すわじゅんこの出身高校や大学はどこ?ミャンマーで人気の理由は?

6月30日放送のテレビ東京『THEカラオケ★バトル』が近づいてきましたね。

総勢8名の実力派女性シンガーによって、白熱の歌唱バトルが展開されます。

なんと優勝者にはテレ東の歌番組で持ち歌が披露できるとあって、出場者のモチベーションも高いことでしょう。

その出場者の中に、ミャンマーで人気の女性シンガー「すわじゅんこ」さんという方がいらっしゃいます。

いったいなぜ「すわじゅんこ」さんは、異国のミャンマーで人気となったのでしょうか。

優勝者には”最強女子ボーカリスト”の称号が与えられるのですが、今回はその挑戦者の中から、シンガーソングライター・すわじゅんこさんに迫りたいと思います。

スポンサーリンク

シンガーソングライター・すわじゅんこの出身高校や大学はどこ?

  • 名前:すわじゅんこ
  • 生年月日:1984年12月17日(現在34歳)
  • 出身:栃木県大田原市
  • 身長:148cm
  • 職業:シンガーソングライター・歌手
  • 学歴:大田原女子高等学校 → 獨協大学経営学部

「すわじゅんこ」さんは、栃木県大田原市出身のシンガーソングライターで、獨協大学経営学部を2008年に卒業されています。

さらに地元栃木県大田原市の国際親善大使にも就任し、著名な卒業生として獨協大学のホームページでもそのニュースが紹介されました。

出身高校についても調べましたが、栃木県大田原市の大田原女子高等学校であることが分かりました。

「すわじゅんこ」さんは女子高に通っていたのですね。

9歳頃から地元の西那須野少年少女合唱団で歌うようになり、チャリティーコンサートやボランティアコンサートに出演していたようです。幼少の頃から歌に触れていたことが分かるエピソードでした。

そして、「すわじゅんこ」さんは獨協大学在学中の2006年から音楽活動を始め、大手avexの新人発掘で見出され2011年にデビューしました。

これまでにミニアルバムを2枚、シングルを2枚リリースしており、アメリカのオーディション番組で優勝したり、プロ野球で国歌斉唱という経験もされています。

スポンサーリンク

すわじゅんこがミャンマーで人気の理由は?

以前、宇多田ヒカルさんの大ヒット曲『First Love』のミャンマー語バージョンをYou Tubeにアップロードしたところ、これがミャンマーの若者の目に留まり好評となりました。

その再生数は、1日で25万回を超えたそうです。(現在は削除されています。)

さらにミャンマーの方向けにこの動画をFacebookで公開したところ、たった1日で20万リーチ、7万再生、2000件のシェア、6000のいいね!を獲得し、完全に”バズって”しまったのです。

あまりの反響に戸惑っていた「すわじゅんこ」さんでしたが、2015年にミャンマーの「水かけ祭り」で歌って欲しいというオファーを受けました。

このミャンマーの「水かけ祭り」ですが、これはミャンマーで新年を祝ってみんなで水をかけあうという、お正月のビッグイベントです。

この「水かけ祭り」のライブ会場で「すわじゅんこ」さんは歌ったわけですが、会場はフェスのメインステージのような大きさで、お客さんもたくさんいます。

2015年の初登場以降、「すわじゅんこ」さんは5年連続で「水かけ祭り」に出演しています。

もちろん2019年も出演し、ステージ終了後には活動のベースをミャンマーのヤンゴンに移したいという意向を表明しました。

日本で言えば、すでに紅白の常連となっている状態の「すわじゅんこ」さんですが、今年2019年にはついに『ありがとう-arigato-』でミャンマーデビューも果たしています。

以上、今回はミャンマーで人気の日本人歌手「すわじゅんこ」さんについて紹介させていただきました。

スポンサーリンク

すわじゅんこの出身高校や大学はどこ?ミャンマーで人気の理由は?まとめ

  • 「すわじゅんこ」は日本とミャンマーで活動する、栃木県大田原市出身で34歳の女性シンガーソングライター
  • 宇多田ヒカルさんの『First Love』をミャンマー語で歌った動画がミャンマーの若者の間で人気となった
  • 2015年にミャンマーでお正月に行われるビッグイベント「水かけ祭り」に出演し、2019年までに5年連続で出演するほどの人気
  • 大田原女子高等学校から獨協大学経営学部に進学した
  • 地元栃木県大田原市の国際親善大使に就任している
スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です