【安河内駿介】現役引退後の現在はユーチューバーでメジャーを目指す!アカウント名はOPA Q(おぱきゅ)

野球でメジャー挑戦をしていた、安河内駿介さんが現役引退されました。

将来有望だった大学時代に大怪我を負い、一度は諦めた野球の道。

その怪我を乗り越え、高校野球のコーチを経てBCリーグでプレーを続けました。

ドラフトでは指名候補だったにも関わらず、無情にも指名漏れ。

さらに、クラウドファンディングでメジャー挑戦と波乱万丈の野球人生を過ごした安河内駿介さんでした。

今回は、メジャー挑戦から引退までの経緯、そして現在はユーチューバー!?

気になる安河内駿介さんの今に至るまで調べてみました。

スポンサーリンク

安河内駿介がメジャー挑戦を終えて現役引退

引退された安河内駿介さんは、福岡県福岡市出身で1994年生まれの25歳の男性です。

現役時代は、主に投手(右投右打)としてプレーされていました。

高校時代は強豪の秀岳館高校、大学は東京国際大学で野球を続けています。

大学2年時は、創価大4年の石川柊太投手(現・ソフトバンクホークス)と並ぶ成績を収めるなど順調に活躍しました。

しかし、右肘の靭帯と肩の怪我に悩まされ、その後2年間は投げられなくなってしまいます。

大学卒業後、世田谷学園の嘱託職員、社会人チームを経て2017年のプロ野球のプロテストを受験しました。

結果は惜しくも不合格でしたが、BCリーグ・武蔵ヒートベアーズに入団のトライアウトには合格しました。

武蔵ヒートベアーズではリリーフ投手として活躍し、2018年のドラフト会議では注目選手の一人にもなります。

しかし、安河内駿介さんを指名する球団はありませんでした。

周囲にメジャー挑戦を勧められた安河内駿介さんは、クラウドファンディングやスポンサーを募り、資金集めを開始します。

同時に、元アナウンサー・上田まりえさんと出会いました。

上田まりえさんは、2018年2月に「ドゥ・ストレート」というスポーツマネジメント会社を起ち上げ、その第1号選手となったのが安河内駿介さんだったのです。

安河内駿介さんはマネジメント会社のサポートを受けながら、ブログでもアピールを行いメジャー挑戦の資金集めに奔走します。

その結果、クラウドファンディングで約170万円が集まりました。2019年3月、安河内駿介さんはその活動費で単身渡米します。

アメリカでは、複数球団の入団テストを受験したようです。

  • 球速
  • 回転数
  • 変化量

こういった項目を計測する機械を用いて、テストが行われました。

安河内駿介さんは最速で93マイル(149.6km/h)を記録し、変化球なども高く評価されたそうです。

しかし、残念ながら契約には至りませんでした。

不運にも、安河内駿介さんがテストを受けた時期は、マイナーリーグの選手を解雇し戦力を整理し終える時期と重なっていたのです。

評価はまずまずでも、スプリングトレーニング(アメリカの春キャンプ)に入るにはかなり困難な状況でした。

アメリカの球団などからは野球を続けてチャンスを待つように促されたそうですが、「日本で野球はやらない」という固い意志が安河内駿介さんにはあったのです。

2019年3月末まで連絡を待ちましたが、安河内駿介さんの獲得に名乗りを上げる球団は現れず。

帰国後、4月2日のブログで安河内駿介さんは現役引退を報告しました。

スポンサーリンク

現在の職業はユーチューバー

2019年11月、安河内駿介さんは「OPA Q(おぱきゅ)」と改名しユーチューバーとしてデビューしました。

令和元年11月11日11時11分から、配信をスタート。

  • 引退からのブランクを経ても150kmを投げられるか?
  • K-1ファイターとのコラボ配信
  • お菓子の食べ比べ

など、野球だけではないOPA Qの様々なテーマの動画が次々と配信されています。

MAJOR YouTuber 「OPA Q」の新たな挑戦にも期待できそうですね。

そんな安河内駿介さんですが、ツイートを見ていると「お客様が来る前に」などの気になるものがあります。

中には動画と共にアップしてあるツイートもあるのですが、着ているTシャツには「Lill one STAR」の文字が。

調べてみると、こちらの「Lill one STAR」とは、大阪に本社がある「Chivalry JAPAN(シヴァリージャパン)」という会社のスポーツアパレルブランドだったのです。

実は、Chivalry JAPANは安河内駿介さんのメジャー挑戦を応援するTEAM安河内でもありました。

引退後の挨拶回りの様子は安河内駿介さんのブログでも紹介されており、その中にはChivalry JAPANも登場しています。

ということは、現在の安河内駿介さんはLill one STARの手伝いをしながら、OPA Qとしてユーチューバーに転身されたのかもしれませんね。

以上、今回はメジャー挑戦を終え現役引退した安河内駿介さんの引退経緯と、ユーチューバーへの転身について紹介させていただきました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 安河内駿介さんは福岡県福岡市出身で25歳の男性
  • 最速150kmを超える右投右打のピッチャーだった
  • 秀岳館高校から東京国際大学に進学
  • 大学時代の怪我を乗り越え野球を続けてたが、2018年のドラフト会議では指名されなかった
  • クラウドファンディングで約170万円を集め2019年3月にメジャー挑戦
  • アメリカでは契約寸前まで行くも、契約には至らず
  • 日本で野球を続ける意思はないことから、2019年4月2日に引退を報告
  • 2019年11月にMAJOR YouTuber「OPA Q(おぱきゅー)への転身を発表
スポンサーリンク

こちらもオススメ

×

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です