川尻蓮(あんバッカーズ)のダンス歴まとめ!過去に出演したMVや映画も

韓国の人気視聴者参加型オーディション番組、日本版「PRODUCE 101 JAPAN」のファイナルがいよいよ開幕します。

世界デビューを目指し、選りすぐりの101練習生と、「推しメン」を応援するファン=「国民プロデューサー」が一体となるオーディションです。

ファイナル参加者は20名です。

ファイナルステージで総合順位11位までに入賞したイケメンが2020年2月にデビュー予定です。

ダンスの実力でクラス分けされ、20名はA~Fクラスに分けられています。

さらにダンスのクラス分けとは別に数名でチームを組み、歌やダンス、団結力なども審査に対象になるようです。

多数あるチームの中で、「UN Backers(アンバッカーズ)」に所属する川尻蓮「PRODUCE 101 JAPAN」総合1位確実か!?

センターポジションも確定!?と見られています。

今回はダントツで暫定1位に君臨する川尻蓮(かわしり れん)について調査しました。

スポンサーリンク

川尻蓮のダンス歴や過去に出演したMVや映画

今回、練習生として参加したイケメン101名は、事務所に所属しないイケメンだったそうです。

その中で、注目・成長株だったのが川尻蓮です。

今回のオーディションで撮影したPR画像や、ダンス画像などが様々なコンテンツで見ることができますが、柔らかくしなやかなしぐさから、キレッキレのダンスまでこなし、ファンやレッスントレーナーからも評価が高いようです。

では、川尻蓮のそのダンスの上手さはどのように培われてきたのでしょうか。

川尻蓮は現役のプロダンサー!

川尻蓮がダンスを始めたのは小学校高学年からだそうです。

中学生の時に韓国のアイドルグループ「BIG BANG」の歌唱力とダンスを見て、衝撃を受けたそうです。

現在は、ダンス講師として活躍されていますが、プロダンサーとして華麗なる経歴の持ち主でした!

現在22の川尻蓮は2014年からバックダンサー、サポートダンサーとして自他ともに認めるダンスで活動されています。

川尻蓮の輝かしい出演ステージ一覧

川尻蓮は、日本だけでなくK-POPアーティストのダンサーとしてステージに立ったことがありました。

「BIG BANG」と同じK-POPアイドルと互角にダンス共演し、早々に実力を発揮され川尻蓮さんは素晴らしい才能の持ち主です。

17

  • 2014年11月 SMAP ヤフオクドーム/サポートダンサー

18歳

  • 2015年8月 a-nation ヤンマースタジアム/アクトダンサー
  • 2015年12月 Dream Come Ture ヤフオクドーム

19歳

  • 2017年2月 FT lsland 国際フォーラム・大阪グランキューブ・名古屋センチュリーホール/バックアップダンサー

20歳

  • 2017年5月  映画 「HIGH&LOW」The Movie 2 end of sky/ダンサーエキストラ
  • 2017年8月 チェ・ジョンフン 中野サンプラザ/声、ダンス等バックアップ
  • 2017年8月 MY NAME 国際フォーラム/バックアップダンサー
  • 2017年11月 Wanna One 横浜ドーム/バックアップダンサー
  • 2018年1月 TEE 東京ドーム/バックアップダンサー

21歳

  • 2018年4月 Lead サンシャイン池袋/バックアップダンサー
  • 2018年6月 スカイピース テオ 豊洲pit/ダンスパフォーマンス
  • 2018年7月 Wanna One 幕張メッセ/バックアップダンサー
  • 2018年7月 Flow back MV出演「WE ARE!」/サポートダンサー
  • 2018年8月 イ・ビョンホン 大阪フェスティバルホール・中野サンプラザ/バックアップダンサー
  • 2018年9月~12月 山下智久 2018ライヴツアー/ツアーダンサー
  • 2018年11月24日 山下智久 日テレ音楽番組「バズリズム」/バックダンサー
  • 2018年12月 スカイピース 冬ツアー/ツアーダンサー
  • 2019年1月 XOX 東京ドームシティホール/バックアップダンサー
  • 2019年1月~2月 PENTAGON ZeppNamba(大阪公演)・ZeppNamba(東京公演)/バックアップダンサー

Twitterなどから高校に通っていたことはわかっていますが、学業と両立しながら本格的なエンターテインメントでダンスを披露するとは、川尻蓮の本気とその結果が出ていることがわかりますね。

注目すべきは、すでにメディアでそのダンスを披露し、アイドルたちと一緒にダンスていることです。

上記リストにはありませんが、ラッパーのSHOW GOさんの「ガッチョリングサマー」のMVに主役で出演し、ダンスもばっちり踊っています。

地元福岡では知られたご当地アイドル的存在だったようで、国民プロデューサーの応援拡散アピールはものすごい勢いです。

「川尻蓮のダンスを世界へ」と銘打ったサポートクラブは全国に支部まで置かれています。

スポンサーリンク

 川尻蓮のプロフィール

アジア圏女子、シニア層のお姉さまを虜にする川尻蓮のプロフィールを見ていきます。

  • 名前:川尻 蓮(かわしり れん)
  • 生年月日:1997年3月2日
  • 出身地:日本・福岡県
  • 趣味:ゲーム、体を動かすこと、マジック・お笑い鑑賞
  • 特技:フリースタイルダンス

メジャーデビュー前なので、「PRODUCE 101 JAPAN」(通称:プデュ、日プ)公式とTwitterからの情報が主ですが、10代後半からダンスに命を懸けているのがよくわかります。

さらに、2019年4月から音楽専門学校「VERY MERRY MUSIC SCHOOL」代々木校でボイストレーニングも受けて、「PRODUCE 101 JAPAN」のオーディションに臨んだようです。

ダンスはいうことなし、歌も伸びしろがあるということで最上位クラスである「Aクラス」でファイナルまで公開トレーニングを積んできた川尻蓮。

ファイナルで総合1位になれば、グループデビューではセンターポジションが約束されます。

川尻蓮のダンスを世界へ、それもセンターポジションで拡散したい「国民プロデューサー」の思いは届くのでしょうか!?

スポンサーリンク

まとめ

当初は101名全員が架空の学生服姿で登場していました。

まるで、個性あるイケメン達の「学園青春物語」を視聴しているかのような番組です。

ファイナル参加者は20名、暫定1位の川尻蓮は顔立ちは今どきの目がぱっちりしたアイドルとは違い、「日本男子」とアジアンテイストを持ち合わせた魅力があります。

俳優としてもぜひ挑戦してほしいですね。

まずは「PRODUCE 101 JAPAN」のファイナルの行方と、これからの活躍が気になります。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です