宝塚歌劇団|花組メンバー(最新)まとめ!トップスターは柚香光で娘役は華優希

宝塚歌劇団・花組の最新メンバーと、トップコンビである柚香光と華優希さんについてまとめてみました。

これぞ宝塚という王道の公演を見るなら、花組です。

数々のトップスターを輩出してきた花組ですが、2020年は新しいスタートとなります。

さて、花組の最新メンバーはどのような感じなのでしょうか。

そして、花組トップコンビの柚香光と華優希さんについて紹介しています。

合わせてお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

宝塚歌劇団|花組メンバー2020

こちらのコーナーでは、宝塚歌劇団・花組の最新メンバーについてまとめています。

宝塚歌劇には「○○組」という組み分けがなされていますが、ファン以外の方には、何が違うのかいまいち分からない部分がありますよね。

実は、宝塚歌劇の「○○組」はなんとなく分けられているのではなく、それぞれに特色があり、公演の内容にも個性が現れます。

今回ご紹介するのは、5組ある宝塚歌劇の組の中から、花組です。

  • 花組は宝塚の王道でありシンボル的な存在
  • 「ダンスの花組」と呼ばれ、高いダンススキルが特徴
  • 正統派男役集団でもあり、数々のトップスターを輩出してきた
  • 1921年に月組と同時に創設された最も歴史の古い1番目の組である
  • イメージカラーは赤やピンク
  • 花組OGは、真矢みきさん、蘭寿とむさん、明日海りおさんら他多数
  • 花組の2020年は、新しいスタートの年
世間一般に浸透している宝塚の華やかなイメージを体現するのが、王道の花組です。

「ダンスの花組」と呼ばれるように、メンバー全員が高いダンススキルを持っています。

そして、花組には正統派男役集団という特徴も。

1921年の創設と最も歴史が古い花組ですが、宝塚を体現する男役の美学は、現在にも引き継がれています。

花組の代表的なOGは、真矢みきさん、蘭寿とむさん、明日海りおさんになります。

どの方も、エネルギッシュで、宝塚らしさを感じますよね。

2019年11月には、2014年からという長期に渡って花組トップスターを務めてきた明日海りおさんが退団されました。

明日海りおさんは、近年の宝塚を代表する存在であり、トップオブトップスターの退団は、少なからず影響があるでしょう。

そのため、2020年の花組は、新トップコンビでのスタートとなります。

それでは、宝塚歌劇団・花組の最新メンバーを詳しく見ていきましょう。

男役
  • 花組トップスター 柚香 光
  • 高翔みず希
  • 瀬戸かずや
  • 冴月瑠那
  • 航琉ひびき
  • 舞月なぎさ
  • 和海しょう
  • 羽立光来
  • 水美舞斗
  • 柚香光
  • 優波慧
  • 永久輝せあ
  • 紅羽真希
  • 飛龍つかさ
  • 峰果とわ
  • 澄月菜音
  • 帆純まひろ
  • 高峰潤
  • 春矢祐璃
  • 聖乃あすか
  • 泉まいら
  • 一之瀬航季
  • 和礼彩
  • 愛乃一真
  • 芹尚英
  • 龍季澪
  • 翼杏寿
  • 涼香希南
  • 侑輝大弥
  • 太凰旬
  • 南音あきら
  • 涼葉まれ
  • 希波らいと
  • 海叶あさひ
  • 颯美汐紗
  • 天城れいん
娘役
  • 花組トップ娘役 華 優希
  • 鞠花ゆめ
  • 美花梨乃
  • 華雅りりか
  • 真鳳つぐみ
  • 朝月希和
  • 更紗那知
  • 春妃うらら
  • 雛リリカ
  • 若草萌香
  • 凛乃しづか
  • 音くり寿
  • 糸月雪羽
  • 華優希
  • 咲乃深音
  • 鈴美梛なつ紀
  • 三空凜花
  • 桜月のあ
  • 朝葉ことの
  • 詩希すみれ
  • 二葉ゆゆ
  • 琴美くらら
  • 都姫ここ
  • 愛蘭みこ
  • 美羽愛
  • 美里玲菜
  • 星空美咲
  • 稀奈ゆい
  • 初音夢
  • 湖華詩
スポンサーリンク

トップスターは柚香光で娘役は華優希

続いては、「ダンスの花組」、宝塚歌劇団・花組のトップコンビである、柚香光さんと華優希さんのついてご紹介したいと思います。

花組トップスター:柚香光さん(ゆずか れい)

