箱根駅伝2020 明治大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

今回は、箱根駅伝2020・明治大学のエントリー選手メンバーについてまとめてみました。

紫紺のタスキが伝統の明治大学。

シード権獲得に苦労しなかった印象でしたが、近年は箱根駅伝出場にも苦労する大会が続いています。

学生駅伝界トップクラスのエースを軸に、箱根駅伝2020で伝統校の復活に期待が集まります。

明治大学の箱根駅伝2019の結果、箱根駅伝2020の注目選手も紹介しています。

合わせてお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

箱根駅伝2020 明治大学エントリー選手メンバー一覧

さっそく、箱根駅伝2020・明治大学のエントリー選手メンバーを見ていきたいと思います。

その前に、明治大学の箱根駅伝での基本情報をおさらいしておきましょう。

  • 61回出場(2年連続)
  • 1907年創部
  • 優勝:7(往路5回・復路5回)
  • 練習拠点:東京都世田谷区
  • 監督:山本佑樹(2018年~)

箱根駅伝に出場する明治大学は、1920年の箱根駅伝・第1回大会から出場し、箱根駅伝2020で61回目の出場となる常連校の一つです。

箱根駅伝を含む三大駅伝の出雲駅伝では最高成績7位、全日本大学駅伝では最高成績2位となっています。

1907年創部で、箱根駅伝ではこれまで7回の優勝を誇ります。

最後の優勝は昭和24年に遡り、直近10年ではコンスタントにシード権を獲得する大会が続いていました。

しかし、2015年の総合4位以降は一桁順位はなく、2018年には連続出場も途絶えました。

明治大学を率いるのは、山本佑樹(やまもと ゆうき)監督です。

1977年生まれで、常葉学園橘高校から日本大学に進学し、箱根駅伝も経験されています。

実業団の旭化成で2006年に引退し、そのまま旭化成でコーチに転身しました。

2017年から明治大学のコーチになると、前任の西弘美監督(現・ゼネラルマネージャー)の後任として2018年4月に明治大学監督に就任しました。

伝統校・明治大学の復活のためにも、箱根駅伝2020ではシード権獲得を目指します。

エントリーメンバー

それでは、箱根駅伝2020・明治大学のエントリー選手メンバーを見ていきましょう。

  • 阿部弘輝(4年 学法石川)
  • 河村一輝(4年 大垣日大)
  • 三輪軌道(4年 愛知)
  • 小袖英人(3年 八戸学院構成)
  • 坂井大我(3年 札幌日大)
  • 酒井耀史(3年 須磨学園)
  • 長倉奨美(3年 宮崎日大)
  • 前田舜平(3年 倉敷)
  • 村上純大(3年 専大松戸)
  • 金橋佳佑(2年 札幌山の手)
  • 鈴木聖人(2年 水城)
  • 手嶋杏丞(2年 宮崎日大)
  • 櫛田佳希(1年 学法石川)
  • 加藤大誠(1年 鹿児島実)
  • 小沢大輝(1年 韮山)
  • 杉本龍陽(1年 札幌日大)

明治大学・山本佑樹監督は、箱根駅伝2020エントリー選手にこのようなメンバーを選びました。

メンバー構成を見ると、3年生を軸に経験豊富な4年生と勢いのある下級生を加えたような印象を受けます。

明治大学の箱根駅伝2020、シード権獲得はなるのでしょうか。

区間エントリーメンバー

29日、区間エントリーが発表されました。

明治大学の区間エントリーは以下となります。

変更は当日のレース開始1時間10分前まで(交代4名まで)となります。

変更があり次第、更新します。

1区:小袖英人(3年 八戸学院構成)
2区:加藤大誠(1年 鹿児島実)
3区:手嶋杏丞(2年 宮崎日大)
4区:金橋佳佑(2年 札幌山の手)
5区:鈴木聖人(2年 水城)

