箱根駅伝2020 國學院大学エントリー選手メンバーまとめ!2019結果や注目選手も

今回は、箱根駅伝2020・國學院大学のエントリー選手メンバーについてまとめてみました。

赤を基調に紺を組み合わせたユニフォーム、そして紫のタスキが國學院大学です。

箱根駅伝2020では、この國學院大学を無視することはできないでしょう。

三大駅伝・出雲駅伝を初制覇し、勢いに乗っています。

過去最高の國學院大学は、まさに箱根駅伝2020のダークホースです。

國學院大学の箱根駅伝2019の結果、そして箱根駅伝2020での注目選手についても紹介しています。

合わせてお楽しみ下さい。

箱根駅伝2020 國學院大学エントリー選手メンバー一覧

それでは、箱根駅伝2020・國學院大學のエントリー選手メンバーを見ていきたいと思います。

が、その前に國學院大學の箱根駅伝での基本情報をおさらいしておきましょう。

  • 13回出場(4年連続)
  • 1890年創部
  • 優勝:なし(最高成績:7位)
  • 練習拠点:神奈川県横浜市青葉区
  • 監督:前田康弘(2009年~)
2009年に就任した前田康弘(まえだ やすひろ)監督率いる國學院大学ですが、陸上競技部は1890年創部(大学設立は1882年)と、とても長い歴史があります。

駅伝に活躍の場を広げたのは1922年頃からのようで、駅伝だけをとっても古くから活動しているのです。

しかし、箱根駅伝への初出場は2001年の第77回大会でした。

そのため、駅伝ファンの中にも”最近出てきた”という印象が強いのでしょう。

2011年~2015年にかけて5年連続出場しており、箱根駅伝2020では4年連続となります。

特に2011年と2012年は総合10位となり、シード権の獲得にも成功。

近年目を見張る成長を見せており、箱根駅伝”新興勢力”の一つです。

箱根駅伝を含む三大駅伝の出雲駅伝では優勝1回、全日本大学駅伝では最高成績6位となっています。

エントリーメンバー

それでは、箱根駅伝2020・國學院大学のエントリー選手メンバーを見ていきましょう。

  • 青木祐人(4年 愛知)
  • 浦野雄平(4年 富山商)
  • 土方英和(4年 埼玉栄)
  • 茂原大悟(4年 高崎)
  • 臼井健太(3年 鳥取城北)
  • 河東寛大(3年 樟南)
  • 高嶌凌也(3年 日体大柏)
  • 田川良昌(3年 八千代松陰)
  • 藤村遼河(3年 東京実)
  • 木付琳 (2年 大分東明)
  • 島﨑慎愛(2年 藤岡中央)
  • 殿地琢朗(2年 益田清風)
  • 藤木宏太(2年 北海道栄)
  • 川崎康生(1年 浜松工)
  • 中西大翔(1年 金沢龍谷)
  • 中西唯翔(1年 金沢龍谷)

このようなメンバーが選出されました。

2007年からコーチに就任し、2009年に監督に昇格した國學院大学・前田監督は、地道に時間をかけてチームを作ってきました。

箱根駅伝2020には、過去最高にいい状態のチームで臨みます。

國學院大学はきっと上位陣に強いプレッシャーを与えることでしょう。

区間エントリーメンバー

29日、区間エントリーが発表されました。

國學院大学の区間エントリーは以下となります。

変更は当日のレース開始1時間10分前まで(交代4名まで)となります。

変更があり次第、更新します。

1区:藤木宏太(2年 北海道栄)
2区:土方英和(4年 埼玉栄)
3区:青木祐人(4年 愛知)
4区:中西大翔(1年 金沢龍谷)
5区:浦野雄平(4年 富山商)

6区:島﨑慎愛(2年 藤岡中央)
7区:木付琳 (2年 大分東明)
8区:河東寛大(3年 樟南)
9区:茂原大悟(4年 高崎)
10区:殿地琢朗(2年 益田清風)

箱根駅伝2019の結果や第96回大会の注目選手

箱根駅伝2020・國學院大学エントリー選手メンバーを見ました。

続いては、まず國學院大学の箱根駅伝2019での結果を振り返りたいと思います。

國學院大学・箱根駅伝2019結果

  • 総合順位:7位
  • 往路:3位
  • 復路:12位
  • 区間賞:5区・浦野雄平選手(3年)
  • 総合記録:11時間05分32秒
國學院大学の箱根駅伝2019の結果は、往路3位・復路12位で総合7位という成績でした。

國學院大学にとっては、過去最高成績を更新し、さらにシード権も獲得するなど実りの多い大会になりました。

箱根駅伝2019ではスタートから上位陣についていき、往路では中盤も中位をキープします。

そして、箱根の”山登り”5区では、浦野選手(3年)が区間賞の大活躍で往路3位となりました。

しかし、翌日の復路では5人全員が一桁順位を取ることなく、12位から13位に止まります。

その結果、復路12位で総合7位となったのです。

往路での快走があったため、少々悔しい面もあったのではないでしょうか。

國學院大学は、駒澤大学と並び東海大学・青山学院大学・東洋大学ら上位陣に対抗できると評価されているチームです。

それは、5000mや10000mといったトラック種目では、上位陣を凌ぐ成績を残す選手たちがいるからです。

箱根駅伝2019往路を走ったメンバーは、3年生と1年生で構成されていました。

能力が高く、さらに経験を積んだこの主力メンバーが箱根駅伝2020では中心となります。

三大駅伝の出雲駅伝2019では、國學院大学にとって初となる優勝を飾りました。

さらに、全日本大学駅伝2019では最高成績の6位となっています。

前田監督就任以来、國學院大学は過去最高のチーム状態と言えるでしょう。

前田監督自身も、「勝負したいと考えています」と語ります。

そんな國學院大学の箱根駅伝2020での目標は、往路4位だそうです。

國學院大学・箱根駅伝2020注目選手

次は、気になる國學院大学の箱根駅伝2020注目選手を紹介します。

  • 4年生のキャプテンは、チームのエース
  • 箱根駅伝2019で区間賞を獲得した、國學院大学の”山の神”
  • 好成績を連発する期待の1年生”双子”ルーキー!
前半は、4年生から4名を紹介します。

①土方英和選手(4年)

國學院大学のキャプテンを務めるのは、土方英和(ひじかた ひでかず)選手です。

千葉県松戸市の出身で、埼玉栄高校から國學院大学に進学しました。

3年生からキャプテンとなり、走りでもチームを引っ張るエースです。

高校時代は怪我がちだった土方選手ですが、大学入学後に大きく伸びました。

初の箱根駅伝は2017年で、3区を走り区間18位。

翌2018年は、4区を任されると区間3位の好走で國學院大学の往路3位に貢献しました。

2019年も好調を維持しており、9月に開催された日本インカレ・男子10000mでは、日本人トップの3位となりました。

さらに、國學院大学の初優勝となった出雲駅伝2019では、アンカーを任され区間1位で逆転優勝をもたらしました。

②浦野雄平選手(4年)

國學院大学の”山の神”は、浦野雄平(うらの ゆうへい)選手です。

富山県氷見市の生まれで、外山商業高校を卒業されています。

箱根駅伝初出場は1年生だった2017年で、6区を走り区間17位という成績でした。

目覚ましい成長を見せた箱根駅伝2018では1区で起用され、区間2位となります。

3年生で臨んだ箱根駅伝2019では、”山登り”の5区を走ると、区間賞を獲得。

さらに、5区の区間新記録も樹立し、「平成最後の山の神」となったのです。

浦野選手は山だけではなく、平地でも強さを見せます。

出雲駅伝2019では3区を走りましたが、この区間は各大学が注目のエース級を投入する大激戦区となりました。

しかし、浦野選手はここでも区間3位となり、國學院大学の出雲駅伝優勝に貢献したのです。

③青木祐人選手(4年)

國學院三本柱の一人、青木祐人(あおき ゆうと)選手は愛知県豊田市出身です。

愛知高校から國學院大学に入学すると、1年生から三大駅伝の全日本大学駅伝で起用されました。

箱根駅伝の初出場は2年生の時で、3区を任されると区間5位で期待に応えました。

3年生で迎えた箱根駅伝2019では、再び3区で起用されると、区間6位の好走でチームの躍進を支えました。

青木選手は、5000mを13分台で走れるスピードランナーです。

エースでキャプテンの土方選手、”山の神”の浦野選手に注目が集まりますが、青木選手の力も欠かせません。

2019年は、出雲駅伝と全日本大学駅伝の両方に出場しています。

特に、全日本大学駅伝では区間新記録とともに区間賞を獲得しました。

④茂原大悟選手(4年)

國學院大学の4年生からもう一人注目していただきたいのは、茂原大悟(もはら だいご)選手です。

茂原選手は群馬県甘楽町出身で、高崎高校から國學院大学に進学しました。

2018年に全日本大学駅伝で起用されると、箱根駅伝2019にも4区で出場して区間14位となりました。

初出場となった箱根駅伝2019以降も主将大会にエントリーされており、出雲駅伝2019と全日本大学駅伝2019でも起用されています。

実家は群馬でニンジン農家をしており、毎年寮に差し入れをされているそうです。

大学では文学部に在籍、史学を専攻している知性的な一面もあります。

後半は、2年生から1名、1年生から2名を紹介します。

⑤藤木宏太選手(2年)

國學院大学の2年生、藤木宏太(ふじき こうた)選手も要注目です。

藤木選手は北海道上富良野町生まれで、北海道栄高校を卒業されています。

箱根駅伝2019、國學院大学の往路3位という躍進のメンバーで、唯一の1年生だったのが藤木宏太選手でした。

任されたのは1区でしたが、この区間は駅伝の流れを作る重要な役割があります。

1年生ながら、藤木選手は前田監督の期待に応え、区間10位でフィニッシュ。

後続を走った4人の3年生にいい形でタスキを渡しました。

2019年の日本インカレ・男子10000mでは、先輩の土方選手に次ぐ4位、日本人2位の好走を見せます。

エース・土方選手との差は、たったの4秒でした。

出雲駅伝2019では1区、全日本大学駅伝2019では3区に起用されています。

2年生ですが、主力の上級生とそん色ない実力の持ち主です。

⑥中西唯翔選手・大翔選手(1年)

最後に紹介するのは、國學院大学の1年生ルーキー・中西唯翔(なかにし ゆいと)選手と大翔(たいが)選手です。

なんと、國學院大学の1年生ルーキーは、驚きの双子です。

兄・唯翔選手と弟・大翔選手の中西兄弟は、石川県金沢市出身で、金沢龍谷高校から國學院大学に進学しました。

話題先行ということはなく、兄弟共に高い実力を評価されています。

出雲駅伝2019では弟・大翔選手が2区で起用され、区間3位の快走を見せました。

続く全日本大学駅伝では、弟・大翔選手が4区(区間4位)を、兄・唯翔選手が6区(区間5位)で起用されています。

双子で三大駅伝出場もすごいですが、1年生を2人も起用するのも思い切った采配です。

しかし、中西兄弟は揃って一桁順位と、その能力が確かであることを証明しています。

箱根駅伝2020では、中西兄弟の双子出場が実現するかもしれません。

これは、要注目ですね。

以上、今回は箱根駅伝2020・國學院大学のエントリー選手メンバー、箱根駅伝2019の結果と注目選手について紹介させていただきました。

まとめ

  • 國學院大学陸上競技部は1890年創部
  • 箱根駅伝初出場は2001年
  • 箱根駅伝2019では過去最高成績を更新する総合7位
  • 出雲駅伝2019で初優勝するなど、いま最も勢いのあるチームの一つ
  • 4年生の注目選手は、土方英和選手、浦野雄平選手、青木祐人選手、茂原大悟選手
  • 2年生では、藤木宏太選手に要注目
  • 國學院大学の1年生ルーキー、中西唯翔選手・大翔選手は双子の兄弟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA