奥川投手(ヤクルト)の契約金や年俸は?背番号は「11」に決定!?

今年のプロ野球ドラフト会議が終わり、注目の星稜・奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)投手の交渉権をドラフト1位で東京ヤクルトスワローズが獲得しました。

春夏の甲子園を沸かした奥川投手は、即プロで通用するとスカウトからも高く評価されていましたね。

今年のドラフトでは大船渡・佐々木投手と並び、最も注目されていた選手でもあります。

これだけのゴールデンルーキーの入団ともなれば、プロ野球ファンの次なる興味は「契約金・年俸」ではないでしょうか?

そこで今回は、ヤクルト奥川投手の契約金・年俸、さらに背番号についても予想してみました!

スポンサーリンク

奥川投手(ヤクルト)の契約金や年俸は?

それでは、まずはヤクルト奥川投手の気になる契約金と年俸について予想していきたいと思います。

ニュースなどで耳にする、プロ野球新人選手の契約金・年俸の金額。

実は、これには上限が設けられているのはご存知でしたか?

上限といいましても規則があるわけではなく、12球団の不文律のような約束事となっています。

それは、予算の多い球団の方が新人獲得競争で有利になってしまうからです。

上限がなければ、戦力格差が出過ぎて競争が面白くなくなってしまいます。

  • 契約金の上限:1億円
  • 年俸の上限:1,500万円

相場はこのようになっています。

年俸もチーム内のバランスがあるので、新人選手は1,500万円までに抑えられています。

一部には例外もあり、例えばメジャーなどからの入団(過去には日ハム・多田野投手)といった場合には、実績のある選手なので年俸の上限適用外となります。

さて、近年のドラフトを賑わせた大物ドラ1ルーキーの契約金・年俸を振り返りましょう。

①日ハム・清宮幸太郎選手(2017年・早稲田実業高校)

  • 契約金:1億円
  • 年俸:1,500万円+出来高5,000万円

②中日・根尾昂選手(2018年・大阪桐蔭高校)

  • 契約金:1億円
  • 年俸:1,500万円+出来高5,000万円

清宮選手と根尾選手ともに、契約金・年俸の上限で契約していますね。

注目していただきたいのは「+出来高5,000万円」という部分です。

これはつまり、「年俸は1,500万円で上限があるけど、期待通りの成績ならさらに5,000万円プラスしますよ」ということです。

この「出来高5,000万円」も新人に対する提示額としては、相場の上限となっています。

以上のことから予想しますと、ヤクルト奥川投手の契約金・年俸はズバリ、

  • 契約金:1億円
  • 年俸:1,500万円+出来高5,000万円

超高校級投手で、スカウトからすぐに先発ローテーションに入れると評価されたヤクルト奥川投手。

ですから、契約金・年俸も上限いっぱいになるでしょう。

スポンサーリンク

奥川投手(ヤクルト)の背番号は?

続いてゴールデンルーキー・ヤクルト奥川投手の背番号が、何番になるのかも気になりますよね?そこで、現在ヤクルトで空いている背番号を見ていきましょう。

  1. 6
  2. 7
  3. 11
  4. 17
  5. 21
  6. 27

これ以降は70番台や90番台となるため、現実的にヤクルト奥川投手が着けるとは考えにくいですね。

中でも、27番はヤクルトのレジェンド捕手である古田敦也さんの背番号だったので、ピッチャーには与えないでしょう。

さらに、今年引退を発表された館山投手の「25」と畠山選手の「33」も空く見込みです。

ヤクルトファンの間ではヤクルト奥川投手の交渉権獲得の直後から、「11」、「17」、「21」が候補ではないかと予想されました。

そんな中、10月19日の各スポーツ紙では、「ヤクルトは奥川投手に背番号11を検討している」と報じています。

ヤクルトの背番号「11」は、かつて甲子園のプリンスとして騒がれた荒木大輔元投手(早稲田実業から入団)が着けた背番号です。

この報道が事実なら、ヤクルト球団の奥川投手への期待値の高さがうかがえますね。

以上、今回は東京ヤクルトスワローズが交渉権を獲得した、奥川恭伸投手(星稜高校)の契約金・年俸と背番号について予想してみました。

スポンサーリンク

まとめ

  • ヤクルト奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)投手は今年のドラフトの目玉でヤクルトがドラフト1位で指名した
  • プロ野球の新人選手の契約金・年俸の上限は「契約金1億円・年俸1,500万円+出来高5,000万円」
  • ヤクルト奥川投手も清宮選手や根尾選手と同様に「契約金1億円・年俸1,500万円+出来高5,000万円」を提示されると予想
  • ヤクルト奥川投手の背番号は11になるらしい(球団が検討中と報道あり)
  • ヤクルトの背番号11は、早稲田実業から入団した荒木大輔さん(元投手)が着けた重要な番号
スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です