クレイジージャーニーアリマスターの島田拓が南米アマゾンへ!

4月10日の『クレイジージャーニー』は、”アリマスター”の島田拓さんがゲストでした。

希少種のアリを求めて向かうのは、南米のアマゾンです。
アマゾンと聞くと、巨大で凶暴な生物がたくさんいるイメージがありますよね。

今回、『クレイジージャーニー』の取材班は、島田さんのアリハント旅に同行しました。
目的地は、南米北東部に位置する、フランス領ギアナです。
日本からは、飛行機を乗り継いで28時間かかる場所にあります。

フランス領ギアナは、南米のアマゾン地帯にあり、人口はおよそ25万人ほどです。
その面積は北海道と同じくらいですが、90%は熱帯雨林で覆われています。

多種多様な動植物が生息しているのですが、特にアリなどの昆虫類は10万種以上が生息していると言われています。

今回の旅で島田さんが狙うのは、「グンタイアリの行列」と「アントガーデン」と呼ばれるアリの巣です。

「グンタイアリ」は、100万匹を超えるコロニーを作り、狩りをして生活するアリです。
獲物は、カエル、ヘビ、トカゲなどの爬虫類の他に、サソリやタランチュラなどの毒を持つ危険な生物も含まれます。

獲物の多くは、自らの体よりも大きなものばかりで、”ジャイアントキリング”が日常なのです。

集団で獲物に襲い掛かりますが、襲われた方は最初は払いのけようとします。
しかし、次第にアリの数が増え、獲物の体を覆っていき、獲物の動きは止まり…、やめましょう。

もう一つの目的である「アントガーデン」は、木の上に作られたアリの巣です。

”アリの庭”の名にふさわしく、おがくずで作られた巣には、植物の種が植えられ、植物が育てられます。
島田さんは、この「アントガーデン」の中を見てみたいそうです。

さて、目的を果たすことがとはできたのでしょうか。

どのような旅になったのか見ていきましょう。

『クレイジージャーニー』での番組放送内容は?

”アリマスター島田拓が南米アマゾンでレア種をハント”となっていました。
放送され番組内容を紹介します!

関連サイト

アリハントの舞台へ 2種類のアリに遭遇 そして大きな…

一行は、車に乗り込み、今回のアリハントの舞台となるルラという村に向かいました。

意外と早くロッジに到着しましたが、”アマゾン感”に溢れています。
さっそくハントへ向かうのですが、島田さんはお馴染みの格好で登場しました。
吸虫管という、虫をお吸い取るための装置も用意されています。
島田さん、”吸虫管”、予測変換で出ません。

今回の目的は、「グンタイアリの行列」と「アリガーデン」を見つけることです。
島田さん、ジャングルの中を探し始めます。
上へ下へ、さらに石の裏を見たりと大忙しです。

すると、何か見つけました。
見つけたアリは、メダマハネアリでした。
このアリは、カマキリのような逆三角形の顔と大きな目をしています。
南米でも生息数は少ない、比較的珍しいもので、カクカクした特徴的な動き方をします。

もっと特徴的なのは、このアリはバッタのようにジャンプするのです。
葉っぱのような障害物があると、ピョンと飛び越えます。

テングシロアリという、シロアリの仲間にも遭遇しました。
『ドラゴンクエスト』のスライムのように、頭が尖っているのが特徴です。土の中にトンネルを掘って森の中を行き来しているそうです。

ジャングルに入って、わずか30分ほどで、アマゾンらしい2種類のアリに遭遇しました。

しかし、もっと驚きのものが目の前に…。
ああ、大きい…。あああ!

出ましたね。
ブラベラスという南米のゴキブリです。
サイズですが、10cm~11cmはありそうです。
やり過ぎですよね。
そんなに大きくなくてもいいのに。

さらに驚きなのが、島田さんがこの巨大なゴキブリに憧れていたことです。
申し訳ないですが、意味が分かりません。
小学生の頃に、ゴキブリを飼っていたそうです。
やっぱり意味が分かりません。

この時、気づきました。
「そうだ、この人”クレイジー”なんだった。」

「野性の姿を見れて嬉しい」と、島田さんご満悦でした。ええ…。

あった!あった!アントガーデン!

あっけなく見つかった、「アントガーデン」でした。
木の上に作られた巣と聞いていたので、小さな鳥の巣くらいかと想像していましたが、これも大きいですねぇ。

蜂の巣のようで、中のアリは凶暴なのだそうです。

ああ、アリさんいっぱいいらっしゃいます。
よく見ると、少し大きなアリと、ものすごく小さなアリがいることが分かります。

この「アントガーデン」に住んでいるのは、大きい「オオアリ」と小さい「シリアゲアリ」、そして好蟻性生物です。
島田さんは、この好蟻性生物がいるのかを調べたいのだそうです。

すると島田さん、「アントガーデン」を揺らして、中にいるアリをかごに集め始めました。

あああああああああああ~!

