2019年最新!ラグビースコットランド代表の注目選手は2人!プロフィールまとめ

今回は、ラグビースコットランド代表の注目選手2名を紹介したいと思います。

先日のサモア戦に勝利し、グループリーグ3連勝となったラグビー日本代表。

選手たちの素晴らしいパフォーマンスに、多くのファンが興奮しましたね。

その日本代表が初の決勝トーナメント進出をかけて戦うのが、難敵スコットランド代表です。

スコットランド代表も同じく決勝トーナメント進出を目指しており、白熱した試合が予想されます。

そこで、スコットランド代表からスチュアート・ホッグ選手とクレイグ・レイドロー選手の2人に注目してみました。

スポンサーリンク

ラグビーW杯2019スコットランド代表注目選手について

快進撃を続けるラグビー日本代表の前に立ちはだかるのは、強敵スコットランド代表です。

中でも欧州最高のFBと評価されるスチュアート・ホッグ選手と、頭脳プレーが光る司令塔のクレイグ・レイドロー選手は要注意の中心選手です。

スチュアート・ホッグ選手

  • 名前:スチュアート・ホッグ(Stuart Hogg)
  • 生年月日:1992年6月24日(現在27歳)
  • 出身:スコットランド・メルローズ
  • 身長:183cm
  • 体重:93kg
  • ポジション:FB(フルバック)
  • 所属チーム:グラスゴー・ウォリアーズ

 

ラグビースコットランド代表のスチュアート・ホッグ選手は、グラスゴー・ウォリアーズに所属する27歳のラグビー選手です。

FBとして、世界最高レベルにある選手の一人です。

攻撃では、鋭いステップワークで狭いスペースを突破することができます。

守備では、相手が進むコースを察知して効率よくタックルすることに優れています。

ボールを持たせても一流、また守備では相手の攻撃の芽を摘むことができる、攻守両面で優れた選手です。

ポーターズカレッジのラグビーコースを修了したスチュアート・ホッグ選手は、19歳でプロとなりスコットランド代表にも選ばれています。

ラグビー国際主要大会の一つであるシックスネーションズでは、2016年と2017年に最優秀選手に選ばれました。

19歳から9年間に渡り、グラスゴー・ウォリアーズでプレーしています。

しかし、2018年にイングランドのエクセター・チーフスへの加入が発表されました。

エクセター・チーフスとは2年契約で、現在行われているワールドカップの終了後に正式加入が予定されています。

推定年俸はおよそ7,400万円ということです。

日本代表としては、攻撃でのミスをスチュアート・ホッグ選手に拾われることに注意しなければなりません。

スチュアート・ホッグ選手が拾ってしまえば、すぐさまカウンターアタックに転じ、日本サイドに深く攻め入ってくることでしょう。

スチュアート・ホッグ選手のプレー動画はこちら!

グレイグ・レイドロー選手

  • 名前:グレイグ・レイドロー(Greig Laidlaw)
  • 生年月日:1985年10月12日(現在33歳)
  • 出身:スコットランド・ジェドバラ
  • 身長:175cm
  • 体重:80kg
  • ポジション:SH(スクラムハーフ)
  • 所属チーム:クレルモン・オーヴェルニュ(フランス)

 

ラグビースコットランド代表のもう一人の注目選手は、”ジャパン・キラー”としても知られるグレイグ・レイドロー選手です。

2015年のワールドカップや2016年での日本戦で素晴らしいパフォーマンスをしたことから、日本にとっては”ジャパン・キラー”となり苦手にしています。

グレイグ・レイドロー選手は、SHという司令塔の選手です。

派手さはないものの非常にクレバーで、淡々と役割を果たしていくタイプです。

キックの精度も非常に高く、ケガをして調子が悪くても全て決めてしまうほどです。

2007年から、スコットランドのエディンバラというチームでキャリアをスタートさせました。

その後2014年にグロスターに移籍し、現在はフランスのクレルモン・オーヴェルニュでプレーしています。

グレイグ・レイドロー選手は、3歳でラグビーをはじめ、10代から各年代のスコットランド代表に選出されてきたエリート選手でもあります。

それもそのはず、父と叔父もラグビー選手だったのです。

父デヴィッド・レイドローは現役時代、同じSHだったそうです。

より有名なのは叔父のロイ・レイドローで、1980年代に活躍したスコットランド代表SHでした。

グレイグ・レイドロー選手は、ヨーロッパ屈指のSHと評価されています。

彼を自由にプレーさせれば日本にとって大きな脅威となるでしょう。

グレイグ・レイドロー選手のプレー動画はこちら!

以上、今回はラグビースコットランド代表の注目2選手を紹介しました。

スポンサーリンク

まとめ

スチュアート・ホッグ選手

  • 世界最高のFBの一人
  • 攻守両面でチームに貢献できるスコットランド代表の中心選手
  • スチュアート・ホッグ選手のカウンターアタックに警戒が必要

グレイグ・レイドロー選手

  • ヨーロッパ最高のSHの一人
  • クレバーな司令塔で、キックの精度がとても高い
  • 叔父はスコットランド代表SHで、父も現役時代はSHだった
  • ”ジャパン・キラー”で、日本が苦手としている選手でもある
関連記事

 

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です