下薗利依の母親はシモゾノ学園理事長!名前や顔画像は?実家の豪邸はどこ?

先月、春風亭昇太さんとの結婚を発表したお相手は元タカラジェンヌの下薗利依(宝珠小夏)さんであることがわかりました。

現在は「青山ケンネル株式会社」での専務取締役、「シモゾノ学園 国際動物専門学校・大宮国際動物専門学校」の副理事長を務めるなど、複数の役職と肩書を持たれています。

そして母親も『シモゾノ学園』の理事長を務めており、実家の資産は50億円を超えるとも言われております。

今回は下薗利依さんの母親とはどんな人なのか?

名前や顔画像などについて調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

下薗利依の母親はシモゾノ学園理事長!名前や顔画像は?

  • 名前:下薗惠子(しもぞの けいこ)
  • 年齢:61歳(昨年、還暦を迎えられたとのことです)
  • 職業:『学校法人シモゾノ学園』理事長

シモゾノ学園で理事長を務める下薗惠子さんは、物ごころついた頃からずっと犬たちに囲まれて育ったそうです。

当時はまだペットとして犬や猫を飼っている家庭が少なかった、1956年(昭和30年)に父が青山ケンネルを創業したそうです。

今では主流となっている純血種の犬もまだ珍しかった時代に、父の仕事のおかげで幼少の頃から純血種の美しい犬たちを間近に見て触れ合うことができたらしく、かなり恵まれた環境で育ったとのことです。

小学校入学前にはクリスマスに父からのプレゼントとして『ブルーのリボンをつけた小さなマルチーズの子犬』が送られたそうです。

その時の嬉しかった記憶は今も鮮明に記憶に残ってるそうです。

そうとう嬉しかったのでしょうね!

なんとその時のプレゼントされたマルチーズの子犬はアメリカのチャンピオン犬の子供だったそうですよ!

現在は『学校法人シモゾノ学園』理事長として、動物のプロフェッショナルの育成にあたられています。

シモゾノ学園は動物ひとすじの専門学校です。本学園は1956年に犬のお店「青山ケンネル」(現:渋谷区恵比寿)を開店したことに始まり、以来60年間、動物業界に従事してきました。その長い歴史から、動物のプロフェッショナルを育成する責任と誇りを持っています。
現代では当たり前となった動物との共生社会ですが、青山ケンネル開店時の東京は映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のような風景、当時の日本には家の中で動物と一緒に過ごす文化がほとんどありませんでした。しかし、欧米では動物との共生社会がすでに広がっていたため、私の父は「欧米のような動物と共に過ごす生活を日本にも広めたい」と考え、青山ケンネルを開店することとなりました。そして動物との心豊かな共生社会を実現するために、「動物の飼育環境を向上させたい。動物業界を成長させていかなければ。」との思いを強くし、動物のプロフェッショナルを養成することが不可欠であるという信念の下で、動物の職業人を養成する教育を始めました。1984年に青山ケンネルカレッジを開校、1997年に学校法人シモゾノ学園国際動物専門学校を開校、今では多くの卒業生が動物のプロフェッショナルとして活躍しています。動物病院やペットショップを訪ねると、「下薗先生! 私、国際動物専門学校出身です」と挨拶してくれる卒業生と再会することがたびたびあります。立派にお仕事をされている姿を拝見すると、感無量になります。
動物たちは、私たち人間に無償の愛を与え、大きな大きなチカラを与えてくれます。そんな動物たちを裏切ることはできません。私は今までに多くの犬と共に過ごし、10頭を超える犬たちを天に見送ってきました。
「先に旅立った動物たちは飼い主を虹の橋のたもとで待っている」というペットロスに対する考え方があります。私はその話を信じ、いずれ虹の橋で犬たちと再会したときに、「がんばって生きてきたよ。」と胸を張って伝えることが、私の大きな目標です。
動物の仕事は「ありがとう」と言っていただける、本当にステキな仕事です。
動物のプロを目指すみなさんも動物に関わる仕事を通して、すばらしい道を歩んでください。
動物のプロの道に進むとき、本学園で一緒に学びましょう。
さあ、夢に向かってLET’S GO!

引用:学校法人 シモゾノ学園

【関連記事】
春風亭昇太の結婚相手は下薗利依で特定!年の差は19歳で元宝塚の現在や顔画像も

スポンサーリンク

下薗利依の実家は豪邸?場所はどこ?

なんと下薗利依さんの実家の総資産は50億円を超えるとも言われております。

ここ最近のペットブームで経営の方はかなり順調なのだろうと思います。

それにしても総資産50億円などとは私たちからは想像もつきませんよね笑

「彼女の母が理事長を務めている『シモゾノ学園』はトリマーやドッグトレーナーなどを育成する2つの専門学校の経営母体です。法人登記簿謄本(会社の基本情報が記載されている書類)によれば、シモゾノ学園の今年3月時点の資産は約47億4千万円。『青山ケンネル』は彼女のきょうだいが社長ですし、実家の資産は50億円を下らない“ご令嬢”なのです」

引用:女性自身

総資産50億円超えともなると、実家がものすごい豪邸であるはずだと勝手に想像してしまいました笑

そこでいろいろと調べたのですが、これといった情報が見つかりません。

ただ、母親である下薗惠子さんの「Facebook」には”杉並区出身”で現在は”ボローニャ在住”と表記されてました。

これはいったいどのようなことなのでしょうか?

実家はボローニャにあるのでしょうか?(ボローニャってどこ?笑)

個人的にはその可能性は極めて低いのではないかと思いますが、実家や母親の”ボローニャ在住”については引き続き調べていきたいと思います。

新たな情報が入り次第、追記いたします。

【関連記事】
春風亭昇太の結婚相手は下薗利依で特定!年の差は19歳で元宝塚の現在や顔画像も

スポンサーリンク

下薗利依の母親はシモゾノ学園理事長!名前や顔画像は?実家の豪邸はどこ?まとめ

  • 母親は『学校法人シモゾノ学園』の理事長である
  • 母親の名前は「下薗惠子(しもぞの けいこ)」さん
  • 実家の総資産は50億円を超える
  • 母親の「Facebook」には”ボローニャ在住”表記されている

新たな情報が入り次第、追記いたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事】
春風亭昇太の結婚相手は下薗利依で特定!年の差は19歳で元宝塚の現在や顔画像も

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です