視聴者の心の悲鳴が聞こえてきそうです。
「たくさんいるなぁ」の10倍くらいいますね。

とはいえ、このアリ達も凶暴なので、ディレクターは噛まれて痛そうでした。

さて好蟻性生物ですが、中を覗くと、そこにいたのはまたもやゴキブリでした。
先ほどよりは大きくないので、いくらかはましです。
アリとゴキブリが共生しているということが分かりました。

ジャングルを行くと なんだ!このカエル!

もう一つの目的である、「グンタイアリ」を探すため、再びジャングルの中を歩き始めました。

すると島田さん、何かを見つけたのか、突然ダッシュ。
いたのは、「キアシリクガメ」でした。
リクガメは泳げないカメです。

またもサイズは大きいのですが、なんだかかわいい見た目です。
ですが、島田さんから伝えられたのは衝撃の一言でした。
「食用にもなります」。

食べちゃうの~!

島田さんも、野生のリクガメを見るのは初めてだったそうで、興奮されていました。

続けてチェックしていくのですが、なかなか「グンタイアリ」は見つかりません。
気づけば、7時間が経過していました。

辺りを探していると、地面に1cmくらいの緑の葉っぱのかけらが、たくさん落ちていました。

これは、「ハキリアリ」が運んでいる葉っぱです。
「ハキリアリ」は、”農業するアリ”として知られています。
外から集めてきた葉っぱを肥料にして、キノコを育てます。

ジャングルの中の土の盛り上がった部分には、「ハキリアリ」が育てているキノコの「菌園」があるそうです。
”キノコ農場”ですね。

島田さんは、この「菌園」の中に好蟻性生物がいるのか確認したいそうです。

巣の周辺を掘り進めると、アリ達が出てきました。島田さん、痛そうにしています。
葉っぱをちぎって運ぶ「ハキリアリ」は、木の枝を切るほどアゴの力が強いのです。
噛まれた島田さん、手が血だらけで痛そうです。

好蟻性生物はいたのですが、またしてもゴキブリでした。「どこにでもおんな!自分!」
感動する島田さんと、ディレクターの温度差が面白いですね。

アリスアブがアリに口を突き刺して、体液を吸っています。
字面すごいですね。

今度は、オオヒキガエルに遭遇しました。
島田さん、オオヒキガエルを捕まえましたが、その時何かが出ました。

オオヒキガエルさん、尿放出されました。
結構な量ですよ、人間の量ですね。
オオヒキガエル、腹に水を貯めておいて、驚くとそれを出すそうです。

「ああ怖い怖い!オシッコしたろ!」、「ああビックリした!オシッコしたろ!」、なぜ?年配なんでしょうか。

グンタイアリを探しにナイトサファリ

あっという間に日が暮れてしまい、「グンタイアリ」探しは一時中断。
夕食はピザなのか、パイなのか。
それでは翌日とはならず、夜も探しに行くそうです。

ここで作戦が。
ライトトラップという罠を仕掛けることにしました。
白い布に光を当てて、虫をおびき寄せるという作戦です。
ベタと言えばベタですね。

さて、「グンタイアリ」はいるんでしょうか。

あれ?ハチでしょうか?そう見間違える虫が集まっていました。
いえ、それが「グンタイアリ」のオスだったのです。

お尻を曲げて、刺そうという仕草をしています。
長いアゴの顔が特徴的です。
悪そうですね~。

こうして「グンタイアリ」がいるということは、近くに巣があるということです。
辺りを探すと、行列を発見しました。

見つけたのは、「ナミグンタイアリ」でした。
しかも引っ越し中という、レアな状況に遭遇しました。

「ナミグンタイアリ」の働きアリは刺されても痛いだけですが、兵隊アリは毒を持っているため非常に危険だそうです。

偶然、行列の中に好蟻性生物の「ハネカクシ」を発見しました。
「ハネカクシ」は、「グンタイアリ」の行列でしか見つけられないそうで、とても貴重なんだそうです。

この後も、「ヤママユガ」や危険な「タガメ」などの珍しい虫に遭遇しました。
この日の採集はこれで終了となりました。

関連サイト

クレイジージャーニーアリマスターの島田拓が南米アマゾンへ!まとめ

島田さんは、南米アマゾンで「グンタイアリ」と「アントガーデン」を見つけることができました。

「アントガーデン」は蜂の巣ほどの大きさがある大きなもので、中には大きなアリと小さなアリ、そして好蟻性生物のゴキブリが共に暮らしていました。

見つけた「グンタイアリ」は「ナミグンタイアリ」でした。
行列は引っ越し中で、行列の中に好蟻性生物の「ハネカクシ」を偶然見つけることもできました。

「グンタイアリ」の兵隊アリは、毒を持っていてとても危険です。
島田さんは、毒を持ていない働きアリに噛まれ、嬉しそうに自撮りしていました。

スポンサーリンク

こちらもオススメ

×

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です