いだてんNHK大河ドラマ第7話「おかしな二人」のあらすじネタバレと感想

2019年NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」の第7話「おかしな二人」のあらすじと感想をご紹介いたします。

いだてん2019NHK大河ドラマ第7話「おかしな二人」のあらすじネタバレ

オリンピックに向け、可児徳と共にマラソンの練習に励む四三。

可児が四三にオリンピックに行く理由を問うと、敬愛する嘉納治五郎に行けと言われたからだと答えます。

母と兄に反対されていた三島弥彦も酒と煙草をやめ、出場することを決めました。

四三と弥彦はオリンピックの書類にサインし、正式に出場が決まります。

四三にとっては初の海外なので、大森安仁子に英会話とテーブルマナーを教えてもらうことになりました。

四三が自費でストックホルムに行くことは東京高等師範学校の生徒の間でも話題になっており、四三の兄や実家を知る同郷の友人・美川秀信は、遠征費の工面は難しいだろうと言います。

実際、兄の金栗実次は金策に苦労しており、現状を知った春野スヤは池部重行の所へ実次を連れていきました。

三島家でテーブルマナーを学ぶ四三は、慣れないナイフとフォークに苦労します。

ピアノや写真など多趣味な弥彦と趣味など持ったこともない自分、日露戦争の将軍乃木希典が客として来るほどの家柄の三島家に自分との格の違いも感じていました。

スポーツに興味を持つシマは何故10里も走るのかと四三に問いますが、アスリートらしい返答を期待していたシマに四三はわからないと答えます。

遠征費だけでなく食事マナーにまで苦労しなければいけない四三を心配する東京高等師範学校の生徒達。

兄からいっこうに金が届かず不安になる四三に美川は優勝カップを売ることと、遠征費は学校に出してもらえとアドバイスします。

しかし嘉納も借金を抱えていることを知り何も言えない四三。

四三を気軽にいだてんと呼び、浅草へ連れ出した嘉納は、海外では家の中でも靴を履くなど洋装の文化を教えます。

浅草で嘉納は勝海舟から譲られた服を質に入れました。

オリンピック参加を決めた時にも着ていた嘉納にとっての勝負服を金に換えた嘉納はその金で四三に礼服を作るよう言います。

四三が海外で恥ずかしい思いをしないようにという気づかいでした。

大切な勝の服を質に入れなければならないほど嘉納も困窮している、それなのに自分の服装を気にかけてくれたことに感動する四三。

礼服ができあがり、四三の写真を撮る弥彦。

金は無いものの家族に恵まれている四三をうらやましがる弥彦は、母が自分に興味が無いと知りながらもシマと母の写真を現像します。

四三と弥彦の同行者に永井道明と自分が選ばれるのではと期待していた可児は、大森兵蔵と安仁子夫妻が同行すると知り落胆しました。

一方、同行できると信じこんでいた永井は浮かれてコートを新調しており、留守番組と伝えるのが気まずい可児。

シマに何故走るのがと問われた四三は播磨屋で同じ質問を清に聞いてみます。

清は金のためと答え、車夫が走れば金になるのにマラソンは走るために金が必要と頭を抱える四三。

そんな四三の横を芸のために走る美濃部孝蔵が走り過ぎます。

遠征費に困っている四三を助けるために募金を集める東京高等師範学校の生徒達。

優勝カップを質に入れようと出かけた四三はいだてんと声をかけられ足を止めます。

なんと金を持った兄の実次本人が東京へ来てくれたのでした。

これで障害はなくなり、いだてんこと金栗四三は晴れてストックホルムへ出発できます!

いだてん2019NHK大河ドラマ第7話「おかしな二人」のネットの声

icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマのあらすじやキャスト、ロケ地は?
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第1話「夜明け前」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第2話「坊っちゃん」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第3話「冒険世界」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第4話「小便小僧」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第5話「雨ニモマケズ」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第6話「お江戸日本橋」のあらすじネタバレと感想
icon-angle-double-right いだてんNHK大河ドラマ第8話「敵は幾万」のあらすじネタバレと感想

いだてん2019NHK大河ドラマ第7話「おかしな二人」の感想

タイトルの「おかしな二人」の元ネタは、性格が180度違う二人を主人公にしたコメディです。

周囲からの理解はあるのにお金の無い四三と、お金はあるけど家族からの理解の無い弥彦。

同じ代表選手でありながら真逆の二人が互いの環境をうらやましがるのが印象的な回でした。

お金の問題とシマの何故走るのかという問いは、現代のオリンピック選手にも通じるテーマで考えさせられます。

スヤがお金の援助を頼みに行った池部家の幾江は史実では四三を養子にして四三のマラソン人生を生涯支えた女性なので、足袋の播磨屋といい金栗四三を取り巻く役者が揃ってきた感があってわくわくしました。

新調したコートがよほど気に入ったのか、くるりと回って自慢する永井がお茶目で、普段が仏頂面だけにその二面性がおもしろかったです。

インバネスのコートは明治初期には日本に輸入されていましたが、きちんと着こなしていてさすがスウェーデンに留学していただけあります。

永井も可児も四三達と一緒にストックホルムへ行く気満々で、四三と弥彦よりも、永井と可児の凸凹コンビの方が「おかしな二人」で笑えました。

来週はいよいよ四三がストックホルムへ向かって出発、スヤは嫁入りです。

予告で少しだけ映った綾瀬はるかさんの花嫁衣裳がきれいでしたが、内心を思うと切ないです。

弥彦が満面の笑顔だったので、もしかしたら家族との和解があるのかもと期待をこめて来週を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です