春風亭昇太の結婚相手は下薗利依で特定!年の差は19歳で元宝塚の現在や顔画像も

先月末、6月30日に笑点でおなじみの落語家・春風亭昇太さん結婚を発表しました。

春風亭昇太さんと言えば、笑点メンバーから”結婚できない”、”独身” であることをいじられるというのがお約束となっていますよね。

ところが、ついに還暦前にして結婚されることとなりました。

気になるお相手についてですが、一般女性と発表されたものの、元タカラジェンヌの下薗利依(宝珠小夏)さんであることがわかりました。

下薗利依(宝珠小夏)さんとは、いったいどんな方なのでしょうか。

スポンサーリンク

春風亭昇太の結婚相手は下薗利依で特定!年の差は19歳

  • 名前:下薗利依(しもぞの りえ)
  • 旧芸名:宝珠小夏(ほうじゅ こなつ)
  • 生年月日:1978年8月28日(現在40歳)
  • 出身:東京都世田谷区
  • 身長:160cm
  • 血液型:0型
  • 趣味:旅行、家庭料理
  • 経歴:東京女学館 → 宝塚音楽学校 → 宝塚歌劇団

下薗利依さんは、元タカラジェンヌで現在40歳の女性です。

今年で41歳になられるので、59歳で今年還暦を迎える春風亭昇太さんとは、19歳の年の差婚ということになるんですね。

東京都世田谷区出身の下薗利依さんは、小・中・高を東京女学館で過ごされた後の1995年に宝塚音楽学校に入学しました。

なんとなく宝塚は高校からというイメージがあったのですが、高校卒業後に入学する方もいるんですね。

宝塚音楽学校を卒業後は、1997年に宝塚歌劇団に入団し、雪組の娘役として約4年間活動されました。

当時の芸名は「宝珠小夏(ほうじゅ こなつ)」で、家族で考えて決めたんだそうです。

下薗利依さんのお名前よりも、「宝珠小夏」と聞いたほうがピンとくる方も多いかもしれませんね。

2001年に宝塚歌劇団を退団されたのですが、その理由についてははっきりとは分かっていないようです。

憶測では、宝塚で学べるものはないという「やりきった」ということと、もう一つは下薗利依さんのお父様の体調が理由だったのではないかということです。

下薗利依さんの外見ですが、清楚な美人そのままの印象で、40歳の現在も年齢を感じさせない美しい方です。

きっと宝塚時代は娘役が抜群にはまっていたんでしょうね。

【関連記事】
下薗利依の母親はシモゾノ学園理事長!名前や顔画像は?実家の豪邸はどこ?

スポンサーリンク

元宝塚・下薗利依(宝珠小夏)の現在や顔画像も!


2001年の宝塚退団後、下薗利依さんは叔父にあたる吉澤英生さんに師事し、トリマー資格を取得しました。

この叔父さんの吉澤英生さんは、日本における犬界の権威というすごい方なんだそうです。

トリマー資格取得後は海外経験を重ね、2003年に「青山ケンネル株式会社」が経営するペットショップをプロデュースするという形で、ドッグサロン『VERONIQUE』を開店しました。

2005年には「青山ケンネルカレッジ」の3代目学長に就任しています。

この「青山ケンネル」という会社ですが、創業者が下薗利依さんの叔父の吉澤英生さんと吉澤銀三さんということなので、親戚の会社で働くようになったということでしょう。

その後、2008年にはNPO法人「日本動物福祉機能協会」の理事長に就任し、2009年には国際動物専門学校や大宮国際専門動物学校が取り入れている人間力教育「7つの習慣J」のプロジェクトリーダーとなりました。

さらに、ファシリテーター資格も取得し、講師として教壇にも立たれています。

現在の「青山ケンネル株式会社」での役職は、専務取締役となっています。

そして、「シモゾノ学園 国際動物専門学校・大宮国際動物専門学校」の副理事長、NPO法人「日本動物福祉機能協会」の理事長と、複数の役職と肩書を持っています。

トリマー業界で成功されている下薗利依さんは、2011年にはテレビ東京の『ソロモン流』で取り上げられており、ビジネス・教育で活躍されています。

現在の薗利依さんの肩書をまとめると

  • ドッグプロデューサー
  • トリマー
  • 動物専門学校の学長
  • 動物専門学校の理事長
  • NPO法人の理事長
  • 会社の専務取締役

このような感じになります。

まだ40歳なのに、本当にすごい方なんですね

以上、今回は落語家・春風亭昇太さんの結婚相手である下薗利依(宝珠小夏)さんについて紹介させていただきました。

【関連記事】
下薗利依の母親はシモゾノ学園理事長!名前や顔画像は?実家の豪邸はどこ?

スポンサーリンク

春風亭昇太の結婚相手は下薗利依で特定!年の差は19歳で元宝塚の現在や顔画像も!まとめ

  • 下薗利依さんは、元タカラジェンヌで現在トリマー業界で成功している40歳の女性
  • 東京女学館に小・中・高と通った後に宝塚音楽学校に進み、宝塚歌劇団に入団した
  • 宝塚時代の芸名は「宝珠小夏」で、雪組の娘役として約4年間活動した後2001年に退団した
  • 宝塚退団後はトリマーの資格を取得し、犬界の権威である叔父・吉澤英生さんの元で働くようになる
  • 現在は叔父の作った会社「青山ケンネル株式会社」の専務取締役を務める他、動物専門学校とNPO法人の理事長も務めている

【関連記事】
下薗利依の母親はシモゾノ学園理事長!名前や顔画像は?実家の豪邸はどこ?

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です