選抜高校野球2020注目選手!明石商業中森俊介投手は最速151キロでドラフト候補

2020年の選抜高校野球注目選手から、明石商業・中森俊介投手を紹介したいと思います。

今年も開催が近づいてきた甲子園・春の選抜ですが、どんなドラフト候補選手たちがいるのかも気になりますよね。

そこで今回は、明石商業高校のエース・中森俊介投手にスポットを当てていたいと思います。

超高校級エースは、MAX151km/hの剛腕。

それだけではなく、学業も優秀でピアノも得意な意外な一面もありました。

明石商業中森俊介投手は最速151キロでドラフト候補

  • 氏名:中森俊介(なかもり しゅんすけ)
  • 生年月日:2002年5月29日(現在17歳)
  • 出身:兵庫県篠山市
  • 身長:182cm
  • 体重:83kg
  • ポジション:投手(右投右打)
  • 経歴:篠山市立福住小学校→篠山市立篠山東中学校→明石商業高等学校
明石商業2年・中森俊介投手は、2020年最注目の世代最強ピッチャーの一人です。

兵庫県篠山市出身の中森俊介投手は、篠山市立福住小学校3年の時に野球を始めました。

当時入っていたチームは、軟式の「多紀野球少年団」だったそうです。

篠山市立篠山東中学校に進学してからは、軟式野球部に所属しました。

中学3年の夏から「三田ボーイズ」に入り、硬式野球を経験しています。

高校は、明石商業高校に進学しました。

中学生の時に明石商業の練習を見学した中森俊介投手は、高校生のたくましい体格、パワーやスピードなど全てに圧倒されたそうです。

ところが、中森俊介投手は明石商業に入学すると、高校1年の春にはベンチ入りします。

その後、西兵庫大会で先発起用されると、5回1失点と好投し、すぐに主力投手となりました。

その夏の予選で明石商業は西兵庫大会を突破し、甲子園に出場します。

この大会で、1年生だった中森俊介投手はリリーフとして起用されました。

チームは八戸学院光星の前に初戦敗退となりましたが、中森俊介投手はこの試合で最速145km/hを記録し、強いインパクトを残しています。

秋以降は明石商業のエースとなり、2019年は春・夏と甲子園に出場しました。

そして、2020年は春の選抜への出場が決まっており、なんと4期連続の甲子園出場となります。

大舞台の経験も十分な中森俊介投手ですが、今大会ではどのようなピッチングを見せてくれるのかに注目が集まっています。

明石商業・中森俊介投手の特徴は、なんといっても力強いストレートです。

MAX151km/hのストレートに加え、キレのあるスライダー、チェンジアップ、スプリット、カーブといった変化球を巧みに操ります。

目標としている選手には、昨年甲子園を沸かせた奥川恭伸投手(星稜高→ヤクルト)を挙げています。

空き時間には、奥川投手の動画を見て参考にしたり、気分を盛り上げているそうです。

さて、そんな明石商業・中森俊介投手ですが、実は学業優秀でピアノも得意という一面もあります。

成績面ではオール5と、野球同様にかなり優秀です。

得意科目は数学のようで、2019年の文化祭ではチーム対抗の電卓早打ちコンテストに参加して優勝しています。

ピアノについては、野球と並行して6歳~12歳まで続けていたそうです。

ピアノの方もかなり筋が良かったようですが、野球に専念しています。

選抜・選手権2019の結果

続いては、2020年のドラフト注目選手の明石商業・中森俊介投手の2019年甲子園結果&成績について見ていきましょう。

2019甲子園

  • 春の選抜:ベスト4(準決勝で東邦高校に敗れる)
  • 夏の選手権:ベスト4(準決勝で履正社高校に敗れる)

2019甲子園・個人成績

  • 登板:8試合
  • イニング:53 1/3回
  • 防御率:2.53
  • 四死球率:3.88
  • 奪三振率:7.93

明石商業・中森俊介投手の2019年甲子園は、春の選抜と夏の選手権のどちらもベスト4という結果でした。

春の選抜では東邦高校に敗れ、夏の選手権では履正社高校の前に敗退しています。

この両校、実は昨年の優勝校なんですね。

明石商業・中森俊介投手が特に注目されたのは、夏の選手権でした。

この大会の準々決勝・八戸学院光星戦で中森俊介投手は自己最速となる151km/hを記録。

1位は星稜3年・奥川投手の154km/hでしたが、2年生に限れば大谷翔平投手に並ぶ歴代2位の記録です。

(歴代1位は現楽天・安楽投手の155km/h)

昨年は奥川投手や佐々木朗希投手など、注目候補が多くの話題を集めていました。

明石商業・中森俊介投手は少々そういった騒ぎの陰に隠れてしまいましたが、本来であればもっと注目されていてもおかしくないほどのインパクトを残しています。

甲子園での個人成績を見ても、高いポテンシャルを感じさせます。

同時に課題として見えてくるのは、好不調の波や荒削りな部分でしょうか。

これは、フィジカルなどの面もあるので、今年2020年での成長ぶりがより期待できそうですね。

明石商業・中森俊介投手は2020年の目標に、まず自己最速更新の155km/hを挙げており、その先に160km/hを見据えているそうです。

そして、もちろんドラフトでの指名とプロ入りの夢も。

2020年の高校野球は、明石商業・中森俊介投手が主役となるのでしょうか。

甲子園・春の選抜が楽しみになってきましたね。

以上、今回は選抜高校野球の注目選手、明石商業・中森俊介投手について紹介させていただきました。

まとめ

  • 明石商業・中森俊介投手は兵庫県篠山市出身
  • 篠山市立福住小学校3年から野球を始めた
  • 篠山市立篠山東中学校から明石商業高校に進学した
  • MAX151km/hのストレートに加え、スライダー、スプリット、チェンジアップなどの変化球も投げる
  • 2019年の甲子園は、春夏ともにベスト4だった
  • 2020年の春の選抜で4期連続の甲子園出場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA