ヒゲダン髭男「Pretender」MP3をダウンロードして無料視聴する方法!歌詞の意味も

official髭男dismの「Pretender」は、映画『コンフィデンスマン JP』の主題歌として書き下ろされた作品です。

2019年4月にネットで公開されました。

official髭男dismが映画の主題歌作成に携わったのは、この楽曲が初めてのようですね。

映画『コンフィデンスマン JP』のストーリーともうまくマッチしているこの曲ですが、すばらしい楽曲というのは映画の物語や背景なくしても、純粋にその作品だけで聴く人を感動させるものです。

この「Pretender」も映画の主題歌としてだけでなく、その楽曲自体に魅力があふれています。

その秘密はどこにあるのか、今回はiphoneやアンドロイドなどのスマホに無料でダウンロードして視聴する方法やOfficial髭男dism 「Pretender」の歌詞をじっくりと検証してみたいと思います。

ヒゲダン「Pretender」MP3を無料ダウンロードして視聴する方法

安全に音楽をダウンロードして、音楽を楽しみたいですよね。

そんな方には、動画配信サービスの「music.jp」がおすすめです。

「music.jp」なら、安心して音楽をダウンロードできます。

ウイルスに感染してしまう心配もなく、安心にダウンロードできるのが嬉しいですね。

でも、「music.jp」は月額料金が掛かってしまうのでは?

と思われた方も多いのではないでしょうか?

「music.jp」はお試し登録があり、お試し登録で付与されるポイントで音楽を無料でダウンロードすることができます。

お試し登録を行うことで、音楽を実質無料でダウンロードできるのがおすすめです。

30日間無料で「music.jp」をお試しすることができ、付与されるポイントは、通常の600ポイント+動画に使えるポイント1,000ポイントです。

注意点として、動画ポイントは動画にしか使用することができないポイントになっています。

なので、通常のポイント600ポイントを使って音楽をダウンロードできます。

そして、お試し無料期間終了までに退会手続きをすれば、違約金などの費用は一切かからず、解約できます。

しかも、ダウンロードした曲は、解約後も視聴することが可能なんです!

『コンフィデンスマン JP』の主題歌、ヒゲダン(Official髭男dism )が歌う「Pretender」は、261円(261ポイント)で購入できます。

そのため、お試し登録のポイントで無料ダウンロードできるため、無料で「Pretender」を購入してiphoneやandroidなどのスマホで視聴できるのが嬉しいですね。

大体シングル一曲が261円(261ポイント)で購入できるので、シングル曲を2曲無料ダウンロードすることができます。

「Pretender」以外にも、もう一曲無料ダウンロードできるのが魅力的ですね。

同時に、映画やドラマなどの動画も1,000ポイントを使って1~2本、無料で視聴できるのもおすすめです!

↓【music.jpもっと詳しく】↓

※ 無料期間終了までに退会手続きすれば、一切の費用がかからずに解約できます。

お試し登録方法や解約・退会方法はこちら

映画『コンフィデンスマン JP』と「Pretender」

『コンフィデンスマン JP』はもともと2018年4月から6月までフジテレビ系で放映されていたテレビドラマです。

これが、映画化され2019年5月に公開されました。

この映画バージョンの主題歌として採用されたのが、「Pretender」です。

「Pretender」は「プリテンダー」と読みますが、英語「Pretend」は動詞で「ふりをする」「~にみせかける」という意味があります。

これに行為する者を示す「er」がついて「Pretender」、つまり「ふりをする者」「偽って何かを行う者」という意味になります。

ざっくりとひっくるめると「詐欺師」もこれに当てはまります。

『コンフィデンスマン JP』はもともと「信用詐欺師」をテーマにしたものですので、この映画の主題としてもぴったりです。

ただ、「Pretender」の意味は「詐欺師」よりもずっと幅が広く「~のふりをする人」「~に見せかけようとする人」といった軽い意味でも使われます。

最近はやりの「なりすまし」もPretenderの一種と言ってよいでしょう。

楽曲「Pretender」はラブソングですが、恋愛中だれしも本来の自分をいつわることがありますよね。

実際の自分よりも格好良く見せようとしたり、好きでもないものを好きなふりをしてみたり…。

そういう状況も含めて「Pretender」なわけで、いってみれば、恋愛中の人はみんな「Pretender」といっても過言ではないかもしれません。

是非、music.jpのお試し無料体験を登録していただき、楽しいVODライフを手に入れて下さい!

↓【30日間無料で楽しめます】↓

※ 無料期間終了までに退会手続きすれば、一切の費用がかからずに解約できます。

お試し登録方法や解約・退会方法はこちら

「Pretender」の歌詞の意味と考察

「Pretender」の歌詞

「Pretender」の歌詞全文は以下になります。

君とのラブストーリー それは予想通り

いざ始まればひとり芝居だ

ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ

 

感情のないアイムソーリー それはいつも通り

慣れてしまえば悪くはないけど

君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った

 

もっと違う設定で もっと違う関係で

出会える世界線 選べたらよかった

もっと違う性格で もっと違う価値観で

愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから

グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない

辛いけど否めない でも離れ難いのさ

その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや

グッバイ それじゃ僕にとって君は何?

答えは分からない 分かりたくもないのさ

たったひとつ確かなことがあるとするのならば

「君は綺麗だ」

 

誰かが偉そうに 語る恋愛の論理

何ひとつとしてピンとこなくて

飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ

 

もっと違う設定で もっと違う関係で

出会える世界線 選べたらよかった

いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて

「好きだ」とか無責任に言えたらいいな

そう願っても虚しいのさ

 

グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン

引き伸ばすたびに 疼きだす未来には

君はいない その事実に cry そりゃ苦しいよな

 

*くり返し

 

それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな

永遠も約束もないけれど

「とても綺麗だ」

 

引用元:Official髭男dism 「イエスタデイ」歌詞

※耳コピして書きました。

「Pretender」の主題

ざっと歌詞全文を読んでいただき、さらにミュージックビデオを見ると、なんとなくこの楽曲のテーマにピンとくるかもしれません。

「もっと違う設定で」「もっと違う関係で」「もっと違う性格で」「もっと違う価値観で」出逢いたかった、というフレーズが繰り返されます。

相手のことをどんなに好きでも、二人の関係や環境で恋愛を成就できないむなしさが語られているのです。

映画『コンフィデンスマン JP』は香港を舞台として繰り広げられるストーリーですが、official髭男dismのMVは台湾で撮影されています。

冒頭部分にビルの屋上看板で「東方電影院」という文字が見えますが、「電影院」とは中国語で「映画館」のことです。

つまり、この冒頭部分で、ここは外国(あるいは中華圏)だということを示しているわけです。

MV自体、まるで映画仕立てのような、ストーリー性のあるビデオになっています。

その中で、中国人っぽい女の子が登場します。

主人公はどう見ても彼女に気があるようなのですが、思い切って関係を発展させることができない心情が描かれています。

このMVを見た時点で、私は「これは国際恋愛のことを歌っているのかな」と思いました。

どんなにお互い好意をいだいていても、生まれ育った環境が違っていたり、価値観が大きく異なることで、うまくいかない国際カップルは多いのです。

そして、これは国境を超えたカップルだけの話ではありません。

たとえ同じ日本人であっても、年の差の恋や、家庭環境の違いによって価値観が大きく違ってしまい、どんなに魅力的に感じている相手であっても結ばれないケースがあります。

official髭男dismのこの曲は、そういった「当人同士の気持ちだけではどうしようもない恋愛」がテーマになっているのです。

「Pretender」の歌詞の意味

では、ここからはより細かく歌詞を考察してみましょう。

冒頭の六行はかなり映画のことを意識して作詞されていると思われます。

君とのラブストーリー それは予想通り

いざ始まればひとり芝居だ

ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ

「ラブストーリー」「芝居」「観客」といった、映画になじみの深い単語が盛り込まれています。

君との恋に落ちてしまったけど、自分ひとり空回りしているような気がする。

いっしょにいてもぼくはひとりで、けっきょくただの傍観者みたいだ、と嘆いています。

感情のないアイムソーリー それはいつも通り

慣れてしまえば悪くはないけど

君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った

「感情のないアイムソーリー」は、映画の主題である「詐欺師」を彷彿とさせますね。

まさにこれが「Pretender」であり、「申し訳ないふりをしている人」です。

相手の「Pretend」には慣れてしまうこともできるけど、ぼくはそういう関係を長く続けることはできなさそうだ、といっています。

ちなみにこのフレーズの「アイムソーリー」は曲の出だし「君とのラブストーリー」と韻を踏んでいます。

だから「ごめんね」じゃなくて「アイムソーリー」ではなくてはいけないのです。

これがまた、外国人との恋愛なのかな、というニュアンスをかもし出してもいます。

もっと違う設定で もっと違う関係で

出会える世界線 選べたらよかった

もっと違う性格で もっと違う価値観で

愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから

ここがもっともストレートにこの歌詞の主題を映している箇所ではないでしょうか。

「設定」「関係」が違っていたら、出逢い方がこうじゃなかったら、もっとスムーズな恋愛ができたのに、と無念に思う気持ちが現れています。

「世界線」は斬新なフレーズですね。

世界地図を見てみれば世界にはたくさんの線が引かれています。

緯度、経度、タイムゾーン、そして国境も「線」です。

これらの世界線を選べたらよかったのに、といっています。

そうすれば、もっと素直に「愛を伝えられ」ただろう。

グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない

辛いけど否めない でも離れ難いのさ

その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや

グッバイ それじゃ僕にとって君は何?

