【スカーレット】ヒロインの相手役は松下洸平!シンガーソングライターで歌もうまい!

NHK連続テレビ小説「スカーレット」のヒロイン役を演じる戸田恵梨香さんの相手役・十代田八郎(そよだ はちろう)は松下洸平さんです。

あまり聞き慣れない俳優さんですが、今回大抜擢だそうです。

「スカーレット」では、ヒロイン喜美子が陶芸の会社に勤め始めてから知り合うという設定で、「どこか謎めいた青年」、「喜美子の人生に大きな影響を与える」となっています。

どんな関係なのか気になりますね。

最近の朝ドラパターンだと、ワンクッションおいて2人目と結婚となる場合が多いですが、さあ今回はどうなんでしょうか。

今回の記事では、松下洸平さんのプロフィールと過去の出演したドラマを見てみたいと思います。

スポンサーリンク

松下洸平(まつした こうへい)のプロフィール

松本洸平さんは1987年3月6日生まれの32歳、東京都出身。

身長は175㎝で体重は60㎏のA型です。

母親が画家で松下さんは幼いころから油絵を学んでいます。

中学ではダンスをし、高校では美術系の学校に通います。

親の影響もあったのでしょうが、あらゆる分野の芸術を経験しているところがすごいですね。

松下さんは高3の時に、映画「天使にラブソングを2」に感動して、歌手になろうと自分の方向性を決心します。

それまでは色んな芸術を経験していたので、どの方向に進むか決めかねていたのでしょうね。

その後、専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美(現在、尚美ミュージックカレッジ専門学校)ヴォーカル学科に入学して、作詞作曲を始めました。

スポンサーリンク

シンガーソングライター活動や出演ドラマについて

2008年からは絵を描きながら自作曲を歌うという、あまり知られていないカテゴリーに属する「ペインティング・シンガーソングライター」としてライブ活動を始め、芸名・洸平としてCDデビューします。

幼いころから油絵をやり、ダンスをやりといろんなことやって来たので、やはりこういう発想が浮かぶんでしょうね。

同年、ニッポン放送「THEラジオパーク2008 ㏌日比谷」のイメージソングに採用され、2009年にはBSフジの子供番組「Beポンキッキ」のエンディングに出演してオリジナル楽曲「おはよう おやすみ」が挿入歌として使用されています。

その後、2009年からはテレビ・舞台で俳優として活動をし始め、2010年には芸名を本名の松下洸平に戻して、俳優活動に専念するようになります。

テレビドラマでは多くのテレビドラマに出演しています。

  • もう一度君に、プロポーズ(2012年 TBS系列)
  • 家族の裏事情(2013年 フジテレビ系列)
  • トクボウ 警視庁特殊防犯課(2014年 日テレ系列)
  • 素敵な選TAXI(2014年 フジテレビ系列)

など

2018年の「サバイバルウェディング」では主人公の元婚約者の友人役を演じ、2019年1月夜9時からのフジテレビ開局60周年特別企画「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」では若き政治家役を演じています。

2019年の「ラジエーションハウス」では第3話で婚約者役として登場します。

ただ、これまでのテレビドラマはチョイ役が多かったのであまり目立たなかったのですが、今回のNHK朝ドラではヒロインの相手役ということですから大抜擢だと言えるでしょうね。

松下さんは舞台もこなしていて、2019年には「母と暮らせば」で読売演劇大賞 杉村春子賞・優秀男優賞を受賞し、同年「母と暮らせば」と「スリル・ミー」では文化庁芸術祭演劇部門の新人賞を受賞しています。

経歴を見て行くと、今回のテレビドラマでの主演級の大抜擢や舞台での各賞受賞など、一挙にこれまでの松下さんの下積みの努力が開花しているのを感じますね。

スポンサーリンク

まとめ

松下さんの「スカーレット」でのヒロインの相手役が具体的にどういう関係なのかは公開されていませんが、ヒロイン・喜美子は大阪に出て来て下宿する下宿屋の医学生役の坂田圭祐さんとまず、恋愛関係になるそうです。

このシーン、「ひよっこ」にも似たような場面がありましたが、結局格差恋愛ということで実現しませんでしたね。

松下さんが恋愛の2番目の相手になるのか、陶芸に関する良き友レベルなのか、今から楽しみです!

松下さんは今回初めての主演格ということもあり、どんな演技をするかも期待できますね。

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です