6区:前田舜平(3年 倉敷)
7区:阿部弘輝(4年 学法石川)
8区:櫛田佳希(1年 学法石川)
9区:村上純大(3年 専大松戸)
10区:河村一輝(4年 大垣日大)

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の結果や第96回大会の注目選手

箱根駅伝2020・明治大学のエントリー選手メンバーを見ました。

続いて、明治大学の箱根駅伝2019の結果を振り返りたいと思います。

明治大学・箱根駅伝2019結果

  • 総合順位:17位
  • 往路:11位
  • 復路:21位
  • 区間賞:なし
  • 総合記録:11時間16分42秒

明治大学の箱根駅伝2019の結果は、往路11位・復路21位の総合17位でした。

往路では3区・阿部選手(3年)が区間2位、4区・三輪選手(3年)が区間7位になるなど気を吐きますが、他の区間で粘れず往路11位となりました。

復路では、6区・前田選手(2年)が区間8位、9区・村上選手(2年)が区間10位と粘り強い走りを見せました。

しかし、往路以上に他の区間で順位を落とし復路21位、総合17位でシード権獲得には惜しくも届きませんでした。

3年生や2年生に一桁順位で走る選手が4人もいたことは、大きな収穫ではないでしょうか。

しかしながら、他の区間とのギャップが大きく、彼らの好走をうまく活かせなかったことが悔やまれます。

三大駅伝の出雲駅伝2019には不出場ですが、全日本大学駅伝2019では15位となっています。

また、箱根駅伝2020予選会は4位となり、見事本大会進出を決めました。

明治大学・箱根駅伝2020注目選手

次は、気になる明治大学の箱根駅伝2020注目選手を紹介します。

  • コンディションに不安を残す絶対的エース
  • 3年生の主力は流れを作れるか
  • 予選会でブレイクした2年生

前半は、4年生から2名、3年生から1名を紹介します。

①阿部弘輝選手(4年)

明治大学の絶対的エースは、阿部弘輝(あべ ひろき)選手です。

福島県須賀川市出身で、学法石川高校から明治大学に進学しました。

明治大学では主将であり、大エースでもあります。

10000mの自己ベストは27分台で、これは明治大学でトップなだけでなく、学生駅伝界でもトップクラスの記録です。

箱根駅伝には過去2回出場しており、2017年は4区で13位、2019年は3区で2位となりました。

阿部弘輝選手は明治大学のシード権獲得には不可欠な存在ですが、箱根駅伝2020には不安も残しています。

ケガのため夏合宿から離脱すると、コンディションが戻らないためか、箱根駅伝2020予選会と全日本大学駅伝2019の両大会を欠場しました。

しかし、先日発表された箱根駅伝2020エントリー選手メンバーには登録されています。

②河村一輝選手(4年)

4年生では、河村一輝(かわむら かずき)選手にも注目です。

岐阜県池田町生まれで、大垣日大高校を卒業されています。

箱根駅伝の出場はまだありませんが、箱根駅伝2019では補欠選手でした。

2019年は主力に離脱者が出る中、予選会と全日本大学駅伝で起用され下級生を引っ張っています。

箱根駅伝2020での出場の可能性が高くなってきているので、ぜひ4年間の思いを走りにぶつけてほしいものです。

③小袖英人選手(3年)

3年生の主力には、小袖英人(こそで ひでと)選手がいます。

岩手県久慈市出身で、八戸学院光星高校から明治大学に入学しました。

”イケメン選手”としても注目されている小袖英人選手ですが、10000mのタイムは28分台中盤とエントリー選手の中で2位の実力者です。

初出場となった箱根駅伝2019では、7区18位と悔しい結果でした。

今シーズンは、全日本大学駅伝2019で1区を走り5位の快走を見せています。

また、箱根駅伝2020予選会にも出場しており、明治大学には欠かせない主力選手となっています。

後半は、2年生から2名、1年生から1名を紹介します。

④鈴木聖人選手(2年)

