2019年最新!ラグビーアイルランド代表メンバーまとめ!背番号や画像も

大望のラグビーワールドカップが始まり、日本はロシアに幸先のいいボーナス付きの1勝で勝ち点5を上げて盛り上がっています。

同じプールAでは世界ランキング2位のアイルランドがスコットランドに大勝してボーナス点を含めて5点を上げました。

2位以内に入るためには世界ランキングで日本より上位のアイルランドとスコットランドのどちららかは必ず倒さなけば、決勝トーナメントには上がれません。

そうした中、今週28日(土)にはアイルランドとの試合があります。

何としても勝ちたい試合ですが、今回はワールドカップ2019アイランド代表メンバーについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

2019年最新!ラグビーW杯アイルランド代表メンバーまとめ!

アイルランドの世界ランキングは、9月22日の発表で2位となりました。

その前までは1位でしたから1ランクダウンしています。

日本は今回発表で9位と1ランク上がりましたが、それにしてもやはり日本より上位であることには変わりがありません。

アイランドのワールドカップでの過去最高成績は8位、前回大会では優勝候補の筆頭に上がっていましたがベスト8で敗退しており、今回はその時のリベンジをかなり決意しているようです。

アイルランドのチームカラーはパワーだけでなくスピードです。

また、個人的にも優れた能力を持っている選手が、チームプレーに徹すると言う無敵のマインドを持っているチームです。

日本との対戦成績は、2017年にアイランドが来日した時は、日本が50-22、35-13といずれも敗退していますが、この時はアイルランドの主力選手は参加していませんので、かなりの強敵であることが分かります。

さて、2019W杯、アイルランド代表メンバーは以下の通りです。(年齢は2019年9月時点)

FW(フォワード)8名

PR(プロップ)

背番号1

キアン・ヒーリー

1987年10月7日 (31歳)

185cm/112kg

背番号3

タイグ・ファーロング

1992年11月14日(26歳)

185cm/126kg

HO(フッカー)

背番号2

ローリー・ベスト(キャプテン)

1982年8月15日(37歳)

180cm/110kg

LO(ロック)

背番号4

イアン・ヘンダーソン

1992年2月21日(27歳)

198cm/117kg

背番号5

ジェームズ・ライアン

1996年7月24日(23歳)

193cm/121kg

FL(フランカー)/NO.8(ナンバーエイト)

背番号6

ピーター・オマホニー

1989年9月17日(29歳)

191cm/107kg

背番号7

ジョシュ・ファンダーフリーアー

1993年4月25日(26歳)

185cm/105kg

背番号8

CJ・スタンダー

1990年4月5日(29歳)

185cm/114kg

BK(バックス)7名

SH(スクラムハーフ)

背番号9

コナー・マレー

1989年4月20日(30歳)

188cm/93kg

SO(スタンドオフ)

背番号10

ジョナサン・セクストン

1985年7月11日(34歳)

188cm/92kg

2018ワールドラグビー年間MVP

CTB(センター)

背番号12

バンディー・アキ

1990年4月7日(29歳)

178cm/92kg

背番号13

ガリー・リングローズ

1995年1月26日(24歳)

187cm/91kg

WTB(ウィング)

背番号11

ジェイコブ・ストックデール

1996年4月3日(23歳)

191cm/103kg

背番号14

アンドリュー・コンウェイ

1991年7月11日(28歳)

178cm/88kg

FB(フルバック)

背番号15

ジョーダン・ラーマー

1997年6月10日(22歳)

178cm/91kg

控え 8名

  • ニール・スカネル 185cm/108kg(27歳)背番号16
  • デイヴ・キルコイン 183cm/111kg(30歳)背番号17
  • アンドリュー・ポーター 184cm/125kg(23歳)背番号18
  • タイグ・バーン 198cm/113kg(27歳)背番号19
  • ジャック・コナン 193cm/114kg(27歳)背番号20
  • ルーク・マグラス 175cm/82kg(26歳)背番号21
  • ジャック・カーティ 184cm/91kg(27歳)背番号22
  • クリス・ファレル 191cm/110kg(26歳)背番号23

2019年最新!ラグビーアイルランド代表の注目選手は3人!プロフィールまとめ

オールブラックス2019メンバーまとめ!強さの秘密や選手の国籍についても

スポンサーリンク

まとめ

今回、ラグビーワールドカップ2019アイランドの代表メンバーについてまとめました。

プールAの2位までに入って決勝トーナメントに進むためには、1戦1戦、落としても良い試合などありません。

日本はロシア戦で最初はかなり緊張していましたが、見事に勝ってくれました。

次のアイルランド戦は土曜日の午後ということもあり、テレビでもかなりの視聴率が期待できますし、日本にとって申し分のない対戦相手です。

気になることは過去の対戦成績が9全敗だということですが、何としても勝ち抜いてもらいたいものです。

関連記事
スポンサーリンク

こちらもオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です