マツコの知らない世界【武田健の万年筆インク】で星座インク(ZODIAC)などを紹介!

5月14日の『マツコの知らない世界』、もう一つのテーマは「万年筆インクの世界」でした。
ゲストには、武田健さんが登場し、万年筆インクの魅力について語っていました。

武田健(たけだ けん)さんは、1968年生まれで東京都のご出身です。

早稲田実業高校を卒業した後は、玉川大学、目白大学、慶應義塾大学を卒業されています。
いずれの大学でも、主に文学について学んだそうです。

現在の肩書は、テキストクリエイター、万年筆インク案内人、文具ライターそして山田瑛美研究家となっています。
趣味は文章を書くことの他に、インクや万年筆とその収集。

さらに、香水、マスキングテープや手ぬぐいを収集したり、落語、文楽、歌舞伎と多趣味でいらっしゃいます。

万年筆やインクと出会ったのは2010年頃のことで、現在までに収集したインクの数は2000種類になるそうです。

文具ライターとしての顔も持つ武田さんは、雑誌『趣味の文具箱』で「HAPPY INK LIFE」というコラムを執筆されています。

文章を書くことだけでなく、その道具の万年筆とインクにも興味が広がり、それがまた書くことに繋がっているのはすごいことですね。

”2000種類の万年筆インクの見本帳を手作りする男”武田健さんが語る、「万年筆インクの世界」を振り返っていきましょう。

”万年筆インクの世界”をテーマにした『マツコの知らない世界』の番組放送内容は?

万年筆インクで人生が変わった

まずは、オープニングトークからです。

  • 万年筆インクには、ブラックとブルーブラックしかないと思われているが、最近はインクの色が増えてブームになっている
  • デジタルの文字ではなく、あえての手書き文字をインスタにアップする人が増えている(手書きで個性を出す)
  • 武田さん「万年筆インクで人生が変わりました」
  • 当時、武田さんは6年付き合った恋人と別れた
  • 日記を書いていたが、それが書けなくなるほど落ち込んだ
  • その時、書道家の先生から手紙をもらい、「万年筆で文字を書いてみてはどうか」と勧められた
  • 助言に従い万年筆とインクを買ったら、すんなり日記が書けるようになった
  • 書道では、墨をすっているだけで心が落ち着く
  • 同様に、万年筆でもインクを吸わせている時に気分が落ち着く
  • 人生が変わった

なんでしょう、怪しい勧誘なのでしょうか。
言っている内容は理解できるのですが、語り口がなんともあれ系の特徴的な…。
さあ、先へ進みましょう。

武田さんのプロフィールなどです。

  • 武田さんは現在51歳
  • 2010年に万年筆インクと出会う
  • ちょうどその頃から、文具会社が様々な色のインクを発売する
  • 出会って半年で100種類以上を収集
  • 2018年現在で、コレクションは2000種類
  • 常日頃から万年筆とインクを持ち歩いている
  • 30種類以上の万年筆ケース(持参したのは3種類)
  • 財布の中身よりも、持ち歩いている万年筆やインクの方が高価
  • ”インク見本帳”を作っている(個人的に自作している)
  • リングファイル登場(色の系統ごとにファイルを作っている)
  • リングファイルの中には、名刺サイズの色見本が入っている
  • 武田さん「これ(見本帳)を作っている時が幸せ」、マツコ「病気」

二人の後ろには、武田さんのインクコレクションの一部が並べられていました。
その中から、まず一つ紹介されました。

「TOKYO METRO COLOR」

  • 東京メトロの路線カラーをイメージ
  • 9個(路線)で1セット
  • 12,960円(税込)
  • 千代田線と南北線の違いが微妙(でもこれが東京メトロ公認カラー)

究極の万年筆インクを紹介!

武田さんの人生を変えた2つのインク

武田さんの人生を変えたインクには、それぞれにエピソードもありました。

①「フラミンゴピンク」
  • ダイアミン社(英)
  • 648円(税込)
  • バイトから文具ライターになった
  • 文学の勉強のために2回くらい大学に行った後、大学院にも行っていた(卒業した頃には35、36歳になっていた)
  • それまではアルバイトと学業(WEB関係のバイトが多かった)
  • 日記を書くのが日課
  • 奄美大島へ旅行に行った
  • その際に日記用にフラミンゴピンクを選んで持って行った
  • 手書きの日記をツイッターやブログにアップしていたところ、それが文具雑誌の編集者の目に留まり、インタビューを受けることになった
  • そのインタビュー記事の評判が良く、「インクのコラムを書いて下さい」というオファーが来た
  • 完全なピンクではなく、朱色やオレンジ寄りのピンク
②「色彩雫 月夜」
  • PILOT社
  • 1,620円(税込)
  • PILOT社の色彩雫(いろしずく)シリーズ
  • 武田さんがオリジナルインクを発売することになった
  • インク瓶の下がすぼまった形をしている(少なくなった時に、ペン先で吸いやすくする工夫がなされている)
  • 色はブルーブラック
  • このインクでお礼状を書いたところ、オリジナルインクのプロデュースをすることになった

武田さんがプロデュースしたのは、「星座をイメージしたインク」

  • 12星座12色をプロデュース
  • 「ZODIACインク」1,836円(税込)/ブングボックス

インクのにおいを嗅いで回想

武田さんの密かな楽しみ方は、インクのにおいを嗅いで、「あの時」を回想することだそうです。
香りを付けたインクも発売されています。(瓶もおしゃれ)

①「三田三昭堂」(館林市)3,240円(税込)
  • 木のにおい(ヒノキ)
  • やや緑が入った黒
②「エルバン カカオブラウン」1,728円(税込)
  • チョコレートの香り
③「墨インク」3,240円(税込)
  • 墨の香り
④「モンブラン エリクサーパフューマー ウッド&タバコグレー」8,640円(税込)
  • 武田さんおすすめ
  • 香水そのもののような香り(インクのにおいはほぼない)
  • 色はグレー(タバコの香り)

ご当地インク

日本全国には、およそ500種類のご当地万年筆インクがあるそうです。

  • 静岡県は「富士宮焼きそばオレンジ」
  • 北海道は海をイメージした「襟裳岬インク」

と、ご当地インクがブームになっています。

①「静岡県 静岡茶」2,376円(税込)

お茶の色をイメージ

②「岡山県 児島デニム」2,160円(税込)

岡山県の名産、デニムをイメージしたインク

③「大分県 湯上りピンク」2,160円(税込)

温泉上がりの頬をイメージ

オリジナルインク作り

万年筆マニアの究極の楽しみ方、「ミキシングインク」も紹介されました。

本来は、それぞれのインクの濃度が異なるため、混ぜてはいけません。
しかし、混ぜること専用のインクが販売されているそうです。

「カリフォリオ インク」2,268円(税込) フランス製

全36色から、好きな色を組み合わせて、自分だけのオリジナルインクを作ることができます。

武田さん自作の色見本をもとに、マツコさんもオリジナルインク作りに挑戦しました。
スポイトで1滴ずつ垂らしていき、混ぜ合わせていきます。

マツコさんは3色を選んで混ぜ合わせ、分量を調整して作っていました。
出来上がったのは、なんともいえない土留色(どどめいろ)でした。

今週の『マツコの知らない世界』、「万年筆インクの世界」は以上になります。

スポンサーリンク

マツコの知らない世界【武田健の万年筆インク】で星座インク(ZODIAC)などを紹介!まとめ

  • 武田健さんは、文具ライターをしている、現在51歳の男性
  • 2010年に万年筆インクに出会い、半年で100種類を収集、2018年には2000種類になった
  • 6年間交際していた恋人と別れ、落ち込んでいた時に、書道家の先生から万年筆を勧められたのがきっかけ
  • 万年筆インクと出会って人生が変わった
  • アルバイトから文具ライターになったり、オリジナル万年筆インクのプロデュースもできるようになった

冒頭で紹介されたインク

  • TOKYO METRO COLOR(東京メトロ9路線をイメージ)

人生を変えたインク2選

  • ダイアミン フラミンゴピンク
  • PILOT 色彩雫 月夜

武田さんのオリジナルインク

  • ブングボックス ZODIACインクシリーズ

香りのあるインク

  • 三田三昭堂
  • エルバン カカオブラウン
  • 墨インク
  • モンブラン エリクサーパフューマー ウッド&タバコグレー

ご当地インク

  • 静岡県 静岡茶
  • 岡山県 児島デニム
  • 大分県 湯上りピンク

混ぜてオリジナルインクを作れるインク

  • カリフォリオ インク(フランス製)
スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です