2年生の鈴木聖人(すずき きよと)選手は、茨城県日立市に生まれました。

水城高校から明治大学に入学すると、1年生時から箱根駅伝2019に出場します。

箱根駅伝2019では、1区・13位と重要な区間で力強い走りを見せました。

2019年は箱根駅伝2020予選会に出場した他、全日本大学駅伝2019では7区・5位となっています。

5000mでは明治大学7人目の13分台を出した、スピードが持ち味のランナーです。

また、鈴木聖人選手の兄・鈴木正樹選手(東京国際大学・4年)も駅伝ランナーです。

2学年離れており、水城高校時代には一緒に大会に出場したこともありました。

⑤手嶋杏丞選手(2年)

箱根駅伝2020でブレイクした2年生が、手嶋杏丞(てしま きょうすけ)選手です。

宮崎県小林市出身で、宮崎日大高校から明治大学に進学しました。

全日本大学駅伝2019では、2区で16位でした。

箱根駅伝2020予選会では、2年生ながらチームトップの1時間3分台でゴールし、頭角を現します。

今シーズン後半にセンセーショナルに現れたことから、駅伝ファンの中でも急速に注目を集めている選手です。

⑥櫛田佳希選手(1年)

1年生の注目選手は、櫛田佳希(くしだ よしき)選手です。

福島県生まれで、学法石川高校から明治大学に入学しました。

学法石川高校時代には、全国高校駅伝で同校歴代最高の3位になったことで話題になりました。

櫛田佳希選手は堅実に努力を積み重ねることができ、それが彼の大きな強みになっています。

箱根駅伝2020予選会では、主力に欠場者のいる中で、手嶋選手(2年)に次ぐチーム2位の記録でした。

10000mの自己ベストは29分台ですが、28分台を出したいと、向上心は尽きません。

箱根駅伝2020で1年生から選ばれるとすれば、櫛田佳希選手が最も可能性が高いものと思われます。

以上、今回は箱根駅伝2020・明治大学のエントリー選手メンバー、箱根駅伝2019の結果と注目選手について紹介させていただきました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 明治大学は61回出場、優勝7回を誇る箱根駅伝伝統校の一つ
  • 近年はシード権を獲得できない大会が続いている
  • 箱根駅伝2019の結果は、往路11位・復路21位の総合17位
  • 箱根駅伝2020での目標はシード権獲得(10位以内)
  • 絶対的エース・阿部弘輝選手(4年)のコンディションに不安が残る
  • 注目選手は4年生の阿部弘輝選手と河村一輝選手、3年生の小袖英人選手
  • 2年生の鈴木聖人選手と手嶋杏丞選手、1年生の櫛田佳希選手にも要注目

箱根駅伝2020 関東学生連合エントリー選手メンバーまとめ!第95回大会2019の結果も

2019年12月23日

箱根駅伝2020 中央大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会10位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 早稲田大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会9位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 日本大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会7位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 国士舘大学エントリー選手メンバーまとめ!2019大会や予選会8位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 筑波大学エントリー選手メンバーまとめ!予選会6位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 創価大学エントリー選手メンバーまとめ!過去大会や予選会5位の結果も

2019年12月22日

箱根駅伝2020 明治大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月19日

箱根駅伝2020 日本体育大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月19日

箱根駅伝2020 東京国際大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月18日

箱根駅伝2020 神奈川大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月17日

箱根駅伝2020 中央学院大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月15日

箱根駅伝2020 拓殖大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月13日

箱根駅伝2020 順天堂大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月12日

箱根駅伝2020 國學院大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月12日

箱根駅伝2020 法政大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月9日

箱根駅伝2020 帝京大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月9日

箱根駅伝2020 駒澤大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月8日

箱根駅伝2020 東洋大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月5日

箱根駅伝2020 東海大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

2019年12月4日

箱根駅伝2020 青山学院大学(青学)駅伝部メンバーまとめ!三大駅伝成績や注目選手も

2019年11月3日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA