小室圭の母親、不正時給で脱税疑惑?罰則は?刑罰?どの程度の罪に?

1月22日の一部週刊誌の報道以来、連日世間を賑わせている小室圭さんの金銭トラブルの件。

秋篠宮眞子さまと小室圭さんとの婚約が発表されたのは2017年。
きっかけは週刊誌に掲載された2人の写真でした。

当時はまだ「一般人」だったため、小室さんの顔にはモザイクがかけられていましたが、おそろいの指輪とブレスレットを身につけて電車の中で仲睦まじく話す様子からは、二人が順調に愛を育んでいることがありありと窺われ、当初マスコミは「爽やかな好青年」「同窓生婚」等、祝福の言葉を並べ立てていました。

大学時代は湘南江の島「海の王子」として活動しており、アナウンススクールにも通っていた時期もありました。

カリフォルニア大学への留学経験もあることから海外事情に詳しく英語も堪能。将来的には「いずれは英語を使った仕事をしたいと」語っていた小室圭さん。

爽やかな好青年との結婚に秋篠宮ご夫妻が反対する理由はありませんでした。

祝福の様相が変わってきたのは歳も押し迫った2017年12月、週刊誌に小室圭さんの母親をめぐる金銭問題が報道されてからです。

小室圭の母親は贈与税を支払っていない?贈与税を脱税しているのか?

圭さんの母親である佳与さんは夫である敏勝さんを早くに亡くし、ケーキ屋さんで働きながら圭さんを女手一つで育てていましたが、共通の知り合いがきっかけでAさんと知り合った佳与さんは、ほどなくしてAさんと交際するようになります。

ふたりで旅行に出掛けたり、圭さんの進路の相談にも乗るなど家族同然の付き合いで、交際して数年後の2010年、ふたりは婚約することになります。

しかし、婚約してからの佳与さんは度々Aさんにお金を無心するようになったといいます。

圭さんが国際基督教大学に入学するための入学費がないということで、初年度にかかった入学金と年間授業料、さらに圭さんが留学するための留学費用200万円、当時通っていたアナウンススクール費用、小室家の生活費までAさんが工面するようになり、佳与さんがお金の話しかしなくなったことが原因でAさんの気持ちが冷め、婚約は解消となりました。

Aさんはこの400万円の返金を求めたが、「お金は贈与されたもので返す理由がない」と返金を拒否されたのです。

この金銭トラブルを掲載した週刊誌には、Aさんが400万円以上の金額を佳与さんに送金した通帳の写真が掲載されています。

本来であれば眞子さまと圭さんは2018年3月4日に一般の結納にあたる『納采の儀』、その8か月後の11月4日に帝国ホテルで結婚式を挙げられる予定でしたが、この報道以降、納采の儀を始めとするご結婚関係儀式が2020年に延期となると発表されました。

そんな中、新たな疑惑として佳与さんの脱税疑惑が報道されます。

今回Aさんが佳与さんに渡した400万円に対して、佳与さんは「贈与されたもの」と主張していますが、仮に佳与さんの主張する通り「贈与」だった場合は本来贈与税を支払わなければなりません。

しかし現在も返金をめぐってAさんとトラブルになっていることを考えると、贈与税は支払われていないことになります。

小室圭の母親は遺族年金を不正受給していたのか?

さらにもうひとつの疑惑が「不正受給」です。

佳代さんは現在も亡くなったご主人の遺族年金を受給していますが、夫との死別後に別の相手と一度でも内縁関係になった場合はその時点で遺族年金の受給資格は失われます。

仮に内縁関係を解消しても、受給資格が復活することはないのです。

そのことを知っていた佳与さんは、Aさんに対して「年金を受け取っているうちは内縁関係にはなれない」という内容のメールを送っています。

仮に佳与さんとAさんの内縁関係が事実であれば、佳与さんは「不正受給」とわかっていながら遺族年金を受け取っていたことになります。

不正受給は返金しなければならないのか?罰則は?どの程度の罪になる?

そもそも不正受給とはどういうものかというと、今回の「遺族年金」などの生活保護給付を資格がないにも関わらずに受給する、もしくは本来支給される金額より多額の給付を受けるという行為が該当します。

今回の「不正受給」が事実だった場合は、国が返還請求できる期間である5年間分支払われた金額を佳与さんは全額返金しなければなりません。

本来であれば受給できないものを虚偽の申告をして受給していたと判断されれば、「詐欺罪」と見なされ3年以下の懲役、または100万円以下の罰金が課せられます。

また、悪質と見なされた場合は「詐欺罪」による逮捕の可能性もあるそうです。

小室圭の母親に対するネットの声

小室圭の母親、不正時給で脱税疑惑?罰則は?刑罰?どの程度の罪に?まとめ

次から次へとトラブルが報じられる小室圭さん。
ここまでくると皇族の嫁ぎ先としては疑問符が出てきます。

女性皇族の嫁ぎ先として、家柄やお金の有無より品位のほうが大切かと思われます。

なぜなら、結婚される女性皇族には一時金という名目でお金が支払われ、その目的は一般の国民になった後も皇族だった者としての品位を保持していくためだそうで、品位がいかに大切であるという事がわかります。

小室圭さんとご結婚されて、圭さんのご家族が社会から非難されるようなことをすれば、嫁がれた元皇族の品位までも穢すことになってしまうかと思いますので、ご家族の品位も求められているといっても過言ではないでしょう。

余談となりますが、一説によると仮に眞子さまとご結婚となった場合の一時金は約1.25億円(税込)。

はたしてどうなるのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です