答えは分からない 分かりたくもないのさ

たったひとつ確かなことがあるとするのならば

「君は綺麗だ」

サビの部分の歌詞は比較的理解しやすくなっています。

「君の運命のヒトは僕じゃない」「僕にとって君は何?」という瞬間は、どんな恋愛でもつきものの感情でしょう。

「その髪に触れただけで」心が「痛い」でも「甘い」。

恋愛の甘酸っぱさの表現ですね。

「痛いや いやでも 甘いな いやいや」とは「い」と「や」の音が繰り返し、つい耳に残ってしまうフレーズになっています。

こういう歌詞の作り方も巧妙です。

そして「たったひとつ確かなことがあるとするのならば」それは「君は綺麗だ」ということだといっていますが、これは表面的な意味で受け取ってしまうとちょっともったいないです。

後でもう一度取り上げて説明します。

誰かが偉そうに 語る恋愛の論理

何ひとつとしてピンとこなくて

飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ

恋愛に関するノウハウは、ネット上でも書籍の上でもあふれています。

でも、そういう「恋愛の論理」がピンとこないこともあります。

「飛行機の窓から見下ろした」というあたりも、外国や国際的な何かを感じさせてくれます。

「知らない街の夜景」は、MVの中で彼らが歌っている、異国の映画館屋上から見る街の夜景がまさにそうだったかもしれません。

もっと違う設定で もっと違う関係で

出会える世界線 選べたらよかった

いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて

「好きだ」とか無責任に言えたらいいな

そう願っても虚しいのさ

先ほど出て来たフレーズの違うバージョンです。

「いたって純な心で」「叶った恋を抱きしめて」は韻を踏んでいます。

「好きだ」と無責任にいいたいと願っているけど言えない、ツライ恋なのです。

グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン

引き伸ばすたびに 疼きだす未来には

君はいない その事実に cry そりゃ苦しいよな

手を伸ばして繋ぐことはできるけど、その先に「エンドライン(終焉)」が見えている。

おわりの瞬間を先延ばしにしても、心が疼くだけ。

「僕」の未来には「君」がいない事実を、主人公が一番よく理解しているのです。

未来のない恋愛、ともに未来を語ることができない恋愛をしているときほど、苦しいこともありません。

この歌詞上には反映されませんが「cry」(泣き叫ぶという意味)は「クライ いやいや~~」と歌われており、「痛いや いやでも~~」と呼応しています。

*くり返し

それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな

永遠も約束もないけれど

「とても綺麗だ」

ここでもまた、あきらめの感情が出てきます。

「ロマンスの定めなら 悪くないよな」と、運命によって決められていることなら「悪くない」とがまんしようとしています。

永遠の約束もできない僕たちだけど、確実に僕が言えるのは「(君は)とても綺麗だ」ということだけだ…。

「君は綺麗だ」の本当の意味

歌詞の中でカギ括弧付きで書かれている「君は綺麗だ」「とても綺麗だ」というフレーズ。

これはこのままストレートに受け取ってしまうのはちょっともったいない気がします。

主人公は、愛おしいと思っている相手がいるのに、その価値観が違うことで正直に気持ちを告白できないのです。

その代わりにたった一つ「君」に伝えられることが「君は綺麗だ」ということ。

つまりこれは、「君が好きだ」「愛してる」と言えない代わりの、主人公の精一杯の愛情告白ではないでしょうか。

「君は綺麗だ」という言葉の裏側には「君を愛してる」という暗号が隠されているのです。

そういう意味で、主人公「僕」も、本当の気持ちを表現できない「Pretender」なのです。

まとめ

Official髭男dism 「Pretender」を解説してみました。

映画「コンフィデンスマン JP」の主題歌「Pretender」を歌うOfficial髭男dismの楽曲が「music.jp」で、ランキング上位となっております。

今回はヒゲダン(Official髭男dism)が歌う「コンフィデンスマン JP」の主題歌「Pretender」を無料ダウンロードしてiphoneやスマホで視聴する方法についてもご紹介していきました。

毎朝聴けるOfficial髭男dismが歌う「Pretender」を、フルでダウンロードしてオフラインでも楽しめるので、「music.jp」でダウンロードできるのがおすすめです。

是非、music.jpのお試し無料体験を登録していただき、楽しいVODライフを手に入れて下さい!

↓【30日間無料で楽しめます】↓

※ 無料期間終了までに退会手続きすれば、一切の費用がかからずに解約できます。

お試し登録方法や解約・退会方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です