  • 芸名:柚香光(ゆずか れい)
  • 本名:大塚光(おおつか れい)
  • 誕生日:3月5日
  • 出身:東京都杉並区
  • 身長:171cm
  • 血液型:O型
  • 入団:2009年(95期生)
  • 経歴:東京都杉並区立和泉中学校
  • 愛称:れい
宝塚歌劇団・花組トップスターの柚香光さんは、東京都杉並区の出身です。

2007年に宝塚音楽学校に入学し、2009年に95期生として宝塚歌劇団に入団しました。(成績は20番)

入団当初から、洗練された容姿に加え、エネルギーとダイナミックさに溢れたパフォーマンスで注目を集めます。

初主演は2014年の新人公演のことで、この公演は蘭寿とむさんの退団公演でもありました。

花組3番手を経て、トップスター・明日海りおさんに次ぐ花組2番手に成長します。

特に、東上初主演作となった2017年に『はいからさんが通る』で好評を得ました。

2019年11月、トップスター・明日海りおさんの退団に伴い、新トップスターに昇格。

2020年の花組トップコンビ大劇場お披露目公演が、『はいからさんが通る』の再演に決まったことでも、先日話題になりました。

プライベートの柚香光さんは、5人兄弟の真ん中で、本人以外はみんな男という環境で育っています。

柚香光さんは男兄弟と一緒に遊ぶ活発な子供だったそうですが、同時にピアノとクラシックバレエを習っていました。

女優の門脇麦さんは、中学時代まで同じバレエスタジオに通っていた友人だそうです。

柚香光さんは、宝塚近年最大のトップスターであった明日海りおさんの後任としてのトップスター就任となりました。

あまりにも大きかった存在の後任とあり、プレッシャーや難しさもあるでしょう。

ファンからは、新トップスター・柚香光さんへの期待が高まっています。

花組トップ娘役:華優希さん(はな ゆうき)

  • 芸名:華優希(はな ゆうき)
  • 本名:巌本希(いわもと のぞみ)
  • 誕生日:11月13日
  • 出身:京都府京都市
  • 身長:162cm
  • 血液型:A型
  • 入団:2014年(100期生)
  • 経歴:立命館高等学校
  • 愛称:はなちゃん、のぞみ
宝塚歌劇団・花組トップ娘役の華優希さんは、京都府京都市の出身です。

2012年に宝塚音楽学校に入学しており、2014年に記念すべき100期生として宝塚歌劇団に入団しました。(成績は23番)

組まわりを経た後、2015年に花組に配属されました。

そして、この年に行われた台湾公演では、最下級生の選別メンバーにも選出され参加しています。

2017年は飛躍の年となり、明日海りおさんと仙名彩世さんのお披露目公演でもあった新人公演でヒロインに抜擢されます。

さらに、同年は『はいからさんが通る』で東上公演初ヒロインも経験しました。

トップ娘役・仙名彩世さんの退団に伴い、華優希さんは2019年4月にトップ娘役に就任します。

華優希さんは明日海りおさんの4人目の相手役となりました。

やわらかな雰囲気に包まれている華優希さんは、花組男役の美学と対をなすような女性らしさが個性となっています。

語弊があるかもしれませんが、京都出身と聞くと、なんとなく納得できる京都の女性らしい美しさも感じます。

パフォーマンスでは、パワフルな歌声に加え、確かなダンススキルでも高評価を得ています。

ダンスについては3歳から始めたというバレエが下地になっており、基本の強さが宝塚入団後にも活きているようです。

また、華優希さんは演技力に定評があり、2020年は新トップスター・柚香光さんとどんなコンビを見せてくれるのかにも注目が集まっています。

 

以上、今回は宝塚歌劇団・花組の最新メンバーと、トップコンビの柚香光さんと華優希さんについてまとめました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 宝塚歌劇団の花組は、1921年に創設された最も歴史の古い組
  • 花組は宝塚の王道を体現する存在で、「ダンスの花組」と呼ばれている
  • 花組には正統派男役集団という一面もあり、数々のトップスターを輩出してきた
  • OGは、真矢みきさん、蘭寿とむさん、明日海りおさんら他多数
  • 宝塚歌劇の花組トップスターは柚香光さん
  • 柚香光さんは洗練された容姿とエネルギッシュかつダイナミックなパフォーマンスが特徴
  • 宝塚歌劇の花組トップ娘役は華優希さん
  • 華優希さんはやわらかな雰囲気のある娘役で、特に演技力に定評がある
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です