ラグビーワールドカップ日本代表トップリーグ所属チーム一覧まとめ!

今回は、ラグビートップリーグとラグビーワールドカップ日本代表選手の所属チームについてまとめてみました。

ラグビーワールドカップ2019は日本代表の活躍もあり、日本中が盛り上がりましたね。

中には、もっとラグビーを見たい!

と熱が冷めない方もおられるでしょう。

そんな皆さんにおすすめなのが、トップリーグです。

日本では、トップリーグでハイレベルなラグビーが観戦できます。

あの日本代表選手たちが、今度は別々のチームに分かれてプレーするのです。

ぜひ、トップリーグ観戦の参考にもしてみて下さい。

スポンサーリンク

ジャパンラグビートップリーグ

ラグビートップリーグ

日本には、ラグビートップリーグという国内リーグがあります。

これは、15人制の社会人ラグビーの全国リーグです。

ジャパントップリーグ2020シーズンは、2020年1月12日(日)に開幕します。

各地で開幕戦が予定されており、チケットの売れ行きも好調なようです。

ラグビーワールドカップ2019でラグビーにハマってしまったという皆さんのため、さらに詳しくトップリーグについて見ていきましょう。

ジャパントップリーグとは?

  • 社会人ラグビーの全国リーグ
  • 16チームによるリーグ戦が行われる(総当たりで勝ち点を競う)
  • リーグ戦の上位4チームによるトーナメント方式のプレーオフで優勝を決める
  • トップリーグは日本国内で最高峰のリーグ
  • 2003-2004シーズンから始まった
  • 東芝ブレイブルーパスが5回で最多優勝
  • 実質2部のトップチャレンジリーグがあり、その下のカテゴリーに地域リーグがある
  • トップリーグの下位チームは、トップチャレンジリーグ(2部)の上位チームと入れ替え戦を行う

ジャパントップリーグは、全16チームによる1回総当たりのリーグ戦です。

勝ち点で順位を決め、上位4チームがトーナメント方式のプレーオフを行い優勝チームを決めます。

カテゴリー選別の基準になるジャパントップリーグ
  1. ジャパントップリーグ
  2. トップチャレンジリーグ
  3. 地域リーグ

このように、ラグビーの国内リーグもサッカーのように1部リーグ2部リーグとカテゴリー分けされています。

トップリーグにもサッカーのように入れ替えがあり、下位チームはトップチャレンジリーグ(2部)の上位チームと入れ替え戦を行わなければいけません。

リーグ戦に加え、カップ戦や日本選手権といった大会もあり、こちらもラグビーファン間でとても盛り上がります。

トップリーグ2019-2020シーズンは、ラグビーワールドカップ2019のスケジュールに合わせたため、少々例年とはイレギュラーとなっています。

トップリーグは、2003-2004シーズンからスタートしました。

日本ラグビーのさらなる発展を目指し、各地域の強豪社会人チームが参加した日本最高峰のラグビーリーグです。

トップリーグは、プロ野球やサッカーJリーグのようなプロチームではなく、”社会人チーム”で構成されています。

選手の中には、個人としてチームとプロ契約を結んでいるプロ選手もいます。

同時に、チームを所有する企業の社員としてプレーしている選手も多くいるのです。

外国人選手の多くはプロ選手で、外国人選手の登録人数に制限はありません。

しかし、1試合で起用できる人数は制限されています。

もちろん、日本に帰化している選手はこれには含まれません。

プロ選手と社員選手が混在しており、そのほとんどが大学ラグビーの経験者です。

しかし、近年では高校からプロ契約で入団する選手も出てきており、トップリーグにも変化が起きています。

最多優勝は東芝ブレイブルーパスの5回です。

これにパナソニック ワイルドナイツとサントリーサンゴリアスが4回で続いています。

さて、2020年はどこが優勝するのでしょうか。

ラグビー・ジャパントップリーグは2020年1月12日(日)より開幕し、ラグビー日本代表選手が今度は別々のチームで対戦します。

ワールドカップの熱狂そのままに、ぜひトップリーグにも足を運ばれてはいかがでしょうか。

2019-2020シーズンチーム一覧

  1. NECグリーンロケッツ
  2. NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
  3. NTTドコモレッドハリケーンズ
  4. キャノンイーグルス
  5. クボタスピアーズ
  6. 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
  7. サントリーサンゴリアス
  8. 東芝ブレイブルーパス
  9. トヨタ自動車ヴェルブリッツ
  10. パナソニック ワイルドナイツ
  11. 日野レッドドルフィンズ
  12. Honda HEAT
  13. 三菱重工相模原ダイナボアーズ
  14. 宗像サニックスブルース
  15. ヤマハ発動機ジュビロ
  16. リコーブラックラムズ

スポンサーリンク

W杯2019日本代表31名の所属チーム一覧

ジャパントップリーグ

続いては、ラグビーワールドカップ2019日本代表選手の所属チームについてまとめてみました。

お気に入りの選手は、どこでプレーしているのでしょうか?

トップリーグ観戦の参考にもしてみて下さい。

パナソニック ワイルドナイツ

  • 稲垣啓太
  • ヴァル・アサエリ愛
  • 堀江翔太
  • 坂手淳史
  • 松田力也
  • 福岡堅樹

東芝ブレイブルーパス

  • リーチ・マイケル
  • 徳永祥尭

NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス

  • アマナキ・レレィ・マフィ

トヨタ自動車ヴェルブリッツ

  • 木津悠輔
  • 姫野和樹
  • 茂野海人

サントリーサンゴリアス

  • 北出卓也
  • ツイ・ヘンドリック
  • 流大
  • 中村亮土
  • 松島幸太朗

クボタスピアーズ

  • ピーター・ラブスカフニ

スポンサーリンク

ヤマハ発動機ジュビロ

  • ヘル・ウヴェ

Honda HEAT

  • 具 智元
  • レメキ・ロマノ・ラヴァ

宗像サニックスブルース

  • ジェームス・ムーア

キャノンイーグルス

  • 田中史朗
  • 田村優

NTTドコモレッドハリケーンズ

  • ヴィンピー・ファンデルヴァルト

神戸製鋼コベルコスティーラーズ

  • 中島イシレリ
  • ラファエレ・ティモシー
  • 山中亮平
  • アタアタ・モエアキオラ

トップチャレンジリーグ

近鉄ライナーズ

  • トンプソン・ルーク

コカ・コーラレッドスパークス

  • ウィリアム・トゥポウ

以上、今回はラグビーワールドカップ日本代表のトップリーグ所属チームについてまとめました。

スポンサーリンク

まとめ

  • トップリーグは日本最高峰の社会人ラグビーリーグ
  • 16チームによる総当たりのリーグ戦
  • 勝ち点で上位4チームがプレーオフを行い優勝を決める
  • 日本ラグビーのさらなる発展のため2003-2004シーズンからスタート
  • 実質2部のトップチャレンジリーグもある
  • トップリーグの下位チームはトップチャレンジリーグ(2部)と入れ替え戦を行う
  • 最多優勝は東芝ブレイブルーパスの5回
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA