箱根駅伝2020 順天堂大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

今回は、箱根駅伝2020・順天堂大学のエントリー選手メンバーについてまとめてみました。

濃いブルーのユニフォームに、赤と白のツートンカラーのタスキが順天堂大学です。

箱根駅伝では多数の優勝を誇る名門ですが、2010年には52回連続出場記録が途絶え、低迷期に入りました。

近年は、着実に名門復活を進めています。

順天堂大学の箱根駅伝2019の結果、そして箱根駅伝2020の注目選手についても紹介しています。

合わせてお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020 順天堂大学エントリー選手メンバー一覧

それでは、箱根駅伝2020・順天堂大学のエントリー選手メンバーを見ていきたいと思います。

その前に、順天堂大学の箱根駅伝での基本情報をおさらいしておきましょう。

  • 61回出場(9年連続)
  • 1952年創部
  • 優勝:11回
  • 練習拠点:千葉県印西市
  • 監督:長門俊介(2016年~)


順天堂大学は、歴代4位となる箱根駅伝11回優勝、そして61回の出場を誇る名門校です。

最後に優勝したのは、平成19年の第83回大会。

往路・復路ともに1位の総合優勝で圧倒的な力を見せつけました。

しかし、その後は東海大学・青山学院大学・東洋大学ら3強の台頭もあり、優勝からは遠のいています。

シード権を失い、箱根駅伝に出場できない年もありました。

低迷する名門の復活のため、2016年に現在も指揮を執る長門俊介(ながと しゅんすけ)監督が就任しました。

長門監督は、1984年生まれで35歳の青年監督です。

箱根駅伝2020出場全チームの中でも、最年少監督となります。

大学卒業後は、JR東日本に入社しましたが、2011年に退社して順天堂大学のコーチに転身しました。

2016年に監督に就任してからは、低迷していた順天堂大学の復活に尽力しています。

実は、長門監督は順天堂大学の最後の優勝となる、第83回大会に4年生として出場していました。

完全優勝を達成した、「強い順天堂大学」を知っているのです。

順天堂大学は、箱根駅伝を含む三大駅伝の出雲駅伝で3回、全日本大学駅伝で1回の優勝経験があります。

エントリーメンバー

では、箱根駅伝2020・順天堂大学のエントリー選手メンバーを見ていきたいと思います。

  • 藤曲寛人(4年 加藤学園)
  • 橋本龍一(4年 法政二)
  • 小畠隆太郎(4年 鎮西学院)
  • 鈴木雄人(4年 浜松日体)
  • 髙林遼哉(4年 浜松日体)
  • 野田一輝(4年 西京)
  • 沢藤響 (3年 秋田工)
  • 清水颯大(3年 洛南)
  • 野口雄大(3年 市柏)
  • 原田宗広(3年 大牟田)
  • 真砂春希(3年 小豆島)
  • 矢野直幹(3年 比叡山)
  • 小島優作(2年 仙台育英)
  • 人見隆之(2年 那須拓陽)
  • 吉岡智輝(2年 白石)
  • 西沢侑真(1年 浜松日体)

順天堂大学・長門監督は、箱根駅伝2020に向けてこのようなメンバーを選出しました。

かつてはセンスで走る選手が多かった一方で、現在は努力型の選手が増えたそうです。

低迷期を乗り越え、名門復活を期す順天堂大学。

箱根駅伝2020での彼らの走りは、どのようなものになるのでしょうか。

区間エントリーメンバー

29日、区間エントリーが発表されました。

順天堂大学の区間エントリーは以下となります。

変更は当日のレース開始1時間10分前まで(交代4名まで)となります。

変更があり次第、更新します。

1区:原田宗広(3年 大牟田)
2区:藤曲寛人(4年 加藤学園)
3区:橋本龍一(4年 法政二)
4区:野口雄大(3年 市柏)
5区:真砂春希(3年 小豆島)

6区:清水颯大(3年 洛南)
7区:小畠隆太郎(4年 鎮西学院)
8区:西沢侑真(1年 浜松日体)
9区:髙林遼哉(4年 浜松日体)
10区:野田一輝(4年 西京)

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の結果や第96回大会の注目選手

箱根駅伝2020・順天堂大学のエントリー選手メンバーを見ました。

続いてこちらでは、順天堂大学の箱根駅伝2019の結果を振り返りたいと思います。

順天堂大学・箱根駅伝2019結果

  • 総合順位:8位
  • 往路:7位
  • 復路:13位
  • 区間賞:なし
  • 総合記録:11時間08分35秒


順天堂大学の箱根駅伝2019の結果は、往路7位・復路13位で総合8位でした。

前年の箱根駅伝2018では総合11位だったので、総合順位を上げてシード権も獲得することができました。

7位となった往路では、区間19位になる選手が2名も出る難しい展開の中、2区・塩尻選手(4年)が区間2位、そして5区・山田選手(4年)が区間4位ので猛追してチームを引っ張りました。

復路では、7区と8区で9位となりましたが、他の区間では10位以下が続き、思うように順位が上がらず復路13位となります。

往路でチームを引っ張った4年生が卒業したので、箱根駅伝2020では下級生のさらなる成長とチーム全体の底上げが躍進のカギになるでしょう。

三大駅伝の出雲駅伝2019では8位、そして全日本大学駅伝2019では9位となっています。

順天堂大学・箱根駅伝2020注目選手

次は、気になる順天堂大学の箱根駅伝2020注目選手を紹介します。

  • チームを引っ張るキャプテンは絶好調
  • 順天堂大学で注目は3年生選手
  • 三大駅伝デビューで躍動した1年生ルーキー


前半は、4年生から3名を紹介します。

①藤曲寛人選手(4年)

順天堂大学のキャプテンは、藤曲寛人(ふじまがり ひろと)選手です。

静岡県小山町出身で、加藤学園高校から順天堂大学に入学しました。

藤曲選手は、地元の小山中学校を卒業されました。

こちら小山中学校は、駅伝界では”奇跡の中学校”と呼ばれています。

小山中学校は、全校生徒約200人という、大きいとは言えない学校です。

しかし、どういうわけか定期的に優れたランナーを輩出しています。

箱根駅伝2020では、帝京大学の小野寺悠選手が藤曲選手の1学年後輩です。

藤曲選手は、3年生で初めて箱根駅伝2019に出場しました。

7区を走り区間9位という成績でしたが、箱根駅伝2020では4年間の思いをぶつけることでしょう。

②橋本龍一選手(4年)

4年生の主力には、橋本龍一(はしもと りゅういち)選手がいます。

神奈川県川崎市の生まれで、法政第二高校から順天堂大学に進学しました。

箱根駅伝には1年生だった2017年に初出場し、6区を走って区間10位になりました。

箱根駅伝2018では3区で区間7位、箱根駅伝2019では同じ3区で区間12位でした。

箱根駅伝の経験も十分な橋本選手ですが、赤いハチマキがトレードマークであることでも知られています。

この赤いハチマキ、教育実習の時に生徒さんからいただいたそうで、似顔絵入りのそのハチマキを試合で巻いています。

全日本大学駅伝2019ではこの赤いハチマキは巻いていませんでしたが、一時は首位になる走りを見せました。

”駅伝に詳しすぎるアイドル”、NGT48の西村菜那子さんも注目選手の一人に挙げています。

③小畠隆太郎選手(4年)

4年生からはもう一人、小畠隆太郎(こばたけ りゅうたろう)選手にも注目です。

長崎県出身で、鎮西学院高校を卒業されています。

箱根駅伝に出場したことはまだありませんが、2019年は5000mや10000mといったトラック種目で自己ベストを更新しています。

成長と共に勢いもある小畠選手は、三大駅伝の全日本大学駅伝2019でメンバー入りを果たしました。

4区を走ると、区間8位でフィニッシュし、監督の期待に応えています。

4年生でついに箱根路を走ることになりますが、小畠選手が一桁順位になれば、順天堂大学が上位に入る可能性も高くなるはずです。

後半は、3年生から2名、1年生から1名を紹介します。

④野口雄大選手(3年)

駅伝メディアがこぞって注目選手に挙げているのは、野口雄大(のぐち ゆうだい)選手です。

千葉県松戸市生まれで、市立柏高校から順天堂大学に入学しました。

駅伝メディアが野口選手に注目するのには、理由があります、野口選手は5000mを13分48秒のチームトップで走ることができるのです。

5000m13分台は、スピードランナーの基準の一つでもあります。

好調をキープしており、出雲駅伝2019では1区で区間11位、全日本大学駅伝2019では1区で区間4位という成績でした。

⑤清水颯大選手(3年)

3年生からはもう一人、清水颯大(しみず そうだい)選手にも注目です。

京都府宇治市生まれで、洛南高校を卒業されています。

1年生から箱根駅伝2018に出場し7区を任されましたが、区間18位に終わりました。

リベンジを目標に掲げ臨んだ箱根駅伝2019では6区に移り、区間15位。

なかなか思うような走りはできていません。

しかし、1年生から箱根駅伝で起用されるのは、それだけ監督から能力を評価されている証でもあります。

そんな清水選手は全日本大学駅伝2019に出場し、3区で区間5位の好成績を出しています。

今度こそ、目標のリベンジを果たす準備が整ったようです。

⑥西澤侑真選手(1年)

順天堂大学の1年生ルーキー・西澤侑真(にしざわ ゆうま)選手が、頭角を現しています。

西澤選手は静岡県浜松市中区出身で、浜松日体高校から順天堂大学に進学しました。

実は、西澤侑真選手の兄・卓弥選手(現・実業団トーエネック)も順天堂大学OBで元箱根駅伝ランナーです。

出身校の浜松日体高校の同級生には、早稲田大学のルーキー・鈴木創士選手がいます。

西澤選手と鈴木選手は互いに切磋琢磨しており、全日本大学駅伝2019では同じ6区を走りました。

鈴木選手が区間6位だったのに対し、西澤選手はなんと区間3位。

この6区で1位だったのは、区間新記録を作った東海大・郡司選手でした。

3位の西澤選手との差はたった32秒です。

箱根駅伝2020では、順天堂大学の1年生ルーキー・西澤侑真選手に注目されていはいかがでしょうか。

以上、今回は箱根駅伝2020・順天堂大学のエントリー選手メンバー、箱根駅伝2019の結果と注目選手について紹介させていただきました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 順天堂大学は箱根駅伝11回の優勝を誇る名門
  • 第83回大会(平成19年)では往路・復路を両方制して完全優勝を成し遂げた
  • 平成19年以降は低迷が続き、優勝からも遠ざかっている
  • 長門俊介監督(35歳)は、箱根駅伝2020で最年少の監督
  • 箱根駅伝2019では、往路7位・復路13位で総合8位だった
  • 4年生の注目選手は、藤曲寛人選手、橋本龍一選手、小畠隆太郎選手
  • 3年生の野口雄大選手と清水颯大選手、1年生ルーキーの西澤侑真選手にも要注目

箱根駅伝2020 関東学生連合エントリー選手メンバーまとめ!第95回大会2019の結果も

2019年12月23日

箱根駅伝2020 中央大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会10位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 早稲田大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会9位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 日本大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会7位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 国士舘大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会8位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 筑波大学エントリー選手メンバーまとめ!予選会6位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 創価大学エントリー選手メンバーまとめ!過去大会や予選会5位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 明治大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月19日

箱根駅伝2020 日本体育大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月19日

箱根駅伝2020 東京国際大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月18日

箱根駅伝2020 神奈川大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月17日

箱根駅伝2020 中央学院大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月15日

箱根駅伝2020 拓殖大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月13日

箱根駅伝2020 順天堂大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月12日

箱根駅伝2020 國學院大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月12日

箱根駅伝2020 法政大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月9日

箱根駅伝2020 帝京大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月9日

箱根駅伝2020 駒澤大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月8日

箱根駅伝2020 東洋大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月5日

箱根駅伝2020 東海大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月4日

箱根駅伝2020 青山学院大学(青学)駅伝部メンバーまとめ!三大駅伝成績や注目選手も

2019年11月3日

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA