2019年最新!ラグビー南アフリカ代表メンバーまとめ!背番号や顔画像も

10月20日(19:15キックオフ)にラグビー日本代表が対戦する南アフリカ代表について紹介したいと思います。

先日のスコットランド戦では手に汗握る熱戦の末、日本代表が勝利を収めましたね。

この勝利により、ラグビー日本代表にとって初となるワールドカップ決勝トーナメント進出が決まりました。

この快挙は同時に未知の領域でもあります。

そして、対戦相手となるのはワールドカップ優勝経験もある強豪の南アフリカ代表です。

今回は、南アフリカ代表のメンバーやチームの特徴についてまとめてみました。

スポンサーリンク

2019年最新!ラグビーワールドカップ南アフリカ代表選手一覧

ラシー・エラスマスHC(ヘッドコーチ)率いる、ラグビー南アフリカ代表の選手たちをポジションごとにまとめました。

※プールB 2019.9.21(土)オールブラックス戦での背番号(スタメン)となります。

ヘッドコーチ

ラシー・エラスマス

1972年11月5日(46歳)

191cm/99kg

FW(フォワード)

背番号1 プロップ(PR)

スティーブン・キッツォフ

1992年2月10日生まれ(27歳)

184cm/125kg

背番号2 フッカー(HO)

マルコム・マークス

1994年7月13日生まれ(25歳)

189cm/117kg

背番号3 プロップ(PR)

フランス・マルハーバ

1991年3月14日生まれ(28歳)

191cm/125kg

背番号4 ロック(LO)

エベン・エツベス

1991年10月29日生まれ(27歳)

203cm/117kg

背番号5 ロック(LO)

フランコ・モスタート

1990年11月27日生まれ(28歳)

198cm/112kg

背番号6 フランカー(FL)

シヤ・コリシ

1991年6月16日生まれ(28歳)

187cm/106kg

背番号7 フランカー(FL)

ピーターステフ・デュトイ

1992年8月20日生まれ(27歳)

200cm/119kg

背番号8 ナンバーエイト(NO8)

ドウェイン・フェルミューレン

1986年7月3日生まれ(33歳)

193cm/117kg

 

スポンサーリンク

BK(バックス)

背番号9 スクラムハーフ(SH)

ファフ・デクラーク

1991年10月19日生まれ(27歳)

172cm/80kg

背番号10 スタンドオフ(SO)

ハンドレ・ポラード

1994年3月11日生まれ(25歳)

189cm/98kg

背番号11 ウイング(WTB)

マカゾレ・マピンピ

1990年7月26日生まれ(29歳)

187cm/90kg

背番号12 センターバック(CTB)

ダミアン・デアリエンディ

1991年11月25日生まれ(27歳)

189cm/101kg

背番号13 センターバック(CTB)

ルカンヨ・アム

1993年11月28日生まれ(25歳)

186cm/93kg

背番号14 ウイング(WTB)

チェスリン・コルビ

1993年10月28日生まれ(25歳)

170cm/80kg

背番号15 フルバック(FB)

ウィリー・ルルー

1989年8月18日生まれ(30歳)

186cm/90kg

 

スポンサーリンク

リザーブメンバー

背番号16

ボンギ・ムボナンビ

1991年1月7日生まれ(28歳)

176cm/106kg

背番号17

テンダイ・ムタワリラ

1985年8月1日生まれ(34歳)

183cm/115kg

背番号18

トレヴァー・ニャカネ

1989年5月4日生まれ(30歳)

178cm/117kg

背番号19

RGスナイマン

1995年1月29日生まれ(24歳)

206cm/117kg

背番号20

フランソワ・ロウ

1985年6月15日生まれ(34歳)

190cm/112kg

背番号21

ハーシェル・ヤンチース

1996年4月22日生まれ(23歳)

167cm/75kg

背番号22

フランソワ・ステイン

1987年5月14日生まれ(32歳)

191cm/110kg

背番号23

ジェシー・クリエル

1994年2月15日生まれ(25歳)

186cm/96kg

 

スポンサーリンク

登録外メンバー

トーマス・デュトイ

1995年5月5日生まれ(24歳)

189cm/130kg

 

ヴィンセント・コッホ

1990年3月13日生まれ(29歳)

185cm/118kg

 

スカルク・ブリッツ

1981年5月16日生まれ(38歳)

182cm/100kg

 

ルード・デヤハー

1992年12月17日生まれ(26歳)

205cm/122kg

 

クワッガ・スミス

1993年6月11日生まれ(26歳)

180cm/80kg

 

エルトン・ヤンチース

1990年8月1日生まれ(29歳)

176cm/88kg

 

コブス・レイナック

1990年2月7日生まれ(29歳)

175cm/83kg

 

スブ・ンコシ

1996年1月21日生まれ(23歳)

183cm/96kg

 

ウォーリック・ヘラント

1995年5月20日生まれ(24歳)

180cm/89kg

 

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ南アフリカ代表チームについて

ラグビー・南アフリカ代表は、「スプリングボクス」の愛称で知られる強豪チームです。

  • 世界ランキング5位
  • ワールドカップ優勝2回(1995年、2007年)

 

1995年にワールドカップに初参加してから、これまでに8回出場し2回優勝しています。

この1995年大会は南アフリカで開催され、スプリングボクスにとっても大きな意味のある優勝となりました。

ラグビー・南アフリカ代表の歴史は1891年に遡りますが、アパルトヘイト政策(人種差別政策)が問題視されてきたために国際大会からは遠ざかっていたのです。

長期に渡り南アフリカ代表のほとんどは白人だけで構成され、アパルトヘイトの象徴のような存在でした。

アパルトヘイト政策が撤廃されたことから、1995年に当時のネルソン・マンデラ大統領の下でラグビーワールドカップ・南アフリカ大会が開催されます。

黒人と白人で構成されたチームは快進撃を続け、初出場にして初優勝を成し遂げました。

以降は、ラグビー・南アフリカ代表は人種間の融和の象徴となったのです。

ちなみに愛称の「スプリングボクス」とは、哺乳類のガゼルに似た動物のことです。

南アフリカ代表のユニフォームにも、この動物の姿が刺繍されています。

さて、ラグビー・南アフリカ代表のプレースタイルも見ていきましょう。

南アフリカ代表の特徴は、フィジカルを前面に押し出した力強さにあります。

タックルやコンタクトプレーの迫力は凄まじく、ラグビーファンの間では”当たる”ではなく、”刺さる”ようだと形容する人もいるくらいです。

強烈なパワーで試合を有利に進め、相手を圧倒するのが南アフリカ代表の戦い方です。

日本代表にとって難敵中の難敵であるのには変わりませんが、4年前のワールドカップでは南アフリカ代表に勝利しています。

この4年前の勝利は世界中のメディアから、”奇跡”や”世紀の番狂わせ”と報じられました。

しかし今大会では、格上と目されていたアイルランドとスコットランドに勝利しています。

もう”奇跡”とは言わせない、そんなラグビー・日本代表のプレーが期待できそうです。

以上、今回はラグビー・南アフリカ代表のメンバーや特徴について紹介させていただきました。

スポンサーリンク

まとめ

  • ラグビー・南アフリカ代表はワールドカップで2回優勝している強豪
  • 愛称は「スプリングボクス」(ガゼルに似た動物のこと)
  • 過去に南アフリカ代表はアパルトヘイト政策(人種差別政策)の象徴だった
  • アパルトヘイト政策が理由で国際大会から締め出されていた時期があった
  • 自国開催の1995年大会でワールドカップに初参加し優勝
  • 現在の南アフリカ代表は人種間の融和の象徴
  • プレースタイルの特徴は屈強なフィジカルを前面に押し出したパワー
  • タックルなどコンタクトプレーはパワフルで強烈
関連記事

 

スポンサーリンク

こちらもオススメ

×

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です