宝塚歌劇団|雪組メンバー(最新)まとめ!次期トップスターは彩風咲奈と潤花(娘役)で決まり?

今回は、宝塚歌劇団・雪組最新メンバーと、次期トップスター候補についてまとめてみました。

高い人気を保ち続け、数多くのファンがいる宝塚歌劇団・雪組。

2020年はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、多くのファンが楽しみにしていることでしょう。

そんな雪組は、トップコンビが退団します。

最新メンバーと次期トップスターはどのようになるのでしょうか。

詳しく調べてみました。

 

宝塚歌劇団 雪組メンバー2020

こちらのコーナーでは、最新の宝塚歌劇団・雪組メンバーについてまとめていきます。

ただその前に、宝塚歌劇団には「○○組」といういくつかのグループに分けられていますよね?

この記事をお読みの方の中にも、「○○組って何が違うの?」、「雪組ってどんな特徴があるの?」と、疑問をお持ちの方がおられるでしょう。

  1. 花組:宝塚の王道 & エリート集団
  2. 月組:個性派が集まる独自路線
  3. 雪組:演技派・歌唱など実力派が揃うグループ
  4. 星組:カリスマ性のあるスターを輩出する体育会系
  5. 宙組(そらぐみ):スタイル抜群の長身揃いで、コーラスが得意
  6. 専科:宝塚の舞台を支える職人集団
宝塚の「○○組」は、主に①~⑤の花組、月組、雪組、星組、宙組の5組です。

⑥の専科は、宝塚の華やかな舞台をサポートする、職人集団の方々。

しかし、専科の方も重要な役割を演じます。

今回メンバーをまとめた「雪組」は、演技派や歌唱力の高い実力派が揃っている特徴があります。

硬派にパフォーマンスを追求するといった感じでしょうか。

また、雪組は、時代物といった「日本」や「和」をテーマにした舞台(ファンの間では「日本物」と呼ばれることが多い)に定評があることでも知られています。

そのため、男役はマイ袴、娘役はマイお引きずりを持っていることが基本となっているそうです。

さて、そんな宝塚歌劇団・雪組の最新メンバーはどんな方たちなのでしょうか。

さっそく、見ていきましょう。

  • 雪組 トップスター 望海 風斗
  • 雪組 トップ娘役  真彩 希帆
  • 舞咲 りん
  • 奏乃 はると
  • 早花 まこ
  • 沙月 愛奈
  • 千風 カレン
  • 透真 かずき
  • 彩凪 翔
  • 真那 春人
  • 笙乃 茅桜
  • 彩風 咲奈
  • 久城 あす
  • 煌羽 レオ
  • 杏野 このみ
  • 朝美 絢
  • 愛 すみれ
  • 桜路 薫
  • 天月 翼
  • 白峰 ゆり
  • 橘 幸
  • 妃華 ゆきの
  • 真地 佑果
  • 華蓮 エミリ
  • 沙羅 アンナ
  • 叶 ゆうり
  • 綾 凰華
  • 星南 のぞみ
  • 諏訪 さき
  • 野々花 ひまり
  • 彩 みちる
  • 希良々 うみ
  • 羽織 夕夏
  • 眞ノ宮 るい
  • 星加 梨杏

次期トップスターとトップ娘役は?

2020年の宝塚歌劇団・雪組は、変化の年になりそうです。

2020年2月17日、「だいきほ」の愛称で親しまれてきた雪組トップコンビの望海風斗(のぞみ ふうと)さんと真彩希帆(まあや きほ)さんの同時退団が発表されたのです。

ファンとしては寂しいところですが、「だいきほ」コンビの活躍を見れるのもわずかとなってしまいました。

望海風斗さんと真彩希帆さんの退団は、2020年10月11日と破発表されています。

さて、ファンとして気になるのは、次期トップスターとトップ娘役が誰になるかではないでしょうか?

抜群の歌唱力で雪組を引っ張ってきた「だいきほ」コンビの退団前後から、ファンの間では次期トップスターコンビの予想も行われています。

大方の予想では、

  • 雪組/新男役トップスター:彩風咲奈(あやかぜ さきな)さん
  • 雪組/新トップ娘役:潤花(じゅん はな)さん
こちらの二人となっています。

簡単にお二人について見ていきましょう。

雪組・新男役トップスター候補:彩風咲奈

  • 彩風咲奈(あやかぜ さきな)
  • 雪組2番手スター
  • 身長:173cm
  • 血液型:O型
  • 愛媛県大洲市出身
  • 愛称:さき
雪組の新男役トップスター最有力候補と予想されているのは、彩風咲奈さんです。

彩風咲奈さんは、現在雪組の2番手スター。

高い歌唱力と踊りの技術で、人気・実力ともに高く評価されています。

それもそのはず、彩風咲奈さんは2005年に市立大洲北中学校から宝塚音楽学校に入学すると、2007年になんと首席で宝塚歌劇団(93期生)として入団した逸材なのです。

新雪組は10月12日からですが、彩風咲奈さんは2020年5月に行われる全国ツアーで主演に抜擢されています。

こうしたことから、もはや彩風咲奈さんの雪組トップスター昇格は間違いないだろうと、ファン間で予想されているのです。

彩風咲奈さんは実績も十分で、これまでに5回の新人公演主演を経験されています。

この回数は、宝塚の歴史でも女優・柚希礼音さんに並ぶ最多記録。

実力・実績、そして雪組でのポジションから見ても、やはり彩風咲奈さんが次期トップスター最有力候補になるでしょう。

雪組/新トップ娘役候補:潤花

  • 潤花(じゅん はな)
  • 次期トップに相応しいヒロインの経験
  • 身長:164cm
  • 宝塚歌劇団102期生
  • 北海道旭川市出身
  • 愛称:かの、じゅんはな
雪組・新トップ娘役の有力候補に挙がっているのは、潤花さんです。

潤花さんは、タカラジェンヌでは珍しい、北海道旭川市の出身。

2014年に旭川藤女子高等学校から宝塚音楽学校に入学しました。

2016年に宝塚歌劇団に入団すると、2年目の2017年に新人公演初ヒロインに抜擢されます。

この公演は、先日退団が発表された望海風斗さんと真彩希帆さんの「だいきほ」コンビのお披露目公演でもありました。

潤花さんは、2020年の『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』で3度目の新人公演ヒロインに起用されるなど、デビューから数年で新トップ娘役に相応しいヒロイン経験を重ねています。

そんな潤花さんが高く評価されているのが、ダンスです。

幼少の頃からバレエを習っていたこともあってか、宝塚入団後も大きな強みとなっています。

加えて、可憐でキュートなルックスも相まって、娘役にピッタリです。

さらに、潤花さんは2019年に「ヒガシマル醬油」のイメージガールに就任しました。

これが、特に潤花さんが雪組・新トップ娘役有力候補になった理由です。

というのも、「ヒガシマル醬油」は、まず有力なスポンサーになります。

また、潤花さんの前任のイメージガールは、元星組トップ娘役・綺咲愛里さんだったのです。

こうしたことから、潤花さんが高く評価され、かつ期待されていることが分かります。

 

以上、今回は宝塚歌劇団・雪組最新メンバーと次期トップスターについてまとめました。

まとめ

  • 宝塚歌劇団の雪組は、日本物の舞台に定評がある
  • 雪組には、高い歌唱力と踊りで評価される実力者が揃っている
  • 2020年10月11日で現在のトップコンビである望海風斗さんと真彩希帆さんの同時退団が発表された
  • 雪組新トップスター候補は彩風咲奈さん
  • 彩風咲奈さんは2番手トップスター
  • 雪組新トップ娘役候補は潤花さん
  • 潤花さんはダンスの評価が高く、ヒロイン経験も十分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です