中村亮土は鹿児島市立武岡中学校出身!高校や大学はどこ?経歴まとめ!

いよいよラグビーワールドカップ日本大会が始まりました。

超満員の観客の中で対ロシアの開幕戦の異常な雰囲気の中で最初は緊張しましたが、見事にボーナスポイントも獲得して初戦を勝利で飾った日本チーム。

今大会もやってくれるのではないかと言う期待が膨らみます。

初戦からスターティングメンバーとして活躍した中村亮土(なかむら りょうと)選手は、複数のポジションを任せられるということで監督からの信頼も厚く、今大会でも期待できます!

今回の記事では中村選手について紹介していきたいと思います。

中村亮土は武岡中学校出身!高校や大学はどこ?経歴まとめ!

中村亮土選手は、鹿児島県鹿児島市出身です。

中村選手のお姉さんがサッカーの選手だったこともあり、幼稚園から中学まではサッカーをしていました。

出身中学校は鹿児島市立竹岡中学校です。

高校はスポーツの名門・鹿児島実業高校に入学します。

お父さんはもともと中村選手にラグビーをさせたかったそうで、高校になってお父さんの願いに応えてラグビーを始めます。

中村選手は1年の時からレギュラーとなり、2年と3年では花園に出場しています。

その後、2010年には帝京大学に進学します。

2年から試合に出るようになり、スタンドオフとセンターとしてチームに貢献し、4年生の時には主将を務め、史上初の大学選手権5連覇に貢献しています。

大学在学中の4年間は全て全国大会制覇を果たしていますから、すごいことです。

大学時代の2013年には、アジア5ヵ国対抗のUAE戦で初めて日本代表となっています。

スポンサーリンク

中村亮土のプロフィール

1991年6月3日生まれで、178㎝/92㎏の現在28歳。

大学卒業後、サントリーサンゴリアスに加入し現在も所属しています。

2018年にはサンウルブスに招集されています。

これまで日本代表として16回出場しており、今回のワールドカップロシア戦が栄誉ある17戦目になっています。

世界を相手にした経験も豊富なのですね。

中村選手の強みは何と言ってもハードなランとタックルです。

特に今回のワールドカップの日本代表を選抜する理由としてジェイミー・ジョセフヘッドコーチは複数のポジションを任せられる選手を選んだと発言しています。

中村選手は、センターとスタンドオフの両方をできるということで、このマルチプレイヤー的センスが期待されているということですね。

2019年最新!ラグビーアイルランド代表メンバーまとめ!背番号や画像も
2019年最新!ラグビーアイルランド代表の注目選手は3人!プロフィールまとめ

スポンサーリンク

まとめ

2015年のワールドカップでは優勝候補の南アフリカに奇跡の大逆転勝利をおさめ、いままでの弱小日本のイメージを完璧に変えました。

今回はその流れの中でしかも日本での大会開催と言うことで、日本全体の雰囲気もハンパないぐらいに盛り上がっています。

日本国民の期待に応えて、初戦のロシア戦では見事に勝利しました。

中村選手も堂々と最初からピッチに立ち、見事に日本の勝利に貢献して感動させてくれました。

これから1か月半に及ぶ大会の間、ますます雰囲気が盛り上がるのではないかと思います。

中村選手もインタビューで答えているように、強豪のアイルランドやスコットランドを撃破してぜひ予選を勝ち抜いて、決勝リーグに進出してもらいたいと思います。

関連記事

 

スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です