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第7話「おかしな二人」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第8話「敵は幾万」のあらすじネタバレと感想

いだてん2019NHK大河ドラマ第4話「小便小僧」の感想

第1話の小便小僧は、我らが主人公の金栗四三だったことが判明しました。

校内マラソン大会で第三位だった四三は嘉納に声をかけられて有頂天で家族に手紙を書きますが、褒められるどころか叱りの返事が来てしまい、もう故郷には手紙を書かないと怒りながら水を浴びる四三に笑いました。

現代は良い運動靴がありますが、現在でもオリンピックに裸足で出場することは可能のようです。

本当はいだてんなんて見つからないかもと弱気になりつつも、いだてんの夢を見る嘉納がせつなくて、いつもの豪気な嘉納とは違う魅力にひきつけられました。

カモシカの脚に象の顔という雄々しい姿とは真逆の、赤い毛布をおくるみのように巻いたキューピーちゃんのような四三も可愛かったです。
嘉納に憧れる四三と、四三を探す嘉納という宿命的な接点もワクワクします。

水抜き脂抜きで走ることで精神も鍛えるという根性論はこの頃からあったのですね。

平成の世では考えられない走法ですが、昭和時代ならまだまだ残っていた悪しき風習です。

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です