錦織圭親の職業は?お金持ち?13歳でアメリカ留学できた秘密

10年前にここまでの怪物がアジアテニス界から生まれるとは誰が想像していたでしょうか?
マイアミのマスターズでベスト4入り、バルセロナのATP500では優勝、その後も好成績を収め続け世界ランキングでは9位にランクイン。
アジア人では初となるグランドスラム準優勝を果たし、現在もATPランキング9位で活躍する錦織圭選手。
この凄さ、テニス経験者なら分かるはずです。と言うのも、実際この選手の経歴はアジアという枠組みをはるかに超えるから。

テニス界ではBIG4と呼ばれピラミッドの頂点に君臨するロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・マレー。
錦織選手は2014年、このBIG4の一角ジョコビッチ(当時世界ランク1位)を下し、グランドスラム決勝進出を果たすと同時に、BIG4の全盛期に終止符を打ったのです!
今回はこの世界的プレーヤーの生い立ちと強さの秘密を探っていきます。

錦織圭選手の親や職業、家族構成について

まずは家族構成を見ていきましょう。
父・清志さんは元土木事業のエンジニアで、現在は自営業をされているそうです。
母・恵理さんは主婦の傍ら、ピアノの先生をしているとのことです。
二人とも一見スポーツとはかけ離れていそうなご夫妻ですが、共通の趣味がテニスだったみたいです。

そして唯一の兄妹が4つ上の姉・玲奈さん。
過去テレビに出演したこともあり美人だと噂になりました。
お姉さんも高校時代にテニスでインターハイに出場するなど、運動神経の良さは御墨付。

こうやって見てみると、家族全員テニスをやっているんですよね。
ですから弟の錦織圭選手がテニスを始めたのは自然な流れだったのではないでしょうか。
4つ上のお姉さまのインターハイ出場も普通に考えたら凄いことです。
しかもスポーツに共通して言えることは、レベルが上がれば上がるほど頭が良さが求められるということ。
高度な戦術理解や瞬時の判断力、そして心理戦でも相手を上回らなければなりません。
きっと全員、少なくとも地頭が良いのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

気になる錦織家の教育方針は?

自分の子供をプロスポーツ選手に育てたいと願う親は非常に多いのではないでしょうか。
私も、自分の子供がプロ野球選手になって世界で活躍するなんて日がくれば、なんて考えることもあります。
ですから、錦織家のような成功事例から学べるものがないか見ていきましょう!

父・清志さんの教育方針の基盤は『子供には好きなことをやらせる』、『子供が興味を持ったときは徹底的にサポートする』だったそうです。
つまり、自主的にやらせるということですね。
確かに子供の頃は、水泳やスポーツの習い事も嫌々行くなんてよく聞く話ですよね。
でも、子供のときこそスポーツそのものを楽しいと子供が感じることが大事なのかもしれません。

錦織選手はインタビューでも、「実家の島根でやっていた頃から、父は毎日送り迎えをしてくれて、ひたすら球出しもしてくれていました。母は、家の中でのサポート、例えば食事を作ってくれたり、勉強を手伝ってくれたり、テニス以外のことで支えてもらっていました」と振り返っています。
13歳のときにアメリカへテニス留学をするまでは、栄養管理のためにしっかりと献立を立てて、毎日食事を作ってくれていたとも話しています。
このことからも、子供がやりたいことを精一杯サポートするという一貫した教育方針が窺えますね!

また、13歳にアメリカ留学をした経験から、「実家が超お金持ちなのでは?」という噂も広まっているみたいですが、錦織家はごく普通の一般家庭です。
いろいろ調べてみますと、海外の中でもアメリカへの留学はケタ違いに高いみたいです。
大学生が交換留学でカナダやオーストラリア、ドイツなどへ渡航する金額の倍はかかるのではないでしょうか・・・。

ですが、そんな彼のテニス人生の転機の一つなった留学をサポートしたのは、盛田正明氏です。
盛田氏はソニーの創業者・盛田昭夫氏の実弟で、日本テニス協会元会長でもあります。
そんな盛田が設立した盛田正明テニス・ファンドが錦織圭選手のアメリカ留学を全面的に支援し、渡米が叶ったというわけです。

スポンサーリンク

世界レベルのアスリートを生み出す秘訣

ここまでの内容をまとめると、いくつかの大きなポイントがあると思います。
やはり幼少期からの親の教育が大きな役割を担っていることは間違いありません。
プロの指導者に任せて、親がテニスには口出しせず、ひたすらサポートに徹するというのが大きかったのでしょう。
親から怒られることがなかった分、自分で考える機会が増えたと錦織選手も話しています。

その他にも、松岡修造さんが認めるほどの負けず嫌いという性格。
他の選手と比較しても分かりやすいほど特別扱いされていたみたいですからね。
そして松岡さんや盛田さんなど、きちんとした人の目に留まる。
いろんな人がサポートを受けられるというのも才能だと思います。
シャラポワをも輩出した超名門IMGアカデミー・ボロテリーでさらに自分を追い込み世界に通用する選手に成長した錦織圭選手。

今後の彼の活躍を願うと同時に、彼を超える日本人選手が誕生することに期待しましょう!

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です