【消えた天才】桑田真澄が憧れたPL投手は誰?清水哲の壮絶人生とは?

5月26日に放送される『消えた天才』は、2時間30分のスペシャルです。

いくつかのテーマが予定されていますが、元プロ野球選手の桑田真澄さんが選ぶ天才に注目してみます。

桑田さんが選んだ「消えた天才」は、清水哲さんです。
桑田さんは、清水さんのピッチングを「キレとコントロールがすごかった」と手放しで称賛しています。

甲子園、巨人、メジャーと活躍された、桑田さんが「天才」と認める清水哲さんとはどのような人物で、その身にはいったいに何があったのでしょうか。

元巨人・桑田真澄が憧れた悲劇の天才投手はPL学園先輩の清水哲

  • 氏名:清水哲(しみず てつ)
  • 生年月日:1966年4月9日(現在53歳)
  • 出身:大阪府守口市
  • 経歴:守口市立八雲中学校icon-angle-double-right大阪府私立PL学園高等学校icon-angle-double-right同志社大学文学部(中退)

小さい頃から野球が好きだった清水哲さんは、早いうちからプロ野球選手になることを夢見ていました。

子供ながらにプロになるにはどうしたらいいか考え、それには甲子園に出なければいけないと気づいたそうです。

そんな清水さんに大きな影響を与えたのは、大阪の野球強豪校だったPL学園でした。

夏の甲子園を制したPL学園の戦いをTVで見た清水さんは、その最後まで諦めない、気迫のこもったプレーに感激したそうです。

自身の夢を叶えるためにも、清水さんはPL学園をまずは目指すことにしました。

中学時代から秀でた才能を見せていた清水さんは、ピッチャーとしてプレーしていました。

守口市立八雲高校ではエースとして活躍し、準硬式野球大阪府下大会ではチームの2年連続優勝に貢献しています。

清水さんが中学3年時、同じ大阪の八尾市立大正中学校2年生だったのが、元プロ野球選手の桑田真澄さんでした。

大阪大会で、八雲中学と大正中学は対戦し、清水さんのピッチングは桑田さんに強い印象を与えました。

また、桑田さんが大正中学時代にバッテリーを組んでいたのが、主に広島で活躍したキャッチャーの西山秀二さんなのですから、すごい人達が揃っていたんですね。

中学時代の活躍もあり、清水さんは希望通りにPL学園に進学しました。

清水さんが2年になると、中学時代に対戦した桑田さんが1年後輩として入学しました。

清水さんは、高校3年時に春と夏の甲子園に出場し、それぞれの大会で準優勝しました。

特に思い出に残っているのは夏の甲子園大会、茨城県代表・取手二高との決勝戦だそうで、清水さんは1点を追う9回裏に同点ホームランを打ちました。

それは、子供の頃に見た、「最後まで諦めない」PL学園の姿を自ら体現するという、夢がかなった瞬間でもあったのです。

高校卒業後は同志社大学に進み、野球を続けていました。

順調に思えた清水さんの道のりでしたが、ここで突如暗転してしまうことになります。

スポンサーリンク

元巨人・桑田真澄が憧れた悲劇のPL投手・清水哲の壮絶人生とは?

同志社大学に進んだ清水哲さんは、1年生の秋にはスタメンで試合に出るようになっていました。

事件が起こったのは、秋の関西学生リーグ公式戦です。

清水さんはこの試合に2番レフトでスタメン出場していました。

5回裏に、清水さんは2アウトからフォアボールを選んで出塁します。

次のバッターがカウント2-1の時、おそらくランエンドヒットのサインが出ていたのでしょう、清水さんは2塁に走り出しました。

ランエンドヒットのサインが出ている場合、バッターはスイングして、最低でもバットに当てることが必要とされています。(ランナーは盗塁を意図していないためアウトになりやすいから)

スタートを切った時、清水さんにはバッターが見送るのが見えました。

その時、「なぜ振らないんだ」と疑問に思いましたが、そのせいでスライディングのタイミングが遅れてしまいました。

清水さんは、頭からベースに突っ込むヘッドスライディングを選択しました。

相手の野手とぶつかったことは分かったそうですが、体を動かそうとした次の瞬間、清水さんは激痛を感じます。

体を動かすこともできないほどの痛みを感じ、担架で運ばれ、そのまま救急車で病院に搬送されました。

レントゲン写真を撮ったところ、「首の骨が折れている」と診断されました。

治療可能な大きい病院に移され、一命をとりとめることができましたが、再び野球をできる体には戻りませんでした。

その後は、車椅子生活となり、絶望の淵に落とされてしまいます。

しかし、清水さんはそれでも前を向いて進み始めました。

福祉サービスと環境制御装置(家電などを動かすための総合的なリモコン)の力を借りて、一人暮らしもされます。

その時に、ヘルパーをして訪れていた方と結婚もされました。

清水さんは自身の経験を元に、講演活動を行い、詩集や書籍などの執筆活動もされています。

さらに、清水さんの父が創設し、清水さん自身もプレーした小学生の軟式野球チーム「守口セネタース」の指導をされるなど、野球との関りも保っています。

「哲和会」という会合も開かれ、PL学園時代の人間関係も大切にされているそうです。

中でも中学時代から親交がある桑田さんとは、特に強いつながりがあるようです。

スポンサーリンク

【消えた天才】桑田真澄が憧れたPL投手は誰?清水哲の壮絶人生とは?まとめ

  • 清水哲さんは、PL学園で春・夏の準優勝を経験した高校球児だった
  • 元プロ野球選手の桑田真澄さんは、PL学園の1年後輩で、中学時代に対戦したこともある
  • 同志社大学1年の時に、試合でヘッドスライディングをし、相手野手とぶつかって首の骨を折る大けがをした
  • 事故以来、車椅子生活を強いられたが、それでも前を向き続けた
  • 結婚し、少年野球の指導の他、講演や執筆活動も行っている
スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です