箱根駅伝2020 法政大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

今回は、鉾根駅伝2020・法政大学のエントリー選手メンバーについてまとめてみました。

紺のユニフォームとオレンジのタスキが伝統の法政大学。

箱根駅伝の伝統校の一つであり、近年はエース育成重視からチームの底上げへと方針転換を図っています。

この方針転換が功を奏し、近年は総合力をつけ、上位を狙える位置にまでなっています。

法政大学の箱根駅伝2019の結果と、箱根駅伝2020の注目選手についても紹介しています。

合わせてお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020 法政大学エントリー選手メンバー一覧

それでは、さっそく箱根駅伝2020・法政大学のエントリー選手メンバーを見ていきます。

その前に、箱根駅伝での法政大学の基本情報をおさらいしておきましょう。

  • 80回出場(5年連続)
  • 1919年創部
  • 優勝:2006年復路優勝(最高成績:3位)
  • 練習拠点:東京都町田市
  • 監督:坪田智夫(2013年~)

箱根駅伝の伝統校の一つ、法政大学はこれまで80回の出場を誇ります。

陸上競技部の創部は1919年と古く、現在は2013年に駅伝部監督に就任した坪田智夫(つぼた ともお)監督が指揮を執っています。

箱根駅伝を含む三大駅伝の出雲駅伝では最高成績7位全日本大学駅伝では最高成績5位となっています。

箱根駅伝での過去最高成績は3位ですが、2006年には法政大学にとって初の復路優勝を達成。

チームの軸となるエースの育成を重要視してきましたが、最近ではこの方針を転換し、躍進に繋げています。

エースの育成よりもチームの底上げに取り組んでおり、箱根駅伝2020では5位以内を狙える位置にいると駅伝ファンからも高く評価されています。

”総合力”は近年の箱根駅伝で勝つための重要なキーワード。

法政大学もこのトレンドを意識しているようです。

エントリーメンバー

では、箱根駅伝2020・法政大学のエントリー選手メンバーを見ていきましょう。

  • 坪井慧(4年 大垣日大)
  • 青木涼真(4年 春日部)
  • 岡原仁志(4年 広島国際学院)
  • 増田蒼馬(4年 島田)
  • 松沢拓弥(4年 中京)
  • 佐々木虎一朗(4年 東北)
  • 田辺佑典(3年 伊賀白鳳)
  • 須藤拓海(3年 秦野)
  • 奥山智広(3年 酒田南)
  • 糟谷勇輝(3年 八千代松陰)
  • 鎌田航生(2年 法大二)
  • 久納碧(2年 学法石川)
  • 清家陸(2年 八幡浜)
  • 守角隼(2年 八千代松陰)
  • 河田太一平(1年 韮山)
  • 中園慎太朗(1年 八千代松陰)

いかがでしょうか。

「駅伝は(チームの)骨格ができていないと悩む」と語る坪田監督。

今シーズンの法政大学はチームの底上げにより、しっかりとした骨組みができたと自信をのぞかせています。

つまり、箱根駅伝で戦えるメンバーが揃ったということですね。

上位進出を目指して、法政大学の箱根駅伝2020が幕を開けようとしています。

区間エントリーメンバー

29日、区間エントリーが発表されました。

法政大学の区間エントリーは以下となります。

変更は当日のレース開始1時間10分前まで(交代4名まで)となります。

変更があり次第、更新します。

1区:久納碧(2年 学法石川)
2区:鎌田航生(2年 法大二)
3区:岡原仁志(4年 広島国際学院)
4区:河田太一平(1年 韮山)
5区:青木涼真(4年 春日部)

6区:坪井慧(4年 大垣日大)
7区:松沢拓弥(4年 中京)
8区:中園慎太朗(1年 八千代松陰)
9区:清家陸(2年 八幡浜)
10区:増田蒼馬(4年 島田)

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の結果や第96回大会の注目選手

箱根駅伝2020・法政大学のエントリー選手メンバーを見ました。

続いて、こちらでは法政大学の箱根駅伝2019での結果を振り返りたいと思います。

法政大学・箱根駅伝2019結果

  • 総合順位;6位
  • 往路:5位
  • 復路:6位
  • 区間賞:なし
  • 総合記録:11時間03分57秒

法政大学の箱根駅伝2019の結果は、往路5位・復路6位の総合6位という成績でした。

往路・復路共に安定した走りを見せ、シード権の獲得にも成功しています。

1区を走った佐藤選手(3年)はトップとわずか8秒差の区間5位で流れを作りました。

続く5区の青木選手(3年)は区間3位、さらに6区の坪井選手も区間4位と、区間賞こそなかったものの重要な区間で好走を見せたことで、総合6位となることができたのです。

以前の法政大学は、エース育成に偏っていたため、エース以外の区間では区間順位にバラつきが出て成績が安定しませんでした。

しかし、チームの底上げに方針を転換してからはこの弱点を克服しています。

2017年は4人、2018年3人、そして2019年は5人と、復路で一桁順位で走る選手が

出てきているのです。2019年は往路でも2人が一桁順位でフィニッシュ。

10区間の内7人が一桁順位だったことになります。

チームの底上げにより安定感が増した法政大学ですが、特に箱根駅伝2020では好走を見せた3年生が中心となります。

「チームの骨組みができた」と自信をのぞかせる坪田監督の期待に、きっと選手たちも応えてくれるでしょう。

法政大学の箱根駅伝2020での目標は、総合4位だそうです。

先日行われた三大駅伝の出雲駅伝2019では10位、全日本大学駅伝2019では11位となっています。

主力に欠場者が出ていたことを考えれば、まずまずといったところではないでしょうか。

法政大学・箱根駅伝2020注目選手

次は、気になる法政大学の箱根駅伝2020注目選手を紹介していきます。

  • 法政大学の4年生ダブルエース
  • 上位進出のカギを握るのは2人の2年生
  • 注目の1年生ルーキー

前半は、4年生から3名を紹介します。

①坪井慧選手(4年)

法政大学の主将であり、ダブルエースの一角が坪井慧(つぼい けい)選手です。

岐阜県岐阜市の出身で、大垣日大高校から法政大学に入学しています。

入学当初から能力の高い選手でしたが、度々怪我に泣かされてきました。

1年生の時は怪我で三大駅伝での出場はなく、箱根駅伝2017では6区を走る予定でしたがそれも叶いませんでした。

2年生時も怪我に苦しみ、箱根駅伝2018にエントリーされるものの、またも不出場となります。

3年生から結果が出はじめ、箱根駅伝2019でついに6区”山下り”を走ることができました。

坪井選手は初の箱根で期待通りの快走を見せ、区間4位とチームに勢いをもたらしています。

コンディションさえ整えば、存分に力を発揮してくれることでしょう。

②青木涼真選手(4年)

法政はダブルエースと言われますが、青木涼真(あおき りょうま)選手もその2人に匹敵する実力の持ち主です。

埼玉県久喜市出身で、春日部高校から法政大学に入学しています。

春日部高校は埼玉県屈指の進学校で、偏差値はなんと71。

青木選手は大学では生命科学部環境応用化学科に在籍している、法政初の理系学部ランナーでもあります。

箱根初出場は1年生だった2017年で、青木選手は8区を走り9位でした。

2年生で走った箱根駅伝2018では、”山登り”5区を任され区間賞の大活躍。

箱根駅伝2019も再び5区を走り、区間3位の好成績を出しています。

法政大学の「山の神」がこの青木選手なのです。

2019年も好調をキープしています。

後半は、2年生から2名、1年生から1名を紹介します。

③鎌田航生選手(2年)

注目の2年生の一人が、鎌田航生(かまた こうき)選手です。

神奈川県綾瀬市の生まれで、法政第二高校から法政大学に進学しました。

箱根駅伝2019では法政大学唯一の1年生として、4年生や3年生に混じりエントリーされました。

復路の8区を任された鎌田選手は、区間7位で走り切り、初の箱根を一桁順位で終えています。

出雲駅伝2019では1区、全日本大学駅伝2019では2区を任されるなど、2019年は外せない主力の一人としてさらに成長を遂げているようです。

箱根駅伝2020では、どのような走りを見せてくれるのでしょうか。

④清家陸選手(2年)

3年生を押しのけ、箱根駅伝2020にエントリーされそうなのが、2年生の清家陸(せいけ りく)選手です。

愛媛県出身で、八幡浜高校から法政大学に入学しました。

出雲駅伝2019で三大駅伝初出場を果たすと、続く全日本大学駅伝2019でも起用されました。

デビュー戦となった出雲駅伝2019では、波のようなアップダウンの多い5区を任されます。

対応に苦労する選手も多いこの5区で、清家選手は安定した走りを見せました。

昨年までは無名の存在でしたが、夏合宿以降成長著しく、箱根駅伝2020にも出場するのではないかと予想されます。

⑤河田太一平選手(1年)

法政大学・期待のルーキーは1年生の河田太一平(かわだ たいへい)選手です。

静岡県三島市出身で、韮山高校の出身です。

韮山高校は静岡県では有名な進学校で、2018年には67年ぶりに全国高校駅伝出場を果たしています。

この時の主力選手だったのが、法政大学のルーキー・河田太一平選手だったのです。

法政大学入学後もグングン成長を続けており、三大駅伝の出雲駅伝2019でメンバー入りしました。

それも、任されたのはアンカーの6区だったのです。

この起用を全く予想していなかった駅伝ファンの間では、大きな話題となりました。

そして、全日本大学駅伝2019では長距離区間の7区を任され、アンカーの青木選手へタスキを渡しています。

法政大学・坪田監督は、河田選手をかなり高く評価しているようですね。

箱根駅伝2020でも、起用される可能性が高いものと思われます。

以上、今回は箱根駅伝2020・法政大学のエントリー選手メンバー、箱根駅伝2019の結果と注目選手について紹介させていただきました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 法政大学は箱根駅伝80回出場の伝統校
  • 箱根駅伝では最高成績3位で、2006年に復路で優勝している
  • 箱根駅伝2019では、往路5位・復路6位で総合6位だった
  • エース育成重視からチームの底上げに方針転換、箱根駅伝2020での目標は4位以内
  • 4年生の注目選手は坪井慧選手、佐藤敏也選手、青木涼真選手
  • 2年生の鎌田航生選手と清家陸選手、1年生の大物ルーキー・河田太一平選手にも要注目

箱根駅伝2020 関東学生連合エントリー選手メンバーまとめ!第95回大会2019の結果も

2019年12月23日

箱根駅伝2020 中央大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会10位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 早稲田大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会9位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 日本大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会7位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 国士舘大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会8位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 筑波大学エントリー選手メンバーまとめ!予選会6位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 創価大学エントリー選手メンバーまとめ!過去大会や予選会5位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 明治大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月19日

箱根駅伝2020 日本体育大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月19日

箱根駅伝2020 東京国際大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月18日

箱根駅伝2020 神奈川大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月17日

箱根駅伝2020 中央学院大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月15日

箱根駅伝2020 拓殖大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月13日

箱根駅伝2020 順天堂大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月12日

箱根駅伝2020 國學院大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月12日

箱根駅伝2020 法政大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月9日

箱根駅伝2020 帝京大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月9日

箱根駅伝2020 駒澤大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月8日

箱根駅伝2020 東洋大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月5日

箱根駅伝2020 東海大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月4日

箱根駅伝2020 青山学院大学(青学)駅伝部メンバーまとめ!三大駅伝成績や注目選手も

2019年11月3日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA