村上宗隆ヤクルトの出身中学や高校は?応援歌がかっこいいと話題に!

プロ野球は、開幕から1週間ほどが経過しました。
応援している贔屓のチームの闘いに、今年も一喜一憂できるのは、当たり前ですがやはり楽しいものですね。

好調に開幕白星を飾ったチームもあれば、なかなか勝利できずに苦しいスタートを切ったチームもありました。

新シーズンが始まり、今年はどのようなニュースターが出てくるのかも楽しみの一つです。

ヤクルトで特に期待されているのは、2年目の村上宗隆内野手ではないでしょうか。

2017年のドラフトでヤクルトに入団した村上選手は、高校時代から長打力が持ち味のバッターです。
ヤクルトファンには待望の、生え抜きの4番候補です。

ヤクルトの将来的な4番候補、”肥後のべーブルース”とも呼ばれていた、村上宗隆選手について紹介したいと思います。

村上宗隆東京ヤクルトの出身中学や高校は?

  • 名前:村上 宗隆(むらかみ むねたか)
  • 生年月日:2000年2月2日(現在19歳)
  • 出身:熊本県熊本市東区
  • 身長:188cm
  • 体重:97kg
  • ポジション:三塁手(右投げ左打ち)
  • 背番号:55
  • 経歴:熊本市立託麻南小学校 icon-angle-double-right 熊本市立長嶺中学校 icon-angle-double-right 九州学院高校 icon-angle-double-right 東京ヤクルトスワローズ

村上宗隆選手は、2000年に熊本県で生まれました。
小学校は、熊本市立託麻南小学校に通いました。

野球を始めたのは、4歳頃です。
地元の軟式野球チーム、「長嶺地域スポーツクラブ」でプレーしました。
このチームには村上選手の兄も通っていたそうです。

本格的に野球をやるようになったのは、小学校4年生の時でした。
この頃は、学校の野球クラブに所属していました。

中学校は、同じ熊本県の市立長嶺中学校に進学します。
中学時代は、「熊本東リトルシニア」でプレーしました。
当初、村上選手は二塁を守っていましたが、キャッチャーにコンバートされています。
九州選抜に選ばれることもありました。

高校は、熊本県ではスポーツ強豪校としても有名な、九州学院高校に進学しました。
入学して野球部に入部すると、即4番を任されます。

1年生の夏には甲子園に出場しました。
残念ながら甲子園では4打数無安打に終わり、思うようなバッティングはできませんでした。

甲子園後の秋に、監督は村上選手をキャッチャーにコンバートします。
その理由は、もっと野球についての頭脳を磨いて欲しかったからだそうです。
観察力や細かな部分まで考えることが要求されるキャッチャーのポジションは、バッティングとの両立が難しいことでも知られています。

監督はそれを承知で、村上選手にさらなる成長を促したようです。
それだけポテンシャルを評価していたことの証明でもあります。

2年の秋からはキャプテンを務めるなど、その後もチームを引っ張る存在ではありましたが、甲子園出場はなりませんでした。
熊本には、秀岳館高校という野球強豪校もあります。
村上選手の高校時代は、秀岳館がとても強く、大きな壁となって立ちはだかったのです。

マスコミの注目は清宮選手に集中していましたが、プロのスカウトからは村上選手は同等の評価を受けていました。

高校通算52本塁打の成績は、その評価にふさわしいものでした。

村上選手は悩んだようでしたが、よりレベルの高い舞台でのプレーを求め、プロ野球へ進むことを決断しました。

迎えた2017年のドラフト会議、村上選手はドラフト1位で東京ヤクルトスワローズから指名され入団することになります。

入団前は”打てる捕手”と期待されていましたが、プロ入り後は三塁手にコンバートさえています。

先にバッティングを伸ばしてから、再びキャッチャーに挑戦ということもあるかもしれません。

高校時代の村上選手は、スラッガーだけではなく、強肩のキャッチャーでもありました。

二塁への送球タイムは1.86秒ほどであり、キャッチャーとしての能力も十分です。

キャッチャーというと”鈍足”のイメージがありますが、村上選手は50メートルを6.1秒で走ることができます。
身長が190cm近い上に、盗塁王並みのスピードを兼ね備えています。
基本的な運動能力が高いのです。

打撃においては、単純なプルヒッターではありません。
逆方向へ強く打つこともできます。
長打を広角に打ち分ける技術も持ち合わせているのです。

プロ1年目から1軍での出場機会に恵まれました。
1年目の成績は6試合に出場して、打率.083・1本塁打2打点でした。
しかし、2軍ではホームランを量産しました。

2年目の今シーズンは、ベイスターズとの開幕戦から「7番サード」で出場しています。

4日のベイスターズ戦では、今シーズン1号となる2ランホームランを放ちました。

1軍での定着と、今後の活躍が期待されています。

スポンサーリンク

村上宗隆東京ヤクルトの応援歌がかっこいいと話題に!

村上選手の応援歌は、他球団ファンからも好評です。

それよりも、まだ1軍に定着していないのにも関わらず、すでに応援歌が作られているなんてすごいですね。

ファンからの期待の高さが分かります。

まず前奏が、

闘志あふれる一打 今こそ放てよ 村上!村上!村上!村上!

ではじまり、

選ばれし猛者集う地で 強く咲く大輪 肥後より携えし力
今こそ解き放て かっとばせー!村上!

と続きます。

前奏の「村上!」の連呼は勢いを感じさせ、その後に印象に残りやすいメロディが続きます。

ファンの内外からは、「パリーグっぽい」と好評です。

個人的にはオリックスっぽいなという印象を持ちました。

セリーグの応援は、どちらかと言えば伝統を重んじるものが多いように感じますが、変化が出てきているようです。

中継をご覧になる際には、村上選手の応援歌にも耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

村上宗隆ヤクルトの出身中学や高校は?応援歌がかっこいいと話題に!まとめ

村上宗隆選手は、プロ2年目、東京ヤクルトスワローズの三塁手です。

高校通算52本塁打の長打力から、将来の4番候補として大きな期待をかけられています。

2019シーズンは、開幕から「7番サード」のレギュラーとして出場を続け、すでにホームランも放っています。

期待度の高さから、すでに応援歌も作られています。

この応援歌は覚えやすいメロディで、チーム内外のファンからも好評です。

関連記事

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ好きへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です