【ノーサイドゲーム】ラグビー場やトキワ自動車府中工場のロケ地はどこ?画像

7月7日からスタートする、日曜劇場『ノーサイドゲーム』(TBS系列21:00~)が1週間後に迫ってきました。

大ヒット作を次々に連発する作家・池井戸潤さんの原作とあって、高い注目を集めています。

主演は大泉洋さんが務め、脇を固める俳優陣も、松たか子さん、上川隆也さんら豪華キャストが揃いました。

今回は、トキワ自動車府中工場やラグビー場といった『ノーサイドゲーム』のロケ地を、現在分かっている範囲で紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【ノーサイドゲーム】ラグビー場やトキワ自動車府中工場のロケ地はどこ?画像

①ラグビー場

府中市東芝ラグビー場

『ノーサイドゲーム』のあらすじでは、大泉さん演じる主人公の君嶋隼人の赴任先が「トキワ自動車」の府中工場となっています。

君嶋隼人は幹部候補生の出世頭でしたが、上司との対立で府中工場に左遷され、さらにラグビーチームの運営を任されてしまうのです。

この府中市ですが、『ノーサイドゲーム』が放送される「日曜劇場」のスポンサー、東芝の所有する東芝ラグビー場があることでも知られています。

府中市公式ページでも、東芝ラグビー場が撮影場所になると発表されました。

府中市全体で”ラグビーのまち”とアピールもしています。

『ノーサイドゲーム』では府中を中心に物語が展開され、必然的にロケ地も多いようです。

住所:東京都府中市東芝町1

アクセス:

  • JR北府中駅から徒歩3分
  • 京王線府中駅から京王バス
  • JR国立駅から京王バス

スポンサーリンク

熊谷市ラグビー場

熊谷スポーツ文化公園内にある、「熊谷市ラグビー場」も『ノーサイドゲーム』のロケ地に選ばれています。

こちらでは、観客役のエキストラを4000人も募集するという大規模な撮影が行われたようです。

観客ということなので、きっとラグビーの試合の撮影かもしれませんね。

今後も機会があれば、エキストラとして参加できるかもしれません。

「熊谷市ラグビー場」の撮影には、もちろん主演の大泉洋さんもいたようです。

住所:埼玉県熊谷市上川上810

スポンサーリンク

②トキワ自動車 本社

本社オフィスビル外観


トキワ自動車本社のオフィスビルの外観の撮影場所は、東京・丸の内の皇居外苑前にある丸の内二重橋ビルになります。

住所:東京都千代田区丸の内3-2-3

本社オフィスビル・1F受付ロビー

トキワ自動車本社のオフィスビル1F受付ロビーの撮影場所は東京(大手町)にある大手町パークビルディングになります。

住所:東京都千代田区大手町1-1-1

スポンサーリンク

③トキワ自動車 府中工場

トキワ自動車府中工場


主人公の君嶋隼人(大泉洋)が左遷で配属になった「トキワ自動車」府中工場のロケ地は東京都府中市にある(株)東芝 府中事業所となります。

住所:東京都府中市東芝町1

トキワ自動車府中工場の体育館

第1話で君嶋隼人(大泉洋)がアストロズに歓迎されたトキワ自動車府中工場の体育館は鴻巣市立総合体育館です。

鴻巣市立総合体育館
住所:埼玉県鴻巣市鴻巣864-1

スポンサーリンク

④三宝食堂

先月末、『ノーサイドゲーム』のホームタウン府中市にある「三宝食堂」では、女優・尾野真千子さんの目撃情報がありました。

こちらの三宝食堂は昔懐かしい街の食堂といった雰囲気で、ドラマの雰囲気にもとても合ってそうな感じです。

昭和な食堂好きの人からは知られたお店のようで、ドラマに関係なく足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに「のだめカンタービレ」や「HERO」、「SUITS(スーツ)」などドラマのロケ地としてもよく使われる、おなじみの「三宝食堂」です!

住所:東京都府中市緑町3-17-7

☎042-362-5404

スポンサーリンク

⑤神戸のどこか(神戸市御崎公園球技場?)

『ノーサイドゲーム』のロケ地は東京だけではないようです。

検索すると神戸がヒットしますが、具体的な撮影場所やエキストラの募集といった情報はありません。

神戸には、2019ラグビーワールドカップの会場の一つ「神戸市御崎公園球技場(ノエビアスタジアム神戸)」があります。

でも、それだけで神戸が選ばれたのでしょうか?

調べてみると、意外な事実が分かりました。

実は、神戸市には”日本ラグビーの父”「E・B・クラーク」さんのお墓があるのです。

「E・B・クラーク」さんはイギリス人の両親の元に横浜で生まれた方で、ケンブリッジ大学に留学後、慶應義塾大学で英語講師をしながらラグビーを日本に伝えた方です。

その”日本ラグビーの父”に敬意を表して、神戸がロケ地に選ばれたのではないかと推測しました。

スポンサーリンク

⑥丸の内仲通り


最後は、東京都千代田区の丸の内にある仲通りです。

予告では、大泉洋さんが人込みの中を一人流れとは反対に歩いてくるというシーンですが、この撮影は休日の早朝に行われたそうです。

休日の丸の内に300名ほどのエキストラが集まり、朝のラッシュアワーのような様子が演出されています。

丸の内でお勤めの方は、予告を見て「ここ!いつものあそこ!」と思わず言ってしまうでしょうね。

以上、今回はTBS日曜劇場『ノーサイドゲーム』のロケ地や撮影場所について紹介させていただきました。

スポンサーリンク

まとめ

①府中市東芝ラグビー場

  • 『ノーサイドゲーム』のスポンサー東芝のラグビー場
  • 主人公が赴任する府中工場があることから、周辺にはロケ地が多い

②熊谷市ラグビー場

  • 観客役のエキストラが4000名集められる大規模な撮影が行われた

③トキワ自動車(本社・府中工場)

  • 詳しい情報はなし

④三宝食堂

  • 東京都府中市にある昔懐かしい食堂
  • 先月末には尾野真千子さんの目撃情報あり

⑤神戸

  • 『ノーサイドゲーム』+ロケ地で検索すると神戸が出てくるが、具体的な情報はない
  • 神戸には”日本ラグビーの父”「E・B・クラーク」さんのお墓がある

⑥丸の内仲通り

  • 予告動画で人込みを大泉洋さんが歩いているシーン
  • 休日の早朝に300名のエキストラを集め撮影された

さぁ、どんな熱いドラマになっているのか、今から番組の放送を楽しみに待ちましょう!

今後、新たなロケ地情報が入り次第、追記します。

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノーサイド・ゲーム [ 池井戸 潤 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/7/22時点)

関連記事